忍者ブログ
Admin*Write*Comment
マレー半島モンスーン寄稿
[258]  [257]  [256]  [255]  [254]  [253]  [252]  [251]  [250]  [249]  [248

東日本大震災から2カ月をむかえた5月11日、「ガンバレ日本!アリガト日本!」のスローガンのもと、日本の復興支援をしているマレーシア政府観光局による「マレーシアセミナー」があり、行ってまいりました。



ロングステイ滞在希望国調査(2006~2010年ロングステイ財団調べによる)5年連続1位に輝いたマレーシア。今年の夏は震災後の日本の状況を踏まえた上で、「日本で節電、マレーシアで充電」は如何ですか?など、マレーシアへの長期休暇のプランや今後のマーケティング等についての説明が行われました。学びや癒しやグルメのほかに、エコツーリズムに異文化交流、ミニ・ホームステイなど、ちょっぴり長めの休暇を取って普段の駆け足旅行ではできない、さらに突っ込んだマレーシアの魅力を滞在型の旅でゆっくり味わうプランが4種類のカテゴリーから紹介されました。



「暮らすように滞在」プランでは、クアラルンプールやペナンの人気のサービスアパートメントの紹介を、「普段できない事をする!」プランでは時間に追われずのんびりアフタヌーンティーやローカルフードの食べ歩き、話題の温泉スパ・リゾートで身体を癒すお籠りの旅など。「お稽古inマレーシア」では親子でプチ・語学留学や、スパの施術を学べる11時間コースや、5泊~8泊の美容体験コース(一部日本語テキスト有りのクラスも)を。
「長い休みを有効活用」プランではアマゾン川を彷彿とさせるサラワク州・シブ発の9日間のジャングル・クルーズの紹介や、サバのネイチャースポット体験。Air Asiaなどローコスト・エアラインを使いマレーシア国内のビーチとシティーの両方を格安で周遊する旅など、ところ変わればまるで違う国のような顔を見せるマレーシアの魅力を様々な切り口から紹介した魅力満載のプランでした。

中でもこれは是非とも行ってみたい!と思ったのは私たちが大好きなイポー(Ipoh)に昨年オープンしたスパ・リゾート「ザ・バンジャラン・ホットスプリングス・リトリートwww.thebanjaran.com」。イポーと言えばプクプクに太った絶品もやし炒めとチキン、絹のように滑らかなフォーファンや巨大カレーパンの「麺包鶏」など美味しいものがすぐ思い浮かんでしまうのですが、この温泉ホテルはそんなイポーの中心部から車で約15分のタンブンという場所にあります。そう、タンブンといえばマレーシアで最もおいしいポメロの産地ですね!ミニ桂林を思わせるイポーならではの石灰石の奇岩に囲まれたリゾートには湯量豊富な天然温泉が湧き、わずか25棟のヴィラにはプライベート・プールやジャグジーが完備され、リゾートから一歩も出ずに究極の癒しを満喫できるまさに隠れ家スポット。温泉熱を使っての洞窟マッサージやマレー、インド、中国式のマッサージなど様々なプログラムがあり、なんとクリスタルに囲まれた洞窟もあるそうです。クリスタルは体内の邪気を払い気の流れを良くする効果もあるとか、パワー・スポット的な場所でもあるんですね。
ここはKL滞在に加えて是非とも体験してみたいリゾートです。

そのほか各地で開催される「ガンバレ日本!」のマレーシアフェアや、大学生を対象としたグローバルな人材養成事業「ルック・マレーシア・プログラム」マレーシア・フォトコンテストなど詳しい内容やお問い合わせはマレーシア政府観光局までどうぞ。
www.tourismmalaysia.or.jp/

(おまけ)スパリゾート・バンジャランのある場所をよ~~く見てみたら、著書のリサーチにMikiさんとイポーに赴いた際、案内してくれたおじ様に「イポーって本当にイイ所ですね、住んでみたいかも」と言ったら突如として不動産めぐりツアーとなってしまい、その時にバンジャランの近所にある分譲住宅を見に行った記憶があります。とってもお洒落なリビングから桂林のような絶景が眺められる邸宅でしたが、窓一面に迫りくる奇岩石群はあまりにも迫力がありすぎて、とても無理!と2人ともそそくさと退散したのでした。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
文字色
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
  • 無題
Miki 2011/05/13(Fri)12:29:30 編集
住みたい国第一位なんですか?へえ〜〜〜〜〜

たしかにロングステイの方々の多く(あまりつきあいがないので誤解かもしれませんが)はかなりエンジョイされてますねえ。毎日のプログラムが充実されてる方もいて、私なんかよりもずっとあれこれ忙しい人とか、話を聞くとびっくりすることも。

イポーの温泉リゾート、こういうの待ってました。でも温泉好きの私から注文させていただくと、「温泉」というよりも普通のスパリゾートっぽくないですか?どんな泉質の温泉なのかウェブサイトにもっと説明が欲しいです。ここではなく、もう少しKLよりにある温泉施設の方が、温泉らしいですよ。ペナンに近いところにも温泉がありますが、地元の人が服を着たまま浸かっているので日本の温泉をイメージするとギャップがすごいのですが、KLよりにある温泉は個室完備でここはなかなかいいなあと思っています。いつか行ったらリポートしますね。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
  • ABOUT
プラナカンを中心に、シンガポール・マレーシアの話題をお届け。食べ物・旅行の話題が中心です。
  • プロフィール
HN:
Miki & Chie
性別:
女性
自己紹介:
シンガポールとペナンに住んで20数年、プラナカン協会会員です。ライター&コーディネート業務に携わっています。ご依頼・お問い合わせは下記ホームページからお願いいたします。
  • 便利ツール
私たちの本や参考図書をご紹介
  • 最新コメント
[10/02 Miki]
[10/02 Chie]
[02/05 Chie]
[02/02 wai]
[02/02 Miki]
  • ブログ内検索
  • カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
  • 最新トラックバック
  • バーコード
  • カウンター
  • アクセス解析
Copyright © マレー半島モンスーン寄稿 All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]