忍者ブログ
Admin*Write*Comment
マレー半島モンスーン寄稿
[226]  [225]  [224]  [223]  [222]  [221]  [220]  [219]  [218]  [217]  [216
私たちが好きなシンガポールの名店のひとつに、スティームボートの「天外天」というお店があります。スティームボートとは鍋料理のことですが、天外天の鍋は潮州式鍋で、魚からとった白濁したスープに梅干し、キャムチャイ(酸味のある菜っ葉の漬け物)、ヒラメのような魚の干物でダシを取る、濃厚で複雑、でもさっぱり、という絶品スープのお鍋なのです。で、お約束に、必ずヤム芋が入っていなくてはなりません。それも素揚げにしたヤム芋です。これがスープに溶けかかって、うまいのなんのって・・・(いつもチエさんと取り合い!)。ちなみにシンガポールには天外天以外にもこの潮州式鍋を食べさせる店が3〜4軒あります。

これがペナンにはない・・・。そもそもペナンには潮州料理の専門店があまりなく、あってもシンガポールやマラッカ、はたまた香港の潮州料理とも似て非なるもの。潮州料理好きの私にはこれがペナンでの大きな不満なのです。

そんなある日、ペナン対岸のバターワースにおいしい鍋を食べさせる店がある、という情報を得ました。しかし紹介者はこれがあの潮州式鍋だという認識はなかったようで(こっちの人は知らないのですね)、とにかくスープがうまいというだけの説明でした。ただ、ヤム芋が入っていておいしい、という一言に、これはもしや・・・とほのかな期待を抱いていったら、私が恋しがってやまなかった、あの“潮州式鍋”だったのであります。

このお店、Zi Wei Yuan 紫薇園はなんと手持ちの道路地図にも名前が掲載されてて、相当有名なようです。日曜日の晩だったせいか、広い店内のテーブルはあっという間に満席になりました。



まず席につくと、基本の鍋セットをどちらにするか、と聞かれます。揚げた魚が入った鍋か、ガルーパの鍋か?ガルーパの方が若干高いのですが、店員に強く勧められたのでガルーパにしました。基本の鍋セットには魚の肉、そして白菜、ヤム芋は入っていて、これにプラスして別の具材を別注文する形になっています。私たちはイカ、キャベツ、豚肉団子、湯葉、うずらの卵、海苔などを注文し、店員も「それで十分、食べきれないよ」と言って注文が終わりました。

IMG_3517.jpgしばらくすると燃えたぎる炭火を詰めた鍋がテーブルに。ガルーパは普通の身と頭の部分が大きな塊で入っていました。新鮮なので生臭さはまったくなく、私でも頭をきれいに骨まですすって食べられるほどでした。とにかくスープがおいしい!天外天と比べても遜色ありません。

後から到着した肉団子や野菜類などの具を足してどんどん食べます。おいしいスープも惜しみなくどんどん注ぎ足してくれます。具に付けて食べるチリソースも甘すぎず、おいしい。文句なしです。






IMG_3519.jpg最後の〆は娘の希望でラーメンでしたが、この絶品スープは春雨あたりで〆たかった〜。白飯で食べても十分いけるおいしいスープです。

この店のすぐ隣はコピティアムで、いろいろな屋台料理が入っていて、こちらも結構客が入っていました。ペナンあたりでは隣の店から料理を注文しても怒らないという寛大な所が多いのですが、鍋を食べにきたお客さんたちはそちらには見向きもしません。1つのテーブルだけ、あちらから手羽焼きを頼んでいました。実はかなりおいしそうでした。でも他の客は(私たちも)そんなサイドディッシュなどいらぬ!というくらい、鍋だけで大満足なのです。



とにかく大盛況の店内でしたが、女店長がすごく愛想の良い人で(ここが天外天とは大違い。天外天は態度がとても悪い)、超忙しいのにいろいろ話をしてくれました。なんと彼女のご主人はシンガポーリアン。ペナンにこの味がなくて困ってたのでとても嬉しい、という話をしました。あんまり英語が出来ない人でしたが、私の片言の中国語、彼女の片言の英語でなんとか意思疎通。「ペナン島までの帰り道わかるか?」と心配までしてくれて、「また来てね!」と送り出されました。



ちなみにこのお店があるのはバターワースの北部なので、ペナン大橋ではなく、フェリーで渡りました。フェリーでの船旅は海風に吹かれてとても気持のよいものです。船旅のせいか、なんか外国に来たみたいで、すごくバターワースに旅情を感じてしまいました。(バターワースの街はすごく寂れてますが・・・)



参考までにお値段は3人でたらふく食べ、飲み物も入れてRM70ほど(2000円)。とてもリーズナブルです。

今度いつ行くか、もう今から楽しみです。


Zi Wei Yuan Steamboat
紫薇園

6525 Jalan Raja Uda, Butterworth
Tel: 04-331 2736
定休:水曜
(Jalan Raja Udaは飲食店が多く並ぶちょっと賑やかな通りです。この店は九皇大帝宮のそばです)
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
文字色
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
  • 無題
Chie 2010/07/12(Mon)15:39:11 編集
このお鍋、写真で拝見するにシンガポールの天外天よりも魚がフレッシュそうで「白濁度」も良く、美味しそうではないですか!!
次回、ペナンに行ったときに是非ともまいりましょう。断崖絶壁のタイ料理店も捨てがたいですが・・・
  • 無題
Miki 2010/07/12(Mon)17:30:17 編集
天外天だと高級なマナガツオなどもありますが、ここはガルーパのみ。でもすごくフレッシュで身はプリプリ、頭のゼラチン部分もまったく魚臭くなかったです。白濁度といい、本物のコラーゲン鍋ですね。
是非是非参りましょう。何度でも足を運びたいです。バリクプラウにも連れてきます!
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
  • ABOUT
プラナカンを中心に、シンガポール・マレーシアの話題をお届け。食べ物・旅行の話題が中心です。
  • プロフィール
HN:
Miki & Chie
性別:
女性
自己紹介:
シンガポールとペナンに住んで20数年、プラナカン協会会員です。ライター&コーディネート業務に携わっています。ご依頼・お問い合わせは下記ホームページからお願いいたします。
  • 便利ツール
私たちの本や参考図書をご紹介
  • 最新コメント
[03/15 cartier love bracelet replique]
[03/13 Jamizebaich]
[02/19 fake cartier braclet]
[02/05 Chie]
[02/02 wai]
  • ブログ内検索
  • カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 26 27 28 29
30
  • 最新トラックバック
  • バーコード
  • カウンター
  • アクセス解析
Copyright © マレー半島モンスーン寄稿 All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]