忍者ブログ
Admin*Write*Comment
マレー半島モンスーン寄稿
[194]  [193]  [192]  [191]  [190]  [189]  [188]  [187]  [186]  [185]  [184
ながらく、お待たせいたしました。

私たちの著書第2弾『マラッカ ペナン 世界遺産の街を歩く』が今週末10月31日に全国書店で発売されます。



あの「地球の歩き方」で最近売れ線となっている ビジュアル型旅の本「GEM STONE」シリーズ よりの刊行となります。ややガイドブック的な構成となっていますが、マラッカとペナンを歴史と文化などウンチクも入れつつ、ヘリテージをテーマに食べ歩き、買い物など遊びのページも入れた、読み応えたっぷりの街歩き案内となっています。

もちろん写真もたっぷり。今回は友人でもあるプロカメラマン阿部雄介氏の素敵な写真も満載です。
また、今回は私のイラストを入れたページも。プロのイラストレーターの方の挿絵もありますが、私のイラストはショップハウス解体図です。

また、今回はペナンの日本人コミュニティー研究家、クレメント・リャン氏や、
マレー語ペラペラ、マレー文化はもちろんイスラムやキリスト教にも精通されたマイサラ油井さんにコラム執筆をお願いしました。

今までのガイドブックでは焦点があてられなかったテーマ、またはきちんと取材して紹介されてこなかったテーマを盛り込んだ画期的な一冊と言えるでしょう。

マラッカ、ペナンへご旅行の際はもちろん、マレー半島の歴史、プラナカンやユーラシアンなどユニークなクレオール文化に興味のある方に、お役に立てればと思います。


地球の歩き方GEM STONE
マラッカ ペナン 世界遺産の街を歩く


著者: 丹保美紀、イワサキチエ
出版社: ダイヤモンド社 (2009/10/31)
ISBN-10: 4478070881
ISBN-13: 978-4478070888
発売日: 2009/10/31
価格:1,680円

地球の歩き方サイトでのご案内
http://blog.arukikata.co.jp/guidebook/i_books/archives/2009/09/r_07088-8.php

ダイヤモンド社サイトでのご案内
http://book.diamond.co.jp/cgi-bin/d3olp114cg?booktype=globe&isbn=4-478-07088-8


もちろんアマゾンでもご購入いただけます。
ご予約はこちらで→
(アマゾン広告バナーへどうぞ)
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
文字色
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
  • おめでとうございます。
岩田 弘志 URL 2009/10/27(Tue)20:54:18 編集
丹保さん、おめでとうございます。
昔シンガポール経済新聞向けに取材させて頂いた岩田です。今やマラッカ・ペナンは世界遺産ですね。
私も早くこの本を手に取ってじっくり眺めたいと思います。
  • 岩田様
Miki 2009/10/28(Wed)10:08:11 編集
岩田様

ありがとうございます。
世界遺産になった後も問題山積の二都です。世界遺産都市として訪れる旅行者の需要が増えれば、現地の意識も変わるかと思います。

シンガポール経済新聞の方は、日本語のシンガポールの情報源としては一番活用させていただいております。これからもがんばってください。
  • 早速買いました!
おひるねさん 2009/11/04(Wed)12:17:23 編集
MikiさんChieさん

待ちに待った2冊目の著書の出版、誠におめでとうございます!
昨日本屋さんで購入しました。

プラナカン・カラーの綺麗な表紙ですね!
中味は1冊目と少し趣きが違いますが、旅本として地図もありますし、この本1冊でマラッカ・ペナンの全てを知ることができる貴重な本だと思いました。見どころやグルメだけでなく、世界遺産の歴史にもしっかりふれているのが素晴らしいです。

またマレーシアに行きたくなってうずうずしています!
本当におめでとうございます。
これからも頑張ってください。
  • 無題
Miki 2009/11/04(Wed)16:36:56 編集
おひるねさん

いつもコメントありがとうございます。
それと本もお買い上げいただき、ありがとうございます。

おっしゃるとおり中味はデザインが前のものとはガラっと違っています。今回の本は実践編ということでご利用いただけたら、と著者ともども思っております。

ではこれからもどうぞよろしくお願い申し上げます。
  • 無題
Chie 2009/11/04(Wed)17:34:33 編集
おひるねさん

早速にお買い求めいただきましたそうで、ありがとうございました!

そう、今回の本は出版元が地球の歩き方ということもあり、よりガイドブック的要素が強くなっております。でも、内容は濃いものですので楽しんでいただけると思います。
本書を持参され、マレーシアの街歩きを楽しんでいただければ、著者としてこんなに嬉しいことはありません。

これからも宜しくお願いいたします。
  • 今読んでいます!
sugi URL 2009/11/10(Tue)21:32:10 編集
はじめまして!
他の事を検索していて偶然たどりつきました。
先日この本を購入したばかりです。
内容の濃さと写真の美しさにひかれて購入しましたが、
買ってから「美しき〜」と同じ著者の方と知り、
やっぱり・・・と納得した次第。
どちらも本当に素敵な本でお気に入りです!
10年前に1度マレーシアを旅しましたが
ペナンとマラッカは思いで深い街です。
そんな街が美しく紹介されていて、なつかしく、
そしてまた行きたくなりました。
紹介されているご飯屋さんは
どこも美味しそうですね〜。
  • Sugiさん
Miki 2009/11/11(Wed)10:10:13 編集
お買い上げありがとうございます。

今回の本は前のと比べるとデザインがイマイチですが、
実用的に使えるようにと作りました。
それに情報も他ではないものばかりと思います。

ご飯屋さんは私たちがきにいったところだけを紹介しています。主観的かもしれませんが、私たちのお薦めのお店です。是非この本を持ってマレーシアへ足を伸ばしてみてください。
  • 無題
Chie 2009/11/12(Thu)01:28:36 編集
Sugiさま

早速のお買い上げ、そしてコメントを頂戴し、大変うれしく存じます。

マラッカとペナンを中心に紹介した書は、他に類書が無く、私たちの最初のプラナカン本とともにご愛読いただけましたら幸いです。

今回の本はガイドブック的要素が強いので、10年ぶりにマレーシアの街歩きをされてみてはいかがでしょうか。

今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。
  • ニョニャ料理
katman 56 2009/12/05(Sat)00:40:42 編集
「マレー半島 美しきプラナカンの世界」 に続いて、「マラッカ 世界遺産の街を歩く ペナン」を購入・精読しました。今月末にペナンに出かけます。。後者の本で紹介されている3件のニョニャ料理の店では一人でも入れてくれるでしょうか?
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
  • ABOUT
プラナカンを中心に、シンガポール・マレーシアの話題をお届け。食べ物・旅行の話題が中心です。
  • プロフィール
HN:
Miki & Chie
性別:
女性
自己紹介:
シンガポールとペナンに住んで20数年、プラナカン協会会員です。ライター&コーディネート業務に携わっています。ご依頼・お問い合わせは下記ホームページからお願いいたします。
  • 便利ツール
私たちの本や参考図書をご紹介
  • 最新コメント
[09/04 van cleef rose gold necklace copy]
[02/05 Chie]
[02/02 wai]
[02/02 Miki]
[02/01 Chie]
  • ブログ内検索
  • カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
  • 最新トラックバック
  • バーコード
  • カウンター
  • アクセス解析
Copyright © マレー半島モンスーン寄稿 All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]