忍者ブログ
Admin*Write*Comment
マレー半島モンスーン寄稿
[376]  [375]  [374]  [373]  [372]  [371]  [370]  [369]  [368]  [367]  [366

いつもお世話になっているイカロス出版さんから1月30日発売の


素晴らしい本が出ましたのでお知らせいたします。タイトルは少し長いのですが、


「マレーシア ペナン エキゾチックな港町めぐり~ジョージタウン ノスタルジー紀行」(1600円)


    
マレーシアはペナン、ペナンの中でも世界遺産の街「ジョージタウン」にスポットをあて240ページにもおよび、歴史・文化、グルメ、市場、アート、職人さん、街歩きのためのマニアックとも言える詳細な情報と地図など~世界遺産の街に息づくすべてをオールカラーで紹介しているスゴイ本です。もちろんプラナカンのページもたっぷりあります。この1冊で、一か月は楽しくペナンに滞在できそうです。


おもな内容をコンテンツから拝借してみましょう。


・美しいショップハウスの数々


・ホーカー料理大集合


・奥深いプラナカン文化(平岡シェフ渾身のニョニャ料理が解説付きで楽しめます)


・さまざまな文化の交差点


・ペナンの華人ワールド


・下町散策


・ペナンのアート体験


・魅惑的なペナンの夜


・生活に根づいたコピティアム


・世界一の食都


・ジョージタウンからの小旅行


・ビーチエリアの休日


・遥かなるバリクプラウ、


・厳選おすすめホテル、


・ジョージタウンのランドマーク


・マレー鉄道の旅(鉄道ものはお任せ!のイカロス出版ならではの情報満載)


・ペナンの詳細なMAP(特に壁に描かれたアートが一目で全てわかるページは圧巻!)


・ペナンの歴史やインフォメーションなどなど~
書き出しただけでも、魅力的な内容がぎっしりです。


特に面白かったのはジョージタウンに点在する「公司:KONGSI」と呼ばれる「同姓会館」めぐりや、通りの名前の由来とともに、それぞれのストリートを紹介するページです。ノスタルジーを掻き立てられる風景と人々の姿から、生きたペナンの姿が伝わってきます。


昔から足しげくペナンに通い、自らのハネムーンもペナンだったという編集者のTさん。内容も通り一遍のガイドブックではなく、細かいところまで情報がこれでもか!とばかりにぎっしり詰まっています。T氏が長年温め続けてきたペナンに対する情熱と、溢れんばかりの愛情が丸ごと詰まったペナンの集大成、バイブルともいえる本です。


 ぜひ、これを手に、新しくてちょっぴり懐かしいジョージタウンに旅をしてみてください。


 


 


 


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
文字色
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
  • ABOUT
プラナカンを中心に、シンガポール・マレーシアの話題をお届け。食べ物・旅行の話題が中心です。
  • プロフィール
HN:
Miki & Chie
性別:
女性
自己紹介:
シンガポールとペナンに住んで20数年、プラナカン協会会員です。ライター&コーディネート業務に携わっています。ご依頼・お問い合わせは下記ホームページからお願いいたします。
  • 便利ツール
私たちの本や参考図書をご紹介
  • 最新コメント
[10/02 Miki]
[10/02 Chie]
[02/05 Chie]
[02/02 wai]
[02/02 Miki]
  • ブログ内検索
  • カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
  • 最新トラックバック
  • バーコード
  • カウンター
  • アクセス解析
Copyright © マレー半島モンスーン寄稿 All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]