忍者ブログ
Admin*Write*Comment
マレー半島モンスーン寄稿
[373]  [372]  [371]  [370]  [369]  [368]  [367]  [366]  [365]  [364]  [363


ペナン在住のMikiさん御用達、予約をしないと買えないバリクプラウの絶品スイーツ、「クエカピ(Kueh Kapit)」をいただきました。


 
何とか崩れずに日本へ到着!開けたらココナッツのいい香りが




クエカピの英語名はラブレター、またの名をクエブランダともいい、オランダからインドネシアの影響を受けたウエハースのような焼き菓子です。


シンガポールではラブレターと言った方が通じますが、マラッカやペナンではクエカピと呼ばれる方がポピュラー。そしてシンガポールやマラッカではヨックモックのシガールのようにロール状になっているものが多いのですが、ペナンではまさにラブレター、このように4つ折りのものが圧倒的です。


このクエカピ!!もう、止まらない美味しさで、まるでポテトチップスを食べるかのように一度手にしたら最後、立て続けに10枚ほど食べ、お茶で一服してまた10枚~と、クリスマスケーキをたらふく食べた後に、罪深いお菓子をいただいてしまいました。


聞くとバリクプラウの山奥でおばあちゃんが一人、炭火で丁寧に焼いているとか。だから量産もできず、予約をしないと買えないそうです。


ご覧のように極薄で、手焼きならではのナチュラルな焼き色



以前、こちらのブログでも紹介したシンガポール大同の絶品ラブレターは炭火の香ばしさと絶妙な甘さ加減に感動しましたが、このペナンのクエカピは真っ先にフレッシュなココナッツの風味が素晴らしく、1ミリほどの極薄の生地にふさわしい上品な甘さと、何枚でも食べられてしまう軽くてクリスピーな食感がたまりません。たまにココナッツの搾りかすのようなものが入っていて、これもまた手作りならではの味わいを醸し出しています。


いや~~ペナンにもこんなに美味しい焼き菓子があるんだ、と感激。


イポーからタイピンにぬける隠れ家のような家で焼かれていたぷっくらと膨らんだ麦芽入りの餅とともに、このクエカピはスイーツ好きの私の中で殿堂入りをしました。これから春節に向けてさらにスペシャルなお菓子が出回ることでしょう。


 


そしてもうひとつ、ペナンに行ったら必ず買うスパイスの「五香粉」。こちらも知る人ぞ知るペナンの漢方薬局でブレンドされたもの。中国や台湾で売られている開けたとたんに八角がツーンと香るものとは違い、かなりマイルドで甘い香りがします。色もこのように若干レンガ色です。ペナン名産のナツメグも入っているとか。


 


今年もおいしいお料理やスイーツ、そしてプラナカンを通じて沢山の方々との出会いに感謝です。


 


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
文字色
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
  • 無題
Miki 2016/12/28(Wed)13:53:58 編集
このお婆ちゃんは大体12月頭くらいにこの御菓子を作り始め、それと同時に予約して買わないと、売り切れです。なのに、肝心の中国正月は1月末とかでしょ。そのころにはもうなくなってるんですよ、我が家からは。
でもそれって、たぶん我が家だけではないと思います。皆我慢しきれずに、すぐに食べてしまっています。

ペナンにはまだまだ口づてで個人に注文する菓子が結構あります。ニョニャクエも店ではなく、個人の名人にお願いしたものでないと、食べたいなあとは思わなくなりました。だからおススメ店教えて、といわれても、困ってしまうのです。お店じゃないから。

カリーパフなんかも、コピティアムとかに売りに来る痩せたインド人のおじいちゃんのが一番気に入ってる。おじいちゃんを見たら、絶対買う。かなしいかな、いつどこに出没するかわからないおじいちゃん。

ペナンってそんなところです。お店ではないんですよ。

こういう名人たち、ご高齢ですから、ご他界されないうちにレシピでも聞き出したいものです。

今のうちだけ食べられる逸品です。

五香粉は本当は5種類以上のスパイスがブレンドされています。ここの漢方薬局は観光客が絶対に訪れないエリアの裏の裏にあります。ここのバクテーもすごいですよ。また今度。
  • 無題
Chie 2016/12/28(Wed)15:15:53 編集
Mikiさん

貴重なお菓子を有難うございました。
もう3分の1は無くなりました。そちらの春節までは到底もたないですね(笑)

ニョニャ菓子もそうですが、本当に美味しいお菓子ってお店ではなく、人づてに紹介してもらって、やっと有りつけるところがありますよね。
いろいろな種類を作るお店よりも、1品に匠の技を投入できるからかもしれませんが、名人の皆さんが皆ご高齢というのが気になります。

次回はバクテの素を楽しみにしています!
漢方薬局でブレンドされたこだわりのバクテ、香り高く効能満点、さぞ美味しいことでしょう!
  • ABOUT
プラナカンを中心に、シンガポール・マレーシアの話題をお届け。食べ物・旅行の話題が中心です。
  • プロフィール
HN:
Miki & Chie
性別:
女性
自己紹介:
シンガポールとペナンに住んで20数年、プラナカン協会会員です。ライター&コーディネート業務に携わっています。ご依頼・お問い合わせは下記ホームページからお願いいたします。
  • 便利ツール
私たちの本や参考図書をご紹介
  • 最新コメント
[02/05 Chie]
[02/02 wai]
[02/02 Miki]
[02/01 Chie]
[12/28 Chie]
  • ブログ内検索
  • カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
  • 最新トラックバック
  • バーコード
  • カウンター
  • アクセス解析
Copyright © マレー半島モンスーン寄稿 All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]