忍者ブログ
Admin*Write*Comment
マレー半島モンスーン寄稿
[260]  [259]  [258]  [257]  [256]  [255]  [254]  [253]  [252]  [251]  [250

2011年5月6日、マラッカ川とチャイナタウンを挟む絶好のロケーションにホテルCasa del Rioがオープンしました。その名の通りポルトガルをイメージしたブティーク・ホテルです。早速泊まってきましたのでご紹介します。



このクラスのお洒落なホテルのオープンは、マジェスティック・マラッカ以来とあって興味しんしんでした。世界遺産になってからのマラッカの街は週末になるとまるで原宿のような大賑わいを見せ(金・土だけだったJonkerStの縁日も日曜日もやるようになっていました)人気のホテルは予約が困難な場合が多く、新しいホテルのオープンは嬉しいですね。しかも世界遺産の見どころの全てを徒歩で回れる便利な場所なのですから。



P1350166.jpgまず、チェックイン時に中庭の大きな池に突き出た東屋で出されたのはウェルカム・ソルベ。レモングラスにライムの爽やかな香りが喉を潤してくれます。灼熱の地に降りたって癒される気持ちのよいサービスです。

部屋は大きく分けてリバービューと中庭を眺める部屋の2種類がありますが、お薦めは絶対にリバービュー。ゆったりとしたバルコニーにはソファーとテーブルが置かれ、オランダ広場の赤い建物やマラッカ川を行き交うクルーズ船をのんびり眺めることができます。












P1350158.jpg部屋は入ってすぐ横にトランクなどを置くクローゼットルーム。その隣には大理石の床がぴかぴか光る大きなバスルームがあり、バスタブも2人で入れるくらいに深くて大きなものでした。大理石のモザイクを施したシャワールームも充分な広さがあり、バスタブの窓を開けるとベッドルーム越しにマラッカの景色を見ることができるようになっているようですが、毎回部屋には寝にだけ戻るマラッカでの生活、のんびりバスタブにつかる暇もありませんでした。木の床のベッドルームは落ち着いた造りになっていましたが、バスル
ームの大きさと比べるともう少しゆったりしていても良いかな?という印象を持ちました。その分バルコニーをゆったりとってあるからでしょうか。






P1350143.jpgお部屋のアメニティーには最近流行りのシナモン石鹸があり、真っ赤赤な色にちょっと驚きましたが、石鹸マニアとしてはこういった個性的なアメニティーは嬉しいものです。備え付けのお茶はTWG、コーヒーは挽きたてのもの。これもなかなか気が利いています。




そして何といってもこのホテルの売りは屋上のプール!マラッカ川とマラッカ海峡が一望に見渡せるL字型のインフィニティプールです。



マラッカ川に沿って一直線にのびる長~いプールを直角に曲がると今度はマラッカ海峡を臨むという、なんとも心憎い造りになっています。世界遺産の古都を眼下に眺めながら優雅に泳ぐひとときは南国リゾートとはまたひと味ちがった気分を味わえます。
日中は40度近くなることもある灼熱のマラッカでプールの存在はありがたいですよね。

マラッカ川に面したテラスで頂く朝食ブフェはまだオープンしたてだからか?あまり品数はありませんでしたが、心地よい風を感じながら古都の眺めを独り占めできるロケーションには満足でした。

暫くはオープニング・プロモーションもしていますので、次回マラッカへお越しの際には是非お試し下さい。

Casa del Rio Melaka
88, Jalan Kota Laksamana
www.casadelrio-melaka.com/
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
文字色
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
  • 無題
mako 2011/07/13(Wed)13:44:50 編集
図書館で「Peranakan Chic」を偶然見つけて、美しさに感動しました。ほんと良い本です!シンガポールに住んだことがあるのでなんだか懐かしさも少し。マラッカに旅行しようかな。BLOGも楽しみにさせていただきますね。
  • Makoさん
Miki 2011/07/15(Fri)14:02:38 編集
コメントありがとうございます。
あまり知られてこなかったプラナカンの魅力を伝えるためにがんばりました。プラナカンの方々や現地の方々からも「画期的な本」と評価していただいております。
これからもよろしくお願いいたします。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
  • ABOUT
プラナカンを中心に、シンガポール・マレーシアの話題をお届け。食べ物・旅行の話題が中心です。
  • プロフィール
HN:
Miki & Chie
性別:
女性
自己紹介:
シンガポールとペナンに住んで20数年、プラナカン協会会員です。ライター&コーディネート業務に携わっています。ご依頼・お問い合わせは下記ホームページからお願いいたします。
  • 便利ツール
私たちの本や参考図書をご紹介
  • 最新コメント
[10/02 Miki]
[10/02 Chie]
[02/05 Chie]
[02/02 wai]
[02/02 Miki]
  • ブログ内検索
  • カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
  • 最新トラックバック
  • バーコード
  • カウンター
  • アクセス解析
Copyright © マレー半島モンスーン寄稿 All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]