忍者ブログ
Admin*Write*Comment
マレー半島モンスーン寄稿
[208]  [207]  [206]  [205]  [204]  [203]  [202]  [201]  [200]  [198]  [197
IMG_2727.jpgペナンヒル鉄道は今月末で撤去されます。私たちがこの鉄道が無くなるということを知ったのは、『マラッカ ペナン 世界遺産の街を歩く』のための最終取材中でした。せっかく取材したのに、というのもありましたが、ペナンの歴史を考えるときにペナンヒルの存在は無視できないという思いが強くあったので、私たち2人とも「鉄道はなくなるけど、ページは予定どおりに設けよう」と決めたわけです。

あまり歴史・文化に興味のない一般的観光客たちにとって、従来の登山鉄道は、のろい、時間がかかる、客がいっぱいで暑い、などと不評が多いため、ペナン政府はこれを新型の交通機関に変えることを決定しました。新しい登山鉄道はもっと速く頂上まで乗客を運べるのだそうです。ですが、頂上へそんなに急いでどうする?と私は思います。その頂上と言えば、今や「イギリス人たちの避暑地」というイメージからは程遠い、シャビーな観光地。コ汚い屋台やフードコート、しょぼいステージではローカルのカラオケ大会・・・。これにがっかりする日本人観光客はたくさんいると思います。でも、ペナンヒルはあのレトロな鉄道で登って行くことに意味があるわけで、頂上に登って何をする、何を見るってところじゃないと思うのです(ペナンを一望する、あとはデイビッド・ブラウンでお茶くらいかな?)。

でもたしかにいつもぎゅうぎゅう詰めで決して快適とは言えない車内、あれをどうにかしてほしいのは確か。それと度重なる故障などが、政府側の「新型に変える」理由ですが、同じ登山鉄道の香港のピークトラムが3ヶ月に1回点検するのにくらべて、ペナンヒルは1年に1回程度なのだそうで、「普段のメンテに問題があるだけで、きちんとリサーチすれば、4百万ドルもかかる新型に替えなくても問題は解決できるはず。リサーチが足りないのは明白だ。ペナンにとってどれほど大切なものを失おうとしているのか、理解してもらえないのが悲しい」とサルマ女史は大変残念がっていました。

2月のペナン・ヘリテージ・トラストのサイト・ビジットはペナンヒル登山鉄道とさよならをする会となったのですが、私たちは機関室への特別見学が許されました。

その後ほかほかのチキンパイが配られて解散、自由行動となったのですが、私はファミリーでデイビッド・ブラウンのアフタヌーン・ティーを楽しみました。




IMG_2745.jpgこのサイト・ビジットで知り合ったオランダ人の元船長さん(なんと第二次大戦終戦直後にオランダ兵をインドネシアに送ったのだそう!御歳85歳のお爺ちゃん!!)やドイツ人ファミリーとも話が弾み、きれいなお庭でゆっくりお茶を楽しむことができました。ペナンヒルって、こういうひと時を楽しむ場所じゃないでしょうか。

新型の登山鉄道のお目見えは今年末という予定になっていますが、はてさて、どうなることやら。今後頂上へは植物園脇の登山道からジープを手配してもらうことになります。健脚の方は登山をなさってもよろしいか、と(3時間半くらいだそうです)。ペナンヒル周辺には昔ながらのお屋敷も残っていますので、私もがんばって探索してみたいと思います。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
文字色
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
  • 無題
Chie 2010/02/10(Wed)00:25:19 編集
新型の電車が今年末のお目見え!ありえませんねぇ~(笑)
今後、David Brownsに行くには、市内からツアーバスが出ているはずです。
昼食、アフタヌーン・ティー、ディナーと、日に3回くらいツアーがあったと思います。
いらっしゃる方はDavid Brownsに聞いてみるといいですよ。
  • 無題
Miki 2010/02/10(Wed)15:26:29 編集
ホント、1年後になんて、ありえませんよねぇ〜(賭けてみる?笑)

David Brownsもこれで営業中止とかおかしなことにならないといいのですが・・・。あの店があるだけでも、ペナンヒルだな〜って実感が沸きますもんね。
  • ペナンヒルで軽食したい
katman56 2010/12/05(Sun)14:20:50 編集
2010年12月25日から27日午後までペナンに滞在します。ペナンヒルにケーブルカーで登ってDavid Brown's Restaurantにいきたいのですが、混雑していない日と時間帯を教えていただけませんか?
  • katman56さま
Miki 2010/12/05(Sun)19:28:50 編集
現在ペナンヒルは鉄道では行かれません。レストランに連絡してジープを手配してもらうことになります(有料とのこと)。
登山鉄道がない不便さのため、おそらくお客さんは少ないのではと思いますが、年末はペナンは観光客が増えますので、なんともいえません。

なお、コロニアルな建物でのハイティーがご希望でしたら、市内からタクシーで10分くらいのところにあるSuffolk House(今レストランになっている、旧フランシス・ライト邸宅)も評判がいいです。詳細はこちらでご確認ください。
http://www.suffolkhouse.com.my/
  • ジープでペナンヒル登頂
katman56 2010/12/06(Mon)22:27:58 編集
ジープでペナンヒルにいくことは、快適なのでしょうか?必要時間は?昨年末、David Brownにでかけたときは、ウェディングパーティーの準備で忙しく、外でお茶を飲んだだけです。もう少し情報があったら教えてください。もうすぐ58歳です。
  • ペナンヒルで昼食とりました。
katman56 2010/12/25(Sat)23:49:30 編集
はるばると日本からDevid Brown' restaurantに昼食にきました。25日昼、七面鳥がメインの食事をしました。室内です。昨年会ったフィリピン人の女給さんに写真を差し上げました。室外にも私共の後にきた方がテーブルを使用していました。サーモンサラダ・コンソメ・赤ワインシャーベット・パン・七面鳥・プッデング・お茶 宿題が果たせました。明日は、プラナカンマンションに行く予定です。ジープは少しスリルがありました。
  • ペナンヒルで昼食とりました。
katman56 2010/12/25(Sat)23:52:28 編集
はるばると日本からDavid Browns' restaurantに昼食にきました。25日昼、七面鳥がメインの食事をしました。室内です。昨年会ったフィリピン人の女給さんに写真を差し上げました。室外にも私共の後にきた方がテーブルを使用していました。サーモンサラダ・コンソメ・赤ワインシャーベット・パン・七面鳥・プッデング・お茶 宿題が果たせました。明日は、プラナカンマンションに行く予定です。ジープは少しスリルがありました。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
  • ABOUT
プラナカンを中心に、シンガポール・マレーシアの話題をお届け。食べ物・旅行の話題が中心です。
  • プロフィール
HN:
Miki & Chie
性別:
女性
自己紹介:
シンガポールとペナンに住んで20数年、プラナカン協会会員です。ライター&コーディネート業務に携わっています。ご依頼・お問い合わせは下記ホームページからお願いいたします。
  • 便利ツール
私たちの本や参考図書をご紹介
  • 最新コメント
[10/02 Miki]
[10/02 Chie]
[02/05 Chie]
[02/02 wai]
[02/02 Miki]
  • ブログ内検索
  • カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
  • 最新トラックバック
  • バーコード
  • カウンター
  • アクセス解析
Copyright © マレー半島モンスーン寄稿 All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]