忍者ブログ
Admin*Write*Comment
マレー半島モンスーン寄稿
[201]  [200]  [198]  [197]  [196]  [195]  [194]  [193]  [192]  [191]  [190
私Mikiはとうとう、ついに、ペナンへ引っ越しをしてしまいました。

「何を好き好んでペナンなんぞに・・・?」というご意見(とか、そういう視線)も何度もありましたが、なーんかこっちの方が落ち着くんですよね。それに家族ぐるみのおつきあいまでできる友人も大分増えましたし。

ペナンに行ってさらに勢力的に研究するのか、ともいろいろな人に訊かれました。もちろんペナンの研究者グループとのおつきあいもより頻繁になると思いますが、取材とは関係なしに食べ歩きだの街散策もしたいわけで、少しゆっくりしたいというのが本音です。でも仕事でシンガポールには頻繁に行き来をすることになりそうです。

今は目の前にペナンヒルを望む閑静なエリアに居を構えました。山が見えるって素晴らしいですね。シンガポールでは建物しか見えませんから・・・

それにしても、本で紹介されるような有名なお店ではなくても、ペナンってどこで食べても結構おいしいものにありつける、と改めて感心しました。ショッピングモール内のはあまりおすすめできませんが、街中でお客さんが結構入ってるコピティアムなどをトライすると新たな発見が・・・。今後もどんどんいろいろなところに挑戦してみたいです。

というわけで、今後のブログはペナン情報が充実するかな?と思います。
イポーやクランタンにも行きやすくなりましたし、タイ国境へも2時間弱。
行動範囲が広がってとても嬉しいです。
シンガポールは私にとっては窮屈すぎました(笑)。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
文字色
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
  • 羨ましいです!!
後藤 りかこ 2009/12/04(Fri)22:04:18 編集
最近ペナンにご無沙汰しておりまして、大変羨ましく拝見しました。
世界遺産に登録後の当地は賑やかになっていますか。
おふたりの新しいご本を拝読する度、ペナンへの思いが募ります。
ペナンからの情報楽しみにしています。

  • 羨ましいですね!!
katman 56 2009/12/05(Sat)00:52:44 編集
ペナンヒルを望む閑静なエリアですか!
今年の3月の日曜日にケーブルカーに乗ろうとしてあまりの行列にあきらめ、翌日の月曜日にしました。今月末の休日はどうなると思いますか。行列してまで乗る気力が無いけど、ペナンヒルには行きたいのですが。
  • 無題
Miki 2009/12/05(Sat)13:51:59 編集
後藤様

世界遺産登録後、若干の変化はありますね。欧米人旅行者は若干増えたと思います。ヘリテージ・マップなどが無料配布されているので、以前は誰も立ち寄らなかったクラン・ジェッティーでも欧米人旅行者を見かけるようになりました。でもマラッカと比べると盛り上がり度は低いです。不動産だけは結構値上がりしています(笑)。

Katman56さん

ペナンヒルは週末は避けるべきです。12月は観光客が増える(こちら、スクールホリディ期間中です)ので、平日でも何とも言えませんが・・・。行列はないかもしれないけど、それでも登山鉄道は満員乗車の可能性はありますね。私も頂上のデイビッド・ブラウンに行きたいです!!うちから見えるのですが!
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
  • ABOUT
プラナカンを中心に、シンガポール・マレーシアの話題をお届け。食べ物・旅行の話題が中心です。
  • プロフィール
HN:
Miki & Chie
性別:
女性
自己紹介:
シンガポールとペナンに住んで20数年、プラナカン協会会員です。ライター&コーディネート業務に携わっています。ご依頼・お問い合わせは下記ホームページからお願いいたします。
  • 便利ツール
私たちの本や参考図書をご紹介
  • 最新コメント
[10/02 Miki]
[10/02 Chie]
[02/05 Chie]
[02/02 wai]
[02/02 Miki]
  • ブログ内検索
  • カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
  • 最新トラックバック
  • バーコード
  • カウンター
  • アクセス解析
Copyright © マレー半島モンスーン寄稿 All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]