忍者ブログ
Admin*Write*Comment
マレー半島モンスーン寄稿
[202]  [201]  [200]  [198]  [197]  [196]  [195]  [194]  [193]  [192]  [191
先週からずっとマラッカにいたチエさんと平岡シェフが、急遽ペナンに飛んできました。なんかマラッカのあとKLに5泊滞在する予定だったのが、どうしてもペナン恋しさのあまりに、せめて1泊でも、と昨日バスでやってきてしまったのだそうです。もはや、チエさんや平岡シェフもペナンに移住するしかないですね!!

ニョニャ料理のお店Perut RumahやNyonya Breeze、そして海南料理のシンキャンアンなど、皆2人を見て「えええ、また来たの????」と嬉しい悲鳴を上げていました。

さて私の方は晴れて(ついに?)ペナン・ヘリテージ・トラスト(PHT)のメンバーとなり、昨日はジョージタウンで修復されたばかりのお屋敷見学ツアー参加となりました。PHTでは最近選挙があり、クー・サルマさんが会長になったばかりです。その秘書を務めるクレメント・リャンさんは私たちの2冊目の著書で「戦前ペナンの日本人社会」というコラムを寄稿された方です。

ペナン・ヘリテージ・トラストでは毎月一回こうしたお屋敷見学ツアーを企画しているそうです。メンバーでなくても参加はできますが、RM12ほど参加費が必要です。メンバーはRM5で、おやつや飲み物が付きます。

昨日見せていただいた家は、Hutton Laneにある、政府が修復したばかりのマレー/アラブ系のバンガローで、イスラム博物館などの建物と同じ建築様式のものです。



将来は博物館として使用する予定だとか。元々のオーナーは不明ですが、裕福なジャウィ・プラナカンや中国系が住んでいたお屋敷のようです。私の記憶では、Hutton Laneにはこのタイプのバンガローが他にも2軒ほどあると思います。

そのあとはセイロン通りにあるショップハウスを2軒。一軒目は若いローカル・カップルでタイル販売をやっているエイプリルさんのお宅。忠実に修復というわけではなく改装ですが、とてもセンスよくアンティーク家具などをあしらった素敵なお宅でした。


IMG_2514.jpg











エイプリルさんが扱っているタイルはこのようなフロアタイル。
アンティークではないですが、十分素敵です。


IMG_2511.jpg












ショップハウスには吹き抜けの中庭があるから こんなことも楽しめる


2軒目はなんと私の知り合いのお宅でした。ペナン・プラナカン協会でお世話になった方の妹さんがオーナーです。

この通りには素敵に改装した家が他にもありました。ペナンも確実に変わってきています。以前はジョージタウンのショップハウスは誰も見向きもしなかったため、かなり安く買うことが出来ましたが、今年あたりではRM700,000以上が相場です。しかもこういう古い家はまず床材などがシロアリなどで悪くなっていることが多いため、改装には結構お金がかかります。それでもシンガポールに比べたらずっと手が届きやすい価格ですが、駐車場の問題?幽霊つき?の心配もあり、こうした家を買うのはかなり勇気のいることでしょう。でも素敵ですね。

また来月のお屋敷訪問ツアーが楽しみです。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
文字色
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
  • はじめまして
momo 2009/12/13(Sun)14:28:21 編集
先週までマレーシアとシンガポールへ行っていました。マラッカのナンシーズで食事をしている時に、前に本でお顔を拝見した事がある方が!もしかして?チエさんでは?なんて思っていましたが・・・。帰ってきてこちらのサイトにお邪魔してもしかして本当にチエさんだったのではって思いました。私は今回プラナカンビーズを習ったりと充実した旅行となりました。勿論、こちらの本を片手に楽しみました。ありがとうございました。
  • 無題
Miki 2009/12/13(Sun)16:11:04 編集
Momoさん

こんにちは。マラッカは狭いので、おそらくどこかでチエさんとお会いされてると思いますが、私たち2人とも極力露出は避けているので馴染みのあるお顔ではないと思いますよ(笑)。でもプラナカンの著書では一ヵ所だけチエさん登場の写真はあります。
1人でも多くの読者の皆様がご旅行を楽しんでいただければとても嬉しいです。ありがとうございました。
  • 無題
Chie 2009/12/16(Wed)02:28:27 編集
momoさん

コメントをありがとうございました。
マラッカ、KL,ペナンと2カ月の間に、2度も往復し、先週帰国しました。
ナンシーにはクエを買いに行きました。きっと私だと思いますが、本に私の顔が露出したページはわずか1P.しかも、私とは知らせておりませんので、なんともお恥ずかしく不思議な気持ちです(笑)

ビーズを習われたとのこと、何よりです。
プラナカンのビーズは、本当にうっとりするほど美しいですよね。特に日本の方は、手先が器用な方が多いので上達がとても早いそうです。

今後ともどうか宜しくお願い申し上げます。
  • 無題
CHAPICA URL 2010/01/23(Sat)10:43:23 編集
はじめまして!
プラナカンを検索していてヒットして以来、時々のぞかせていただいております。本も読ませていただきました。
お屋敷見学ツアー、メンバーでなくても参加できるとのことですが、どのようにして申し込むことができるのでしょうか?
ご面倒でなければ教えていただきたく、宜しくお願い致します。
  • Chapicaさん
Miki 2010/01/23(Sat)18:44:23 編集
こんにちは。はじめまして。

もしかしてペナンでペットのサイトをやっているChapicaさんですか?私も犬を飼っているので時々参考にさせていただいているのですが・・・

ところでPHTのツアーですが、毎月メンバーにはお知らせが来るのですが、メンバーでない方はPHTの事務所の方に「今月のツアーは何を企画されているか?」などとメールしてみてください。今月はもう終わってしまったので、来月のツアーになると思います。
メール宛先はinfo@pht.org.myです。

ちなみにお屋敷訪問ツアーと申しましたが、文化遺産、歴史遺産と考えられるもの全般含まれますので、お屋敷だけではない場合もあるようです。たとえば今月はバリク・プラウの歴史を辿るツアーでした。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
  • ABOUT
プラナカンを中心に、シンガポール・マレーシアの話題をお届け。食べ物・旅行の話題が中心です。
  • プロフィール
HN:
Miki & Chie
性別:
女性
自己紹介:
シンガポールとペナンに住んで20数年、プラナカン協会会員です。ライター&コーディネート業務に携わっています。ご依頼・お問い合わせは下記ホームページからお願いいたします。
  • 便利ツール
私たちの本や参考図書をご紹介
  • 最新コメント
[06/21 hermes kelly bags fake]
[06/07 imitation bracelet cartier diamant]
[06/03 faux van cleef bague]
[05/31 replica van cleef clover necklace]
[05/31 montre rolex daytona 1992 replique]
  • ブログ内検索
  • カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
  • 最新トラックバック
  • バーコード
  • カウンター
  • アクセス解析
Copyright © マレー半島モンスーン寄稿 All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]