忍者ブログ
Admin*Write*Comment
マレー半島モンスーン寄稿
[221]  [220]  [219]  [218]  [217]  [216]  [215]  [214]  [213]  [212]  [211
P1010021.jpg今マレーシアはドリアンの季節到来です。ペナンもドリアンは有名で、この季節になると街のあちこちで売られるようになります。うちの娘の学校の脇でも売られているのには驚きました。どこでもOK、ってのがマレーシアらしいです。

ペナンでドリアンといったら、バリク・プラウが有名です。山のあちこちにドリアンの林がひろがり、ペナンッ子は週末になるとバリク・プラウにドリアンを食べに出かけます。私も初めてのペナン・ドリアン体験を試みるべく、バリク・プラウに出かけてみました。




バリク・プラウといえばもうひとつ、名物のラクサは外せません。ドリアン用にお腹には余裕をもたせつつも、いつもの店でラクサに舌鼓、その後のどかな田園地帯をドライブしながらバリク・プラウを探検してみました。


山の上から眺めるバリクプラウには田んぼが点在しているのがわかります。困ったことに、手持ちのペナン道路地図ではバリクプラウの大半が割愛されてて道がわかりません。道すがら住民らしき中国系の女性に「ここらへんに田んぼはないか?」ときいたら、「うちの裏だからおいで」と案内してくれました。その後もハーブガーデンの行き方を聞いたら、「口じゃ説明できないから、車でついてきて」とまたまた車を出して案内してくれるのです。本当にペナンは親切な人が多いですね。

その後Pasir Panjangというビーチに行って遊んだあと、大体目星をつけておいたドリアン露店をめざしたのです。私たちが好きなのは小ぶりのドリアン。そんなドリアンが並び、客の姿がちらほら見える店を選びました。

私たちが選んだのは、市内(アイルイタム方面)から入る道にある店で、ラクサのあるホーカーセンターに近いお店です。



ペナンのドリアン事情にうといので、適当にお店の人に選んでもらってでてきたのがこれ。



ほんのり紅い色をしているため、「小紅シャオホン」と呼ばれるタイプのドリアンです。甘さもちょうどよく、みずみずしい果肉で食べやすく、かなり美味です。うちの娘が「これちょっとカフェオレっぽくない?」と言っていました。お店の人と話をしているうち、「KFCって種類の、食べてみる?」といわれたので、ひとつ試してみることに。これは小紅とはまったく違うタイプで、相当濃厚な味で舌にねっとりとまとわりつくようなタイプです。バターやクリームチーズみたいな感じ。常連のお客さんがKFC(ケンタッキーフライドチキン)と名付けたそうで、「指をなめたくなるほどおいしい」からだそうです。

この露店はすぐ裏山がドリアン林になっており、オーナーは客家のファミリーで、常連らしき客から「今何の種類のドリアンがある?」と問い合わせの電話がかかってきていました。つまりこの露店、ドンピシャだったわけです。

うちの主人はKFCがとても気に入ったらしいですが、もっと濃厚な「カプリ」という種類もあり、残念ながらその日は売り切れでまた来週〜、ということになりました。KFCタイプは濃厚すぎるので、初心者の日本人にはあまりお薦めではないかも。小紅タイプは食べやすいと思います。この他にもいろんなタイプのドリアンがありますので、グループで行けば、“利き酒”ならぬ“利きドリアン”が楽しめます。

シンガポールだと年中輸入ものドリアンが入荷されていつでも楽しめるのですが、ペナンではこの時期だけです。
シンガポールで一年中出回るドリアンは化学肥料たっぷりで育てられたものが多くて喉がイガイガすることがありますが、ペナンのドリアンはナチュラルでおいしい、とシンガポーリアンの主人も大喜びでした。合計4個食べてお値段はRM40。シンガポールから考えるとかなりお安いですが、それでも今はまだ初物なので、もうしばらくするともっと安く食べられるそうです。

路上にこんな露店も

現在スクールホリデイである上に、ドリアンのおかげでバリクプラウに抜ける道も交通量がいつもの倍です。途中どっかの車が横転事故をおこしていました。山道なので安全運転をしてもらいたいですね。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
文字色
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
  • 無題
Chie 2010/06/06(Sun)23:39:06 編集
Mikiさん

指をなめるほど美味しいのをKFCというのには笑えますね!KFCが大好きなマレーシアらしい~~
私はねっとり鼻血が出そうなほど濃厚なドリアンが好物ですが、通によると少し苦みがあって舌が痺れるようなドリアンもお薦めとか??
次回是非KFCもカプリも試してみたいです。小紅はタイなんかのドリアンと似た感じでしょうか?

そうそう、ドリアン店主というのは大金持ちとも聞きました。1年の収入の大半をわずか数カ月のドリアンで儲けるとか??
ペナンの初夏はドリアン、秋にかけてはポメロ。
この2つが果物の王様にふさわしいですね。
いずれにせよ羨ましい限りです。
Simonさんのジープで案内してもらったバリクプラウの断崖絶壁が懐かしいです。

本当にペナンは山も素敵!
  • 無題
Miki 2010/06/07(Mon)12:17:04 編集
ちえさん

マレーシアとかシンガポールのKFCの宣伝文句に「指なめずりしたいほどおいしい」ってフレーズがあるんですよ。

小紅はゆるめでもっとカスタードクリームみたいな感じです。KFCは超ねっとり。今まで食べたことがないくらいのねっとりでした。あのねっとり加減は中東のお菓子のハルヴァに近いかも。初心者にはパンチが強すぎるでしょうね。タイのドリアンは・・・プーケットで自信をもって勧められたけど、正直何がおいしいのか頭をかしげてしまったんです。で、どんなんだったか覚えてない。Simonさんの奥さんが、「ペナンのドリアンにはパンダン・フレーバーやコーヒー・フレーバーとかもあるのよ」と話したので、うちの旦那はもう興味津々。Simonさんが時期が来たら食べに行こうって。

苦いドリアンが美味しいってドリアン通は皆いいますけど、ほんのわずかに感じる程度の苦みで、コーヒーみたいな苦みではありません。甘すぎるドリアンは通にはウケが悪いようです。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
  • ABOUT
プラナカンを中心に、シンガポール・マレーシアの話題をお届け。食べ物・旅行の話題が中心です。
  • プロフィール
HN:
Miki & Chie
性別:
女性
自己紹介:
シンガポールとペナンに住んで20数年、プラナカン協会会員です。ライター&コーディネート業務に携わっています。ご依頼・お問い合わせは下記ホームページからお願いいたします。
  • 便利ツール
私たちの本や参考図書をご紹介
  • 最新コメント
[10/02 Miki]
[10/02 Chie]
[02/05 Chie]
[02/02 wai]
[02/02 Miki]
  • ブログ内検索
  • カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
  • 最新トラックバック
  • バーコード
  • カウンター
  • アクセス解析
Copyright © マレー半島モンスーン寄稿 All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]