忍者ブログ
Admin*Write*Comment
マレー半島モンスーン寄稿
[6]  [5]  [4]  [3]  [2]  [1] 

892ca6c9.jpeg今年のチャイニーズ・ニューイヤーは2月18日から始まります。

チャイニーズ・ニューイヤーといえば、パイナップル・タルト、クエ・バンキッ、ラブ・レターなどのニョニャ菓子の数々。 今どき、普通は市販されているものを買います。スーパーなどへ行けば、山のようにありますが、まあおいしいものはありませんね。レストランなどでもオリジナルのを作って売っていますが、やはり手作りに勝るものはありません。

昔、パイナップル・タルトの名手なる親戚の親戚からもらって、手作りのものはこうも違うかと驚いたものです。とくに、パイナップルのジャムの味が違います。 パイナップルはマレーシア産のすっぱくて硬いものを使うとジャムにしたときに酸味があっておいしいものができます。ニョニャ風にこだわるならば、ジャムにはシナモンとクローブを加えて多少スパイシーにすることが大事です。



市販のパイナップル・タルトでおいしいな、と思ったのは、シンガポールのチャイナタウンにある大同餅家という、月餅でとても有名な老舗のものですが、ここのはニョニャのレシピで作っているそうで、やはりシナモンとクローブの風味が効いていて絶品でした。

パイナップル・タルトというと、マラッカが有名なのですが、マラッカのは特大サイズのものをよく見かけます。パイナップル・タルト発祥の地はマラッカなのでしょうか?マラッカを支配したポルトガル人たちが伝えた?パイナップルはもともと東南アジア原産ではなく、ブラジルからポルトガル人によって伝えられたとか。 

パイナップルはプラナカンたちにとって縁起のよいものとして、正月などのお供え物には欠かせないアイテムです。福建語でオンライ、というらしく、その発音が Good Luckに当たるので縁起がいいのだそうです。そういうわけで正月にパイナップル・タルトは欠かせません。

 


大同餅家 Tai Thong Cake Shop
35 Mosque St. Tel:6223-2905
※旧正月は2週間お休みです。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
文字色
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
  • 無題
CHIE 2007/03/05(Mon)00:58:50 編集
パイナップル・タルトの面白知識)オープンフェイスに焼かれたクッキーの真ん中、ちょうどパイナップル・ジャムが載ってる上に、格子模様がつけてあるのがニョニャ風。三つ葉マークはマラッカに住むクリスタン(ユーラシアン)。インド系プラナカンのチェッティーは丸ぽっちがひとつ。マレー、中国系は形が自由。そんな違いを見ながら味わうのも楽しいですよ!
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
  • ABOUT
プラナカンを中心に、シンガポール・マレーシアの話題をお届け。食べ物・旅行の話題が中心です。
  • プロフィール
HN:
Miki & Chie
性別:
女性
自己紹介:
シンガポールとペナンに住んで20数年、プラナカン協会会員です。ライター&コーディネート業務に携わっています。ご依頼・お問い合わせは下記ホームページからお願いいたします。
  • 便利ツール
私たちの本や参考図書をご紹介
  • 最新コメント
[10/02 Miki]
[10/02 Chie]
[02/05 Chie]
[02/02 wai]
[02/02 Miki]
  • ブログ内検索
  • カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
  • 最新トラックバック
  • バーコード
  • カウンター
  • アクセス解析
Copyright © マレー半島モンスーン寄稿 All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]