忍者ブログ
Admin*Write*Comment
マレー半島モンスーン寄稿
[134]  [133]  [132]  [131]  [130]  [129]  [128]  [127]  [126]  [125]  [124
シンガポールでプラナカン博物館がオープンして以来、シンガポールではプラナカンの注目度が増しています。テレビでもプラナカンのドラマなんかをやっていたり、プラナカン関連のお店も増えたりと、確実に動きを見せています。

そんなある日、日本からチエさんとニョニャ料理研究家のシェフ平岡さんが来るという話をしたら、カトン・アンティーク・ハウスのピーターさんから遊びにおいでと言われ、行ってみたらびっくり。
中にいっぱいシンガポールの芸能人がいるではないですか??



実は今度シンガポールの中国語チャンネルでもプラナカンのドラマをやるのだそうで、出演女優・男優たちに少しでもプラナカンのことを知ってもらうために、見学に来ていたのです。
うーん、中国語(マンダリン)でプラナカンのドラマ??????
他のプラナカンの人たちに話をしたら、皆頭を抱えていました。

それはさておき、女優男優の皆さん、あまりにも何も知らないので私もさすがに呆れました。
キッチンではネルソンさんが女優さんたちを相手に料理教室をしていました。まずは基本のサンバル・ブラチャンの作り方から。私はいつのまにかアシスタント代わり。Nangka Lemakという、ジャックフルーツのココナツミルク煮を作っていたのですが、女優の一人が「Nangkaって何?」と聞くので、「ジャックフルーツのこと」と教えてあげました。しかしそれまではよかったけど、「Lemakって何?」というのには耳を疑いました。

シンガポール、マレーシアに在住の皆さんなら、Nasi Lemakはご存知ですよね?基本中の基本です。Lemakとはマレー語でおもに「ココナッツミルクなどでこってり」の意味があります。「Nasi Lemakってあるでしょ?」と思わず言ってしまいました。彼女、まさか日本人にいわれているとは思わなかったでしょうね。

現代のシンガポール人はここまで来ています。「ドラマ大丈夫かしら?」と思ってしまいました。
でも皆あっけらかんとして楽しんでおり、女優だからってつんつんせず、とてもフレンドリーな人たちばかりでした。

ちなみにシンガポールの芸能界というのは、日本のとはかなり違っており、メディアコープというテレビ局組織があり、女優男優タレントは皆ここの社員の扱いになるのです。まあそういうわけで、「天上の人」というほど、遠い存在でもないのかもしれませんね。

しかし、記念撮影を頼んだら、さすが女優の皆さん、即座にポーズが決まるのです。さっと体の角度を変えるのです。これはプロだな、と思いました。

ちなみにネルソンさんは私たちの本でも紹介していますが、いろいろ事情があって今後料理教室はできないそうです。残念ですね。

それにしても我らが平岡さん(写真一番右の黒いシャツ)、女優たちに負けてません。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
文字色
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
  • 無題
Chie 2008/07/22(Tue)15:05:33 編集
女優さん、男優さんたちに囲まれての料理クラス、しかも延々3時間以上も、賑やかで楽しいひとときでした。
皆、とてもフレンドリーでイイ子たちでしたね!!彼女たちの優美なサロン・クバヤ姿が今から楽しみです☆

お料理はアッサム・ラクサにジャック・フルーツのカリーとクエ(お菓子)の3品。
日本ではジャック・フルーツ(Nangka)のカリーなんて絶対に食べられませんので、良い経験でした。

でも、残念ながらネルソンさんの料理教室はこれでおしまい、とのことです。
昨年、病気をされてから体力が持たなくなったのでしょう。
ニョニャ料理は作るのに手間隙かかり、大変ですものね~~。

我らがニョニャ料理の達人、平岡さんには末永く頑張っていただきたいものです。
  • 無題
おひるねさん 2008/07/23(Wed)00:04:44 編集
皆さんやはり写真写りが違いますね。
日本のタレントさんよりも、もっとキュートな感じでしょうか?
彼女たちが皆テレビ局の社員というのも、面白いですね~~~
日本で考えたらテレビ局のアナウンサーが女優さんをやっている?という感覚でしょうか??
まあ、今の日本のアナウンサーも半分タレントみたいになってきているので、うなづけます。
  • 無題
Kebaya 2008/07/23(Wed)17:35:06 編集
Mikiさんたちは、まさにプラナカンの有名人なんですね。女優さんたちがいるクッキングに招かれたとは、信用があったからこそでしょう。
これからもご活躍を楽しみにしています!


  • 無題
Miki 2008/07/23(Wed)19:18:06 編集
おひるねさん

日本のタレントアナウンサーと同じかどうかはしりませんが、見てのとおり、普通です。顔は可愛いけど、着ているものとかホント普通でした。

Kebayaさん

有名人なんかじゃないですよ。とんでもないです。
ま、でも一応おつきあいしていただいた方には用がなくても挨拶にいくとか、礼を尽くすようには心がけています。

なんかここのところ、いろんな読者の方にお会いする機会があったり、こうしてメッセージをいただいたり、本当に心強いです。私たちの本の読者さんたちは個性的でユニークで、知識豊富な方も多く、こちらが勉強になるところもたくさんあります。皆様のサポート、大変感謝感謝です!
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
  • ABOUT
プラナカンを中心に、シンガポール・マレーシアの話題をお届け。食べ物・旅行の話題が中心です。
  • プロフィール
HN:
Miki & Chie
性別:
女性
自己紹介:
シンガポールとペナンに住んで20数年、プラナカン協会会員です。ライター&コーディネート業務に携わっています。ご依頼・お問い合わせは下記ホームページからお願いいたします。
  • 便利ツール
私たちの本や参考図書をご紹介
  • 最新コメント
[10/02 Miki]
[10/02 Chie]
[02/05 Chie]
[02/02 wai]
[02/02 Miki]
  • ブログ内検索
  • カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
  • 最新トラックバック
  • バーコード
  • カウンター
  • アクセス解析
Copyright © マレー半島モンスーン寄稿 All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]