忍者ブログ
Admin*Write*Comment
マレー半島モンスーン寄稿
[204]  [203]  [202]  [201]  [200]  [198]  [197]  [196]  [195]  [194]  [193
ヒーレン・ストリートのちょうど真ん中にあたる絶好のロケーションに、かつてのプラナカン屋敷を改造した、お洒落なブティック・ホテルがオープンしました。

その名は 『Courtyard @ Heeren』


タン・チェンロックの生家の並び、私たちの本で紹介したザ・バブーン・カフェの隣に位置するホテルです。
早速内部を見学をさせてもらいましたので、ご報告を。

P1180171.jpgこのホテル、表から見るとうっかり通りすぎてしまうほどこじんまりとした入り口なのですが、奥に進むにつれ長いこと長いこと!!
え~?この先にまだ部屋があるの~!?の連続でした。

それもそのはず、ヒーレン・ストリートの中でもこの界隈は最も奥行きの深いプラナカン屋敷が並ぶ一帯で、その長さは約300フィート(90メートル強)もあるそうです。









P1180189.jpg内部は風水デザイナーによってデザインされており、中庭の採光をうまく取り入れた造りとなっていました。
部屋は1階と2階あわせて全部で14。竹や石をイメージした部屋、木を生かした重厚な部屋などすべて違う作りとなっており、全体的にオリエンタル・モダンな感じでまとめられていました。
値段も200リンギット~460リンギット(税込)とリーズナブルなお値段です。


特に2階の一番奥にあるジャグージー付きのスイート・ルームは、大きく開け放した窓から光が燦々と降り注ぎ、高い天井に優雅な天蓋付きベッドと、マラッカのど真ん中にとうとうこんな部屋ができたか~と思わせる素敵な造りでした。



P1180183.jpg  P1180182.jpg
















写真左)オリエンタル調の落ち着いた室内
写真右)アメニティの整ったモダンなバスルーム

世界遺産の景観を崩すことなく、古き良き時代の貴重なショップ・ハウスをよみがえらせたホテルのオープンは大歓迎です。

いつもプリに泊まる私たちですが、次回は是非こちらにも泊まってみたいと思っています。


Courtyard @ Heeren

91 Jalan Tun Tan Cheng Lock 75200 Melaka

Tel +606 281 0088
Fax +606 282 4888

e-mail yktye@courtyardatheeren.com

www.courtyardatheeren.com
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
文字色
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
  • 無題
Miki 2009/12/18(Fri)11:12:59 編集
いよいよ本格的なブティック・ホテルが登場しましたね。これでマラッカのホテルもグレードアップしていくといいですね。

このヒーレン通りのお屋敷は、構造が独特すぎる(縦長)上に広すぎるため、無人となったところは修復しても、そのあとどうやって維持して行くのかが問題なのです。お店にするには広すぎる。ホテルにでもしないと無理なんだよと聞いたことがあります。

シンガポールのショップハウスはほとんどがカラオケバーや連れ込みホテルになってしまっており残念です。ヒーレンのお屋敷にはそんなことになってほしくありません。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
  • ABOUT
プラナカンを中心に、シンガポール・マレーシアの話題をお届け。食べ物・旅行の話題が中心です。
  • プロフィール
HN:
Miki & Chie
性別:
女性
自己紹介:
シンガポールとペナンに住んで20数年、プラナカン協会会員です。ライター&コーディネート業務に携わっています。ご依頼・お問い合わせは下記ホームページからお願いいたします。
  • 便利ツール
私たちの本や参考図書をご紹介
  • 最新コメント
[10/02 Miki]
[10/02 Chie]
[02/05 Chie]
[02/02 wai]
[02/02 Miki]
  • ブログ内検索
  • カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
  • 最新トラックバック
  • バーコード
  • カウンター
  • アクセス解析
Copyright © マレー半島モンスーン寄稿 All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]