忍者ブログ
Admin*Write*Comment
マレー半島モンスーン寄稿
[265]  [264]  [263]  [262]  [261]  [260]  [259]  [258]  [257]  [256]  [255
天空のプールで有名なシンガポールのマリーナベイ・サンズがTVコマーシャルに登場したこともあり、今年はあのホテルに行く!と猛暑の日本から旅発った友人が多かったこと~~。ビルのてっぺんにあるプール、風がびゅーびゅー吹いて泳げるのかな?と心配してしまいます。

さて、本日はマラッカの帰りに滞在したセントーサ島にあるカペラ・ホテルのハイティーがとても良かったのでご紹介したいと思います。



普段シンガポールでニョニャ菓子をいただく機会はホテルのビュッフェの片隅に色添えに並んでいる程度か、ローカルのお菓子屋さんで購入して食べるかで、美味しいお茶とともにきちんとした器で頂く機会が少ない気がしていました。
そんな中、プールサイド越しに海を臨むThe Knollsというダイニングのメニューにニョニャ風ハイティー(Sentosa Peranakan)を見つけた時は嬉しさもひとしお!早速ローカルの友人に連絡をし、2人で優雅に3時のお茶と相成りました。



The Knollsには2種類のハイティー・メニューがあり、ひとつはサーモンのサンドイッチやスコーン、プチフールなどの伝統的なアイテムを楽しむ「English Colonial(42ドル)」、もうひとつがプチフールの代わりにニョニャ菓子が食べられる「Sentosa Peranakan(40ドル)」です。2人でそれぞれを注文しようかと思いましたが、ひとつをシェアして充分とのことで、出てきたのがご覧の通り3段トレイに載った洗練されたニョニャ・クエとサンドイッチ。
ここはお茶のセレクションもユニークで素晴らしく、どれを選んでいいのか?迷うこと数十分。お店の人が懇切丁寧にひとつずつ説明をしてくれて、香りも試させてくれました。



この日のニョニャ・クエはクエダダ(パンダンリーフで色付けした緑色のクレープに、黒砂糖で煮込んだフレッシュココナッツを包んだもの)、ねっとりと香ばしいタピオカケーキ(芋ようかんとウイロウを足して2で割ったような懐かしい味がします)パンダンリーフで包んだアポン(ぷっくり焼かれたニョニャ風パンケーキ)、バナナと黒砂糖のカップケーキの4種類でした。どれもお洒落なホテルにふさわしい洗練された味わいです。聞くと全てホームメイドとのこと。作るのに手間暇かかるニョニャ・クエは、ホテルのビュッフェでも実はローカルから仕入れているところがほとんどですから、作りたてをいただけるのは嬉しいですね。
グラスに入ったデザートはサゴ・グラムラカ。ぷちぷちっとしたサゴに風味豊かな黒砂糖がたっぷり、その上を軽くホイップされた生クリームで覆っているところが進化系ニョニャ・スイーツでしょうか。
そして忘れてならないのが面白いサンドイッチの数々!ひとつはオタオタ(スパイシーな魚のペースト)が入ったサンドイッチ、もうひとつはサーディンが入った卵サンド。ハイティーに欠かせない伝統的なキュウカンバー・サンドもプラナカン風になると「サンバル・ティムーン風」にブラチャンがきいたスパイシーなキューカンバー・サンドイッチに様変わりします。
どれも工夫か凝らされており、とても楽しいハイティータイムを過ごしました。


鬱蒼たる緑の先に、遥かインドネシアの島々まで見渡せるカペラ・ホテル。
シンガポールまでいらしたら、是非足を運んでみて下さい。



●The Knolls
Capella Singapore
1, The Knolls Sentosa Island
+65-6377- 8888
www.capellasingapore.com

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
文字色
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
  • 無題
Miki 2011/08/19(Fri)23:43:35 編集
これまでホテルのハイティーやブッフェでニョニャ・クエというと、色気もそっけもないのが多かっただけに、ここのは感心しますね。

今シンガポールってギンギラギンなのばかりだけど、ここは大人のリゾートって感じですね。
  • 無題
Chie 2011/08/20(Sat)01:46:46 編集
そびえ建つビル群のイメージがあるシンガポールですが、ちょっと足を延ばすとこんな風景が広がっています。バリ島のお洒落なホテルみたいでした。

シンガポールのホテルのハイティー・ブッフェは質より量で美味しいところは少ないですし、、、

時間さえ許せば、のんびり海を眺めながらのアフタヌーンティーとしてイチオシです。

ただ、宿泊者は3時のティータイムにライブラリーで色々なスイーツや簡単なサンドイッチなど無料でいただけるのです。その中にオタオタ・サンドもありましたが、さすがにニョニャ・クエまではありませんでした。
綺麗に並べられたプチフールや、ガラス瓶に無造作に入ったボンボン・ショコラなどのスイーツ類も大変美味でびっくりしました。
  • 無題
アンティヒロ 2011/08/20(Sat)21:42:17 編集
夢のようなアフタヌーンティーですね!!
どんなシェフが作っているのか?お目にかかりたいです。青のりをおしゃれに使ったオタサンドを早く食べたいです。マッタリしながら。
  • アンティヒロさん
Chie 2011/08/21(Sun)01:48:04 編集
コメントをありがとうございます。

シンガポールには珍しく、量より質を重視のハイティーでした。
お茶も面白いフレイバーものが沢山あり、次回是非ご一緒しましょう。
ただテラスでいただくと汗がだらだら・・・でしたが。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
  • ABOUT
プラナカンを中心に、シンガポール・マレーシアの話題をお届け。食べ物・旅行の話題が中心です。
  • プロフィール
HN:
Miki & Chie
性別:
女性
自己紹介:
シンガポールとペナンに住んで20数年、プラナカン協会会員です。ライター&コーディネート業務に携わっています。ご依頼・お問い合わせは下記ホームページからお願いいたします。
  • 便利ツール
私たちの本や参考図書をご紹介
  • 最新コメント
[10/02 Miki]
[10/02 Chie]
[09/04 van cleef rose gold necklace copy]
[02/05 Chie]
[02/02 wai]
  • ブログ内検索
  • カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
  • 最新トラックバック
  • バーコード
  • カウンター
  • アクセス解析
Copyright © マレー半島モンスーン寄稿 All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]