忍者ブログ
Admin*Write*Comment
マレー半島モンスーン寄稿
[209]  [208]  [207]  [206]  [205]  [204]  [203]  [202]  [201]  [200]  [198
ペナンに引っ越したお蔭で大好きなイポーもすぐそばに。ペナンからは車で2時間以内ですね。
用事があったので1泊で帰ってきましたが、なかなか充実の小旅行でした。

初めて来たときも感心しましたが、イポーは道がよく整備されていてちょっとシンガポールを彷彿させる並木道もあるんです。ゴチャゴチャのペナンに比べるとずっと運転しやすい。
ハイウェイから直進すればイポーの官庁街へ入ります。見えてくるのがこのセント・マイケル学院の校舎。何度見ても惚れ惚れする立派な校舎です。



今回も食い倒れを実行の私。しかしチエさんがいないのでパワーダウン。今回は官庁街のあるオールドタウンを1人でじっくりと歩いてみました。この辺には老舗のコピティアムが集まっています。食べきれないよ〜というくらい、旨いもの揃いです。中国骨董の店もあったり、屋号の看板を作る職人の店も多くて、なかなか街歩きが楽しいのです。

今回も私をうならせたのはThean Chun(天津)のKai See Hor Fun。

鶏肉入り、エビのだしベースのつるっつるホーファンです。クリアーなスープは本当にエビのだしがストレートに伝わる味で、ふわ〜っと柔らかな麺とベストマッチ。これを食べちゃうと他の街でクエイティヤオが食べられなくなるかも??サテー、チーチョンファン、カスタードプリンと絶品揃いの食堂です。イポー在住のおじさんが真っ先に案内してくれたのも納得です。天津のある通りJalan Bandar Timah(Leech St)は、ホワイトコーヒーの老舗など、有名店がずらりと並ぶ激戦区です。

ニュータウンでは前々から行かれなかったFoh Sanという有名な飲茶のお店にも今回初挑戦。
IMG_2600.jpg場所を移転したというこのお店、大きくてきれいなお店になっていました。行く前から「席の争奪戦がすごいところ」「相席は当たり前」と聞いていて心配しておりましたが、あっさりと席を確保できました。タイミングが良かっただけなのかは知りません。期待に期待をしていた点心は、たしかにマレーシアにしては洗練されている方だし、バラエティーとユニークさにおいては納得です。でも点心そのもののクオリティーは・・・。移転して規模が大きくなったせいなのでしょうか?これだったら、以前通りがけに入った、すぐそばの小規模な飲茶のお店の方がよかったかも?と思いました。香港の「中」くらいのレベルは、と期待していたので、期待しすぎたのかもしれません。でもマレーシアでは上出来の方ですし、きれいなお店なので日本人にはおすすめかもしれません。移転先はエクセルシオール・ホテルの真裏、Jalan Leong Sin Namです。



IMG_2640.jpgそしておなじみのアヤム・タオゲー。イポー初デビューの私の娘と主人のために、一番有名なLau Wongにとりあえず行きました。観光客も多いお店なのですが、やっぱりここは美味しいと思います。うちの舅はイポー出身なのに、うちの主人はアヤム・タオゲーを食べたことがないという情けなさ。これを食べずにイポーを語るな!というくらいの名物なのに・・・。つるつるの舌触りのチキン、味のしみ込んだライス、シンガポールの有名チキンライス店も真っ青の素晴らしい逸品です。そしておかわりしたくなるほど旨いシャキシャキもやし。このもやし、ペナンへのおみやげに市場で買ってみたのですが、ラーメン丼2杯分の量でたったの60セント!「まずいのをつかまされたのかな」と後で心配になったのですが、自宅で調理してみたところ、やっぱりシャキシャキ!ヒゲの先まで見事にシャキシャキのイポーもやし、謎です。

さてさて、今回の大ヒットはカリーミー!「なんでイポーに来てまでカリーミーなんて食べに行くんだよ?」と文句タラタラの主人を無理やり引きずって行った先は、地元ではポリス・ステーションのカリーミーという通称で知られる、おそらくイポーNo.1のカリーミーのお店、Xin Chuan Hiang(新泉香)。
注文の際に「具は別盛りにするか?」と聞かれ、よく意味がわかりませんでしたが、とにかくおまかせにしてみたところ、でてきたのがこれ。
IMG_2654.jpgIMG_2658.jpg















カリーの香り豊かな濃厚なスープに麺がはいったものと、小さな器に入ったカレー味のタレ。そして山盛りの具のお皿。具は麺と一緒に食べてもいいですが、カレー味のタレ(にんにくたっぷり)につけながらいただきます。具はいわゆるカントニーズ・ロースト(チャーシュー、ローストポーク、ローストダックなど)がメインですが、これらも自家製だそうで、とても新鮮で美味しかったです。カレー味のタレがまたパンチが効いてておいしい。食べるそばから「旨い!旨い!」とうなる主人と娘に「たかがカリーミーって言ってたヤツ、誰だっけ?」と言ってやりました。私はひたすら「ああチエさんに食わせたい」と思いながら食べました。これで当分ペナンのカリーミーが食べられなくなる・・・。

