忍者ブログ
Admin*Write*Comment
マレー半島モンスーン寄稿
[363]  [362]  [361]  [360]  [359]  [358]  [357]  [356]  [355]  [354]  [353

福岡まで足を運べなかった方々には朗報です。


 


先日のブログでも紹介させていただきましたが、4月~6月12日まで福岡市美術館で行われているサロン・クバヤの展示が、7月26日~9月25日までの2か月間、今度は東京の松涛美術館で開催されます。




プラナカンきっての名家であるリー家のコレクションを中心に、サロンとクバヤ、インド刺繍のローブ、ニョニャが身につけたジュエリーやビーズのサンダルなど、約140点ものプラナカンのファッションアイテムが展示されます。
 
個人的には制作過程の秘密性と、緻密に描かれた模様、限られた数しか作られなかったことから「幻のBatik」ともいわれる「ホウコウカイBatik(カイン ホウコウカイ)」が見られるのが楽しみです。
このBatikは第二次世界大戦下、インドネシアにおいて日本軍政に協力した一部の人たちに「褒賞」として贈られたこともある、というもの。
「ホウコウカイ⇒奉公会」という言葉の裏には様々な歴史的背景が詰まっているようです。
その模様は桜や菊の花など、日本の友禅模様のモチーフがインドネシアの著名な作り手によって描かれたもので、精緻なテクニックと優美な色合いはBatikの最高峰といわれてもおかしくない珠玉の名品ぞろい。今回展示されるのはLee家所蔵のものですから必見です。
 


7月31日(日)には、福岡の時と同じようにピーター・リー氏による「サロンクバヤとシンガポール・プラナカンのファッション(仮題)」についてのレクチャーが行われます。

9月17日(土)には、いつもお世話になっているプラナカンビーズの刺繍家、
下山田幸子さんによる「プラナカンビーズ教室」もありますので、詳しくは松涛美術館のホームページをご覧ください。


 


http://www.shoto-museum.jp/exhibitions/169sarongkebaya/


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
文字色
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
  • ABOUT
プラナカンを中心に、シンガポール・マレーシアの話題をお届け。食べ物・旅行の話題が中心です。
  • プロフィール
HN:
Miki & Chie
性別:
女性
自己紹介:
シンガポールとペナンに住んで20数年、プラナカン協会会員です。ライター&コーディネート業務に携わっています。ご依頼・お問い合わせは下記ホームページからお願いいたします。
  • 便利ツール
私たちの本や参考図書をご紹介
  • 最新コメント
[02/05 Chie]
[02/02 wai]
[02/02 Miki]
[02/01 Chie]
[12/28 Chie]
  • ブログ内検索
  • カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
  • 最新トラックバック
  • バーコード
  • カウンター
  • アクセス解析
Copyright © マレー半島モンスーン寄稿 All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]