忍者ブログ
Admin*Write*Comment
マレー半島モンスーン寄稿
[8]  [7]  [6]  [5]  [4]  [3]  [2]  [1
Kuehbelanda.jpg パイナップル・タルト、クエ・バンキッと続いたら、ラブレターこと、クエ・ブランダ「Kueh Belanda」を登場させなくては、中華正月必須の3点セットがそろいません。

 日持ちのするこれらの焼き菓子は、約15日間続く中華正月の間、誰の家を訪ねても必ずと言ってよいほど山のように盛られています。来客だらけで間に合わない家は、缶のままドカン、とテーブルの上に置いてあるのも当たり前。

 ところで、クエ・ブランダの「ブランダ」とは、マレー語でオランダのことです。その名のとおり、17世紀の初頭にオランダ人がマラッカにもたらした菓子と言われていますが、香港などにも「エッグ・ロール」なる同じような菓子があり、こちらはポルトガル人がマカオにもたらした・・・などと言われていますので、どちらが先かは分かりませんね。ただ渡来菓子であることは確かです。


 オランダのワッフル(皆さんが想像する生地のフンワリしたものではなく、薄いウエハースのようなもの)もしくはフランスにあるゴーフルと同じ製法で作られ、クエ・ブランダ専用の鉄でできた丸い型に生地を流し、焼きあがると同時に傍からくるくると巻いていくのです。かつては大晦日などにおばあちゃんが炭火の上でこのブランダを焼き、孫や子供たちをまわりに集め、焼き立てを皆で巻く光景が、中華正月には欠かせない一家団欒の風物詩であったようです。

 ブランダの鉄型には中国らしく吉祥文様や、福禄寿などのお目出度い文様が彫られており、焼き上げると神様が浮かび上がってくるのですから、オランダはドコ吹く風、いかにも中国的なお菓子に変心しました。その味はココナッツ・ミルクをたっぷりきかせた南国の味になっています。マラッカやシンガポールでは圧倒的に細長く巻いたものが多いのですが、ペナンやマレーシアの他の場所では、4つに折りたたんだ平べったいものも多くみかけます。その形が恋文に似ていることから、別名ラブレターとも呼ばれるようになったとか。

 どこのお菓子屋さんでも一年中みかけるポピュラーなお菓子ですが、ココナッツの香りや甘さのバランス、極薄生地のクリスピーさなど様々で、未だにこれだ!というブランダに出会ったことがありません。やはりおばあちゃんの手作りに勝るものはないのでしょう。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
文字色
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
  • ABOUT
プラナカンを中心に、シンガポール・マレーシアの話題をお届け。食べ物・旅行の話題が中心です。
  • プロフィール
HN:
Miki & Chie
性別:
女性
自己紹介:
シンガポールとペナンに住んで20数年、プラナカン協会会員です。ライター&コーディネート業務に携わっています。ご依頼・お問い合わせは下記ホームページからお願いいたします。
  • 便利ツール
私たちの本や参考図書をご紹介
  • 最新コメント
[10/02 Miki]
[10/02 Chie]
[09/04 van cleef rose gold necklace copy]
[02/05 Chie]
[02/02 wai]
  • ブログ内検索
  • カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
  • 最新トラックバック
  • バーコード
  • カウンター
  • アクセス解析
Copyright © マレー半島モンスーン寄稿 All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]