イポーのカリーミーはこのお店でなくても、大体どこで食べても美味しいのです。ショッピングモールのカフェでもおいしくてびっくりした私たち。最近はドライ・カリーミーというのも登場しており、スープではなく、濃いめのカレーがかかった麺なんかも人気だそうです。

で、このXin Chuan Hiangのすぐ並び(2軒ほど先)には、Parisという店名の有名な客家ミーのお店があります。IMG_2660.jpgつまりヨンタオフー・ミーなのですが、細いけれども平たくて、ちょっと伊府麺的な独特のコシのあるハッカ麺にひき肉あんがかかったもので、私の大好物です。麺のほかにたいていミートボールや豆腐などの練り物を添えます。これも大変おいしいイポー名物なのですが、カリーミーを先に食べてしまった後ではあまりにもパンチの効かなさにインパクト薄。はしごをするにはハッカミーを先に食べてカリーミー、というのが鉄則だと思います。

どちらもお昼頃には店じまいをしてしまうため、朝のうちに食べにくるのがベストです。ホテルの朝食なんてスキップしてください。場所はJalan Sultan Iskandar (Hugh Low Street)で、174番です。エクセルシオールなどのホテルからも徒歩圏内ですから。

ああ、やっぱり1泊では食べたりない・・・。今回は客家雷茶は食べ逃しました(泣)。

イポーのあと、帰り道クアラ・カンサーに立ち寄りました。これは次回に。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
文字色
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
  • 無題
Chie 2010/02/11(Thu)02:33:28 編集
これが例の絶品カリーミーですね!!見るからに濃厚でおいしそうです☆
こういうスタイルあまり見たことがありませんが
  • 無題
Chie 2010/02/11(Thu)02:45:13 編集
Mikiさん

途中で送信失礼しました。

次回是非またイポーに行かなくては!
イポーのもやしはヒゲの部分の味が濃くて、皮もしっかりしており中がぎゅっと詰まった感じですね。香りの薄い日本のもやしを想像すると全然違います。私はあれ一皿でご飯が食べられる!鶏は添え物ですもの。
天津のクエイティアオも懐かしいです。どこまでも透き通ったデリケートな麺はイポーのおいしい水のなせる技でしょうか?あそこの麺を食べたら、しばらくは他店の生の米麺が食べられないですよね。

それにしても車でひとっ走りでイポーなんて夢のようです。東京は昨日みぞれがちらつきました~。
  • 無題
Miki 2010/02/11(Thu)11:48:30 編集
ちえさん

ペナンのカリーミーはココナッツ風味でどちらかというとラクサ風?こがしチリのペーストを添えないとカリーらしさがない。あれはあれで美味しいと思いますが、イポーのは純然たるカリー風味。しかも本当に香しくて濃厚。いや〜、あの味を知ってしまうと酷です。ペナンのオールドタウン・コーヒーに行けばイポー風のにありつけるかな?
それにしても、屋台料理の枠を越えて、れっきとしたご馳走でしょ?今でもヨダレがでます。

イポーの食べ物ってもやしといい、ホーファンといい、さすが広東人の街って感じで繊細ですよね。涼茶もおいしかったですよ〜
  • イポーにいくぞ
ちゅう たかお 2011/08/02(Tue)16:56:54 編集
8月10日に私の第二の故郷 イポーに行くぞ。4年ぶりのイポー イポーガーデンイーストの自宅に帰るのだ。この 食べ物は全て食べちゃうぞ、ダックの丸焼きとか シュウヨク(豚の皮付き肉をグリルしたもの) とにかく食べまくるのだ。帰ったら報告します。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
  • ABOUT
プラナカンを中心に、シンガポール・マレーシアの話題をお届け。食べ物・旅行の話題が中心です。
  • プロフィール
HN:
Miki & Chie
性別:
女性
自己紹介:
シンガポールとペナンに住んで20数年、プラナカン協会会員です。ライター&コーディネート業務に携わっています。ご依頼・お問い合わせは下記ホームページからお願いいたします。
  • 便利ツール
私たちの本や参考図書をご紹介
  • 最新コメント
[10/02 Miki]
[10/02 Chie]
[02/05 Chie]
[02/02 wai]
[02/02 Miki]
  • ブログ内検索
  • カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
  • 最新トラックバック
  • バーコード
  • カウンター
  • アクセス解析
Copyright © マレー半島モンスーン寄稿 All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]