忍者ブログ
Admin*Write*Comment
マレー半島モンスーン寄稿
[222]  [221]  [220]  [219]  [218]  [217]  [216]  [215]  [214]  [213]  [212
6月7日にヒルトン東京で行われたシティリビング社とマレーシア政府観光局の共催による「Malaysia Night 2010」。

ヒルトン東京によるマレーシア料理を食べながら、マレーシアの魅力を知ってもらうという女性限定のイベントには数千通の応募があり、その中から抽選で選ばれた200人の女性が着飾って集結。会場は最初からとても華やかな雰囲気に包まれていました。その華やかさにさらに華を添えていたのがペナンから来たキム・ファッションによる鮮やかなクバヤ刺繍の実演と、ずらりと並んだ刺繍の小物。



2010060800240000.jpgこの日のためにわざわざ来日したというリム・スウィーキムさんは、以前ブログでも紹介したイエンさんのお母様です。キムさんはマレーシアで人間国宝の称号を与えられているニョニャ・クバヤの重鎮。彼女の手掛けるクバヤはマレーシアをはじめ、インドネシアやシンガポールの王族、VIPの御用達。そんなキムさんの実演を目の前で見られるのは、日本では初めての貴重な機会でした。小物類もすべてキムさんの工房で手作りされたもので、神楽坂の香りの老舗「椿屋」さんとのコラボレーションによるペナンの香りをイメージした香りを詰めたキュートな匂い袋とミニ・クバヤも初お目見えしました。(これは後日ゆっくりご紹介させていただきます。)

また当日はキム・ファッションのクバヤがペナンとほぼ同じ価格で販売されているとあって、興味のある人たちは皆試着に大忙し。それというのもTVや舞台、映画など多岐にわたって活躍中の女優さん、小野麻亜矢(おのまあや)さんがゲストとしてキム・ファッションのショッキングピンクのクバヤにジーンズを合わせて登場されたこともあり、その素敵な姿に「麻亜矢さんが着ているものと同じクバヤはないですか~?」と質問を多々いただきました。クバヤとジーンズを颯爽と着こなしている麻亜矢さんの姿を見て、新しいクバヤのあり方と可能性を見たような気がします。

IMGP5602a.jpgイベントも終盤にさしかかる中、一気に盛り上がったのがマレーシアからやってきたニュープリンスこと、Aizdean(アイズディーン)君のミニ・コンサートです。日本の大学に留学していた彼は日本語がべらべらのご覧のとおりのイケメン青年!
(オフィシャル・ウェブサイト http://www.aizdean.com

アイズディーン君の甘い歌声に女性陣は皆メロメロ~~。
そのあとはCD購入にサイン会に握手に撮影と、大盛況のうちに2時間の宴が幕を閉じたのでした。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
文字色
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
  • 無題
Chie 2010/06/10(Thu)23:07:53 編集
イベントの準備から、終わりまでの長時間、一瞬たりともミシンの横を離れないキムさん。職人魂に感激しました。
話す話題も日本人はどんな刺繍のモチーフが好きなのか?クバヤのことばかりでした。
先月ナイジェリアに刺繍の指導をしに行った時の写真も見せてくれました。
80歳近いおばあちゃんがナイジェリアに一カ月も滞在とはスゴイ!
指導のためならどんな場所にでも行く!とのこと。
次は是非とも日本でクバヤ刺繍を教えていただきたいですね。
  • 無題
Miki 2010/06/11(Fri)11:22:28 編集
支える家族は大変だと思いますが、
あの根性、本当にすごいお婆ちゃんですね。
  • 無題
ぱたぱた 2010/06/14(Mon)02:08:16 編集
はじめまして、こんばんわ。

クバヤにジーンズを合わせる着方を、2000年からの留学時にアチェ出身の友人に教わって以来、夏になるのが楽しみです。KLから帰国して以来ぶりに訪れた昨年のシンガポールでは、こちらのプラナカン・レストラン・リストを参考にさせて頂きました!今年のGWに行ったペナンではバリブラウまで出かける時間がなかったのですけれど、ブンガ・クンタンの入りのアッサム・ラクサらぶです~。ペナンのプラナカン料理とシンガポールのそれとはハーブ使いが異なっていて、興味深かったです。
  • ぱたぱたさん
Miki 2010/06/14(Mon)11:51:48 編集
こんにちは、はじめまして。

ペナンなどマレーシア北部はタイの食文化に共通点が多く、生ハーブを大量に使う料理があって、シンガポールのニョニャ料理にはないものがありますね。
でもたまにシンガポール式のラクサとかこってり料理も食べたくなったりします(笑)。

今年の夏、ぱたぱたさんのように日本でクバヤ着て歩く女性、増えたりするんでしょうか。
  • 無題
ぱたぱた 2010/06/20(Sun)00:56:23 編集
リストを利用させて頂いたのに、舞い上がって、お礼を伝え忘れたことに気がつきました。

貴重なプラナカン情報をシェアして下さって、ありがとうございます♪

ガーニープラザのビンテージショップに行った折、お隣のキム・ファッションにも顔を出したところ、キムさんは、きさくに技を見せて下さいました。網目のような巣をつくっていく手つきに見惚れました。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
  • ABOUT
プラナカンを中心に、シンガポール・マレーシアの話題をお届け。食べ物・旅行の話題が中心です。
  • プロフィール
HN:
Miki & Chie
性別:
女性
自己紹介:
シンガポールとペナンに住んで20数年、プラナカン協会会員です。ライター&コーディネート業務に携わっています。ご依頼・お問い合わせは下記ホームページからお願いいたします。
  • 便利ツール
私たちの本や参考図書をご紹介
  • 最新コメント
[06/21 hermes kelly bags fake]
[06/07 imitation bracelet cartier diamant]
[06/03 faux van cleef bague]
[05/31 replica van cleef clover necklace]
[05/31 montre rolex daytona 1992 replique]
  • ブログ内検索
  • カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
  • 最新トラックバック
  • バーコード
  • カウンター
  • アクセス解析
Copyright © マレー半島モンスーン寄稿 All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]