忍者ブログ
Admin*Write*Comment
マレー半島モンスーン寄稿
[200]  [198]  [197]  [196]  [195]  [194]  [193]  [192]  [191]  [190]  [189
今回は本に書ききれなかった麺をいくつか紹介します。

まず一杯22リンギットもする「32 ザ・マンション」の蟹のラクサ。

P1160448.jpg「32 ザ・マンション」は私たちの著書にある「お屋敷コレクション」に登場してもおかしくない由緒正しきペナンのコロニアル邸宅のひとつですが、誌面のスペース上、載せることができませんでした。(地図には載っています)

この屋敷はケンブリッジで学び、数々のビジネスを手掛けたペナンのセレブリティ一族、リョン・イン・キーンのために1926年ジョセフ・チャールス・ミラーが手掛けたもの。E&Oホテルから徒歩数分の海岸沿いにある薄ピンク色の豪奢なお屋敷です。

嬉しいことに近年レストランとして開放し、一般人もお屋敷の中を楽しめるようになりました。

パティオ風の部屋や、モダンに改装された部屋、かつてのお屋敷の雰囲気を存分に味わえる雰囲気のあるバーなど、それぞれ趣が異なる部屋に分かれており、すぐ横に海を望む屋外のテラス席は大人気のようです。

肝心のレストランのお料理は……というと、西洋料理を中心としたお味はまあまあといったところなのですが、メニューの一番最後にポツンと一品だけ記載してあるローカル料理「Crab Laksa」が抜群に美味しいのです。



お店の人に聞くとオーナー一族自慢の麺料理だそうで、クラブ・ラクサ専用のシェフがいるそうです。

普通魚でダシを取るペナン・ラクサですが、32ザ・マンションのものは、蟹肉からダシを取り、ドロリとした濃くのあるグレイビーの中にチャンクした蟹肉がぎっしり入っています。ほどよい甘味も全部蟹肉の甘味だそうで、リッチな風味に打ちのめされました。
このラクサはサイアミーズ・ラクサにヒントを得たものだそうで、ココナッツミルクとタマリンドが程よくブレンドされていました。

22リンギットという、ペナンの麺料理ではあり得ない高値ではありますが、雰囲気とともに味わう豪華な麺として大変オススメの逸品です。


P1160207.jpgお次はがらりと変わり、わずか3リンギットで食べられる美味しいホッケンミー(福建麺)の紹介です。
場所はロロン・スラマにある私たちの本でも紹介した有名なチャークエイティアオの店、興發茶室(カフェ・ヘンフゥア)の真ん前に出ている屋台。凝縮したエビのスープは日本人なら誰もが病みつきになる味。チャークエイティアオを注文した際、道路を横切りホッケンミーも注文してみましょう、運んできてくれますよ。屋台のオジチャンに美味しいね~と言ったら、何とスープを教えてくれ!と頼み込んできた日本人男性がいたそうです。









P1110147.jpgさて次は何とも不思議なレアものの麺「青麺」を紹介します。はっきり言ってこの麺は決して美味しいものではないのです。なぜ紹介するか?というと、はるか昔からペナンに伝わる福建人のお袋の味的存在の麺なのだよ、と地元の食通に教えてもらったからです。今、ペナンでこの麺を食べられるのはジャラン・ガドワラにある超ディープな「七條路南来ホーカーセンター」のみとのこと。味は、スープを吸い込んでプクプクにのびきった麺とでも言いましょうか、アルデンテ好きの日本人には受け入れがたい鍋底にこびりついた煮込みラーメン?といった感じなのですが、面白いのはスープが薄味だからか、醤油スープをタピオカで固めたものが中に入っています。さらに面白いのはよーく見るとタピオカの中に干しエビも入っているのです。
これを全部溶かして混ぜ混ぜにしたら、シンガポール・スタイルのホッケンミーのようになるかもしれませんね。イマイチ味がはっきりしないこの青麺ですが、昔を懐かしむオジチャンたちが1人ですすっている光景をいくつも見ました。こういう麺が残っているのもペナンの良さなんでしょうね~。

ちなみに「七條路南来ホーカーセンター」は美味しいものの宝庫です。私の大好きなサゴの炒めものや、ミキさんの好きな鴨のクエイティアオ・スープ麺やお汁粉系のデザートも充実。ニョニャ・クエも沢山ある市場を併設している地元密着型の活気あふれるホーカーです。

ただし、旅行客でも行きやすいプラウティクスやチョーラスタ・マーケットより、ずっとディープな場所にありますので、夕方日本人女性が1人で…というのはあまりオススメしません。行く場合はタクシーで乗り付けて、待っててもらうのが良い方法です。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
文字色
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
  • 無題
Miki 2009/11/21(Sat)11:29:32 編集
この屋台街のある辺りはちょっとガラが悪いですね。ダイヤモンド社から出す本でここを紹介するのは上級レベルすぎるので紹介は差し控えました。ホーカーセンターのイメージ写真では使いましたが。でも私が一番好きな屋台街かも。

この近くにかなり有名なホッケンミーのお店もあります(でも実はそこよりもおいしい屋台がちょっと行った先の暗い路上にある)。

青麺は伝統的な福建料理のお惣菜を売るおばちゃんが売ってるんでしたよね。鴨のクエイティヤオ屋の裏あたり。
  • 無題
Chie 2009/11/23(Mon)02:00:18 編集
ペナンは本当に「麺食い島」ですね。
探せば探すほど秘密にしたい美味しい麺が沢山あるはず。
私はすっかり「アサム・ラクサ」にはまりました。あとサイアミーズ・ラクサにも。

そういえば、七條路南来ホーカーで誰かさんは美味しいサゴ炒めを食いっぱぐれてましたね。
どうしてでしょう????
  • 無題
Nami 2009/11/26(Thu)22:23:29 編集
ペナンにお二人の新しい本を持参し、食い倒れてまいりました。
ありがとうございました。おかげさまでディープな旅ができました。
時々、懐かしいにおいが・・・ ドリアンでした。
  • Namiさま
Miki 2009/12/01(Tue)10:31:22 編集
現在著者両名ともたてこんでおりまして、返事おくれましたことお許しください。

本お買い上げありがとうございました。
ペナンの人たちにもここまでディープに紹介したのは画期的、とご好評いただいてます。でも本の製作時にはなかったお店、ちょっと本では紹介しにくい店も結構たくさんあり、そういうのはこちらのブログでアップしていければと思います。

これからも宜しくお願いいたします。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
  • ABOUT
プラナカンを中心に、シンガポール・マレーシアの話題をお届け。食べ物・旅行の話題が中心です。
  • プロフィール
HN:
Miki & Chie
性別:
女性
自己紹介:
シンガポールとペナンに住んで20数年、プラナカン協会会員です。ライター&コーディネート業務に携わっています。ご依頼・お問い合わせは下記ホームページからお願いいたします。
  • 便利ツール
私たちの本や参考図書をご紹介
  • 最新コメント
[10/02 Miki]
[10/02 Chie]
[09/04 van cleef rose gold necklace copy]
[02/05 Chie]
[02/02 wai]
  • ブログ内検索
  • カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
  • 最新トラックバック
  • バーコード
  • カウンター
  • アクセス解析
Copyright © マレー半島モンスーン寄稿 All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]