忍者ブログ
Admin*Write*Comment
マレー半島モンスーン寄稿
[223]  [222]  [221]  [220]  [219]  [218]  [217]  [216]  [215]  [214]  [213
先週土曜日は、出版関係でお世話になっている方で、私同様にシンガポールからペナンに引っ越しをされたB夫妻とともにバリク・プラウへ出かけました。第一の目的はドリアン三昧でしたが、それと同時にバリク・プラウにある高級リゾートを覗いてみようと言う目的もありました。

行った先は「マリホム」という山の上にある、ほとんど知られていない謎の隠れ家リゾート。今回初めて訪れたのですが、何しろ行くのが私でよかったね(笑)という、入り口すらもわかりにくいロケーションにあるのです。

バリク・プラウのゲンティン・ヒルというところの山頂にタイ料理を食べさせるレストランがあります。ドリアン林のある山のすごい急坂を延々と登っていくところにあり、バリクプラウの眺めが素晴らしいので、ペナン観光に来た人を案内するにはなかなかいいところで、私たちは何度かそっちには行っていました。

このマリホムはそのゲンティン・ヒルのすぐそばにあるので、大体の場所を私は見当がついていましたが、あまりにも小さな案内版が立っているだけなのには驚きでした。しかも途中の山道では、いくつかに道が分かれているのに、どちらへ行ったらいいのか何も表示がないのです。途中は同じくドリアン林がずっと続いています。迷い迷い何とか敷地の入り口にたどり着きましたが、レセプションがあるのはもっと上の方です。ゲンティン・ヒルのタイ・レストランよりももっと標高の高いところにあるのです。

後続のB夫妻の車、ちゃんと着いてきてるだろうか、途中転落なんてしてないだろうか、とハラハラしながらようやくレセプションへ到着。



マリホムは1泊RM600以上というペナンではかなり高級な宿泊施設となります。環境は本当に素晴らしいです。下界では見たことのないカラフルな小鳩などもよく見ましたし、植物が見事なほど巨大に育っています。なんといっても素晴らしいのはバリク・プラウやバヤン・レパス、ペナンブリッジまで四方を見渡すことができるパノラマ。そんな山の上にロビンソン・クルーソーの話にでてきそうなコテージが9棟点在しているのです。



一番眺めが気持よいわね、B夫人が言っていたのが、プールからの眺め。ゲンティン・ヒルがずいぶん下の方に見え、その山の先の海がよく見えます。

IMG_3465.jpgただ、RM600〜800以上というのはちょっと高すぎるのでは、というのが私たちの正直な感想でした。料金には3食ついているということなのですが、試食させてもらってないので、どのレベルかわかりません。コテージも雰囲気はあるのですが、私もB夫妻もアジアの高級リゾートはたくさん見ていますので、物足りないと言わざるをえません。家具もたいしたことないですし、ティッシュ・ボックスとかアメニティーなどディテールがちゃちいのです。高級リゾートと認められるには、もう少し細部にわたって高級志向にこだわられた方がいいです。






IMG_3457.jpg・・・・と、文句も多く出たのですが、やっぱりこの環境はなかなかないので、泊まってみたい気持は否めません。

観光客には空港からジープでの送迎があります(有料)。











従業員の人たちは皆ミャンマー人で、フレンドリーでアットホームな感じでした。最後にドリアンをたらふくごちそうになってしまいました。きっとここでは捨てるほどあるのでしょうが・・・。Mr.Bはアメリカ人ですが、大のドリアン好き。すごい量だったのに、ひたすら食べまくっていて、びっくりしました。


撮影に夢中のMr.B

尚、見学に行けたのは私たちが出版関係者であり、前もってアポを経営者にとりつけてあったからです。一般でも見学できるかもしれませんが、関係者以外立ち入り禁止になっていますので、必ず前もってお問い合わせを(急な山道は車が一台通れるだけの幅しかないので、途中で他の車と出くわすと危険です)。

マリホム
Malihom

http://www.malihom.com/


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
文字色
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
  • 無題
てるこ 2010/06/29(Tue)22:45:08 編集
随分とタイムラグがありますが、久々ブログを覗いてみたらイベントとかがあるんですね・・。私も刺繍を見てみたい♪タイミングが合いますように!
  • てるこ様
Miki 2010/06/30(Wed)10:20:50 編集
東京でのイベントはマレーシア政府観光局主催のもので、一般向けではない(旅行業界やメディア向け)ので当ブログでは前もってお知らせができませんでした。ただ、6月のイベントは一般から公募されたものでした。政府観光局のサイトなどをチェックされると良いかと思います。
  • 無題
Chie 2010/07/05(Mon)07:34:31 編集
NYの長旅から戻りました!
3週間ぶりの東京は蒸し風呂状態ですね。

てるこ様
コメントをありがとうございました。
一般の方もご覧になれる刺繍のイベントがありましたら必ずブログでお知らせいたしますので、こまめに見ていただけますとありがたいです。
今後とも宜しくお願いいたします。

Mikiさん
ご無沙汰です。
こちらマリホムは、いつかサイモンさんご夫婦のジープで連れて行っていただいた断崖絶壁のタイ料理屋さんの近所なのですね、決して普通の車では入り込めない山ですが、ペナンの秘境気分を味わうには最適のところかもしれません。夕暮れ時にタイ料理店に行った時、すでに風がぴゅーぴゅー吹いて凍えるほど寒かったです。でも味はとても良かった記憶があります。今度は是非、日の当っている昼間に行きたいなぁ~夜道が本当に怖かったから・・・・・
  • 無題
Miki 2010/07/05(Mon)11:50:53 編集
チエさん

タイ料理店の山なんて、ここに比べたらお茶の子さいさいです。あっちも結構な急坂が続く細い山道ですが、実は友人の軽自動車もなんとか登れたんですよ。

ペナンは結構さがすといいタイ料理屋があって、実はうちの近所にかなり良い店を見つけました。高級感はまったくないのですが、味付けがシンガポールのThanyingみたいな繊細さがあり、驚きました。しかも安い。すっかりKさんのお気に入りになってます。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
  • ABOUT
プラナカンを中心に、シンガポール・マレーシアの話題をお届け。食べ物・旅行の話題が中心です。
  • プロフィール
HN:
Miki & Chie
性別:
女性
自己紹介:
シンガポールとペナンに住んで20数年、プラナカン協会会員です。ライター&コーディネート業務に携わっています。ご依頼・お問い合わせは下記ホームページからお願いいたします。
  • 便利ツール
私たちの本や参考図書をご紹介
  • 最新コメント
[10/02 Miki]
[10/02 Chie]
[02/05 Chie]
[02/02 wai]
[02/02 Miki]
  • ブログ内検索
  • カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
  • 最新トラックバック
  • バーコード
  • カウンター
  • アクセス解析
Copyright © マレー半島モンスーン寄稿 All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]