忍者ブログ
Admin*Write*Comment
マレー半島モンスーン寄稿
[303]  [302]  [301]  [300]  [299]  [298]  [297]  [296]  [295]  [294]  [293
 大和Makan Makanオーナーシェフ平岡さん宅で4月から開始予定の
「アジアン・アフタヌーンティー」の試食に行ってきました。

お茶を飲みながら、ゆったりとしたひと時を過ごして欲しいと自らも大のアフタヌーンティー好きである平岡シェフ。 シンガポールやマレーシアはもちろん、日本国内でも様々なアフタヌーンティーを試してきた人です。
その結果、甘いものには塩系のものが必ず必要。スイーツばかりでは楽しめない、
小腹対応もあればさらに良し、ということで試食メニューはまるでランチか早目のディナーか?という品ぞろえになっていました。

これは蒸し上がったばかりのアンクークエ。



福建語で亀の形をした赤いお菓子という意味を持つ、本来お祝い用のお菓子でしたが、今ではシンガポールやマレーシアのあちこちで普通に食べられているポピュラーな餅菓子です。中身は緑豆餡やら胡麻餡、ピーナッツ餡といろいろありますが、味はまるで日本の和菓子。
こんなキュートなアンクークエを日本で再現できるのも平岡シェフならではでしょう。
これが1品あるだけでお皿に可愛らしさが加わります。

その他の甘いものとして、さつま芋の蒸しケーキにサンザシ・ケーキ、杏仁豆腐がありました。
さつま芋の蒸しケーキはマレーシアのビンカ・ウビを意識して作ったものですが、日本では生のタピオカが手に入らないため、さつま芋で代用。ココナッツの甘い香りとさつま芋の風味が良くマッチし、芋ようかんの東南アジアバージョンといった感じでしょうか。
サンザシのレイヤーケーキはシェフ自慢のオリジナル。こっくりとした甘さの中にサンザシの甘酸っぱさが顔を出すどっしりとした焼き菓子です。アフタヌーンティーはお茶がメインですから、こういったどっしり系のスイーツも必要。あとはさっぱりとしたグラスデザートでお口直しを。

そして何とも嬉しいのはお料理の数々。この日は押豆腐が入った揚げ春巻きが2本、台湾風の焼きビーフン、ニョニャ風ドレッシングで和えた野菜サラダにアチャー!どれもちんまりとした事がキライな平岡シェフらしく量もたっぷり。
メニューはその日によって変わるそうですが、麺などのご飯系があるのは嬉しいしですね。
女性の心をがっちりつかみそうなメニューでした。



[ アジアン・アフタヌーンティー ]
4月半ばから~金・土のみ開催予定
時間12:00~17:00
料金:2000円 (中国茶またはコーヒー付き)
問い合わせ: Makan 046-264-0004
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
文字色
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
  • ABOUT
プラナカンを中心に、シンガポール・マレーシアの話題をお届け。食べ物・旅行の話題が中心です。
  • プロフィール
HN:
Miki & Chie
性別:
女性
自己紹介:
シンガポールとペナンに住んで20数年、プラナカン協会会員です。ライター&コーディネート業務に携わっています。ご依頼・お問い合わせは下記ホームページからお願いいたします。
  • 便利ツール
私たちの本や参考図書をご紹介
  • 最新コメント
[06/21 hermes kelly bags fake]
[06/07 imitation bracelet cartier diamant]
[06/03 faux van cleef bague]
[05/31 replica van cleef clover necklace]
[05/31 montre rolex daytona 1992 replique]
  • ブログ内検索
  • カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
  • 最新トラックバック
  • バーコード
  • カウンター
  • アクセス解析
Copyright © マレー半島モンスーン寄稿 All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]