忍者ブログ
Admin*Write*Comment
マレー半島モンスーン寄稿
[1]  [2]  [3
旅先で食べ続けの長旅になると、時には肉や魚を離れて野菜をたっぷり補給したくなります。そんな時に心強いお店はベジタリアンの素食館。肉を食べない敬虔な仏教徒も多いシンガポールには美味しいお店が沢山あります。

お気に入りの素食館にはラクサなどのローカル料理あり、チャイニーズあり、マレー風あり、ニョニャまであり(もちろん一切肉は使用せず)姿形も工夫を凝らした料理とメニューを見ているだけで楽しくなってきます。


見て下さいこのお料理!どう見てもサテーですよね!!でも素食館ですから肉では無くグルテンや大豆ミートを使っています。香ばしい味も歯ごたえもまるで本物。
スパイスのきいたピーナッツソースも絶品でこれには本当に驚きました。


こちらはとんかつ風の料理。メニューにはクリスピーチキン載せロジャサラダとありましたが(笑)ソースがまったりと甘いのはロジャソースをかけているからですが、もちろん肉ではありません。

そしてこれはベジタリアン風チキンカリー。チキンの鳥肌まで模しています。 ここまでするなら肉を食べちゃえばいいじゃない!?と少し笑えてきます。そしてこちらはマスタードシードとナスがたっぷり入ったニョニャ風ベジタリアンカリー。 まったりと濃厚な味わいに、むしろ肉でなくても充分!と納得の美味でした。

こちらはニョニャの代表的な料理、アヤム(風)ブアクルア。 コクのあるグレイビーソースは立派なニョニャ料理に仕上がっていました。考えたらブラックナッツがたっぷりソースに溶けているのですから美味しくないはずがありません。

で、これはノーヒョン。 普通は叩いて細かくした豚肉に五香粉などで味を付け、湯葉で巻いて揚げた福建料理の代表的なものですが、これは大豆たんぱくの中に木クラゲやお米やお豆などが入りひき肉風に仕上げてあり、ぷちぷちとした食感が良いアクセントになっておりました。

ご覧のとおり、どのお料理も油をたっぷり使っていますし、決してヘルシーとは言い難い?かもしれないベジタリアン料理ですが、時に涙ぐましいほどの工夫とアイディアを感じさせてくれる楽しい食卓となるのです。

いつもお線香の香りが漂っているWaterloo Stに御利益で有名な観音寺がありますが、その参道にある東南亜観音素食館(なんとホテルも併設)は、お寺に願掛けをしたあとに素食を戴くというご信者様用でしょうか?素食系の中華料理以外に、焼き菓子(ラードなどを使用していない精進もの)が充実しています。

おすすめは、チャイナタウンのど真ん中、シンガポールのパワースポット「佛牙寺」を真横に見ながら食べる「Eight Treasures Vegetarian 」や、同じくチャイナタウンにある「Whole Earth Vegetarian」など、ニョニャやマレー系のユニークなメニューが揃っていていますよ。

*シンガポールのレストランは入れ変わりが激しいのでいらっしゃる方はサイトなどを見て確認してください。


PR
明日、9月30日は中秋の名月です。
台風通過中の日本では名月を愛でるのは難しいかもしれませんね。

シンガポールに住んでいた頃、中秋節近くになると町中が赤や金の飾りで彩られ、提灯が至るところにぶら下がり、四季の無い国でも何となく季節のうつろいを感じさせてくれました。

この日のために町中のお菓子屋さんや中国料理店では、1ヶ月前から月餅の販売合戦が始まり、それはそれは熾烈な競争を繰り広げていました。

柔らかい餅生地(Snow Skin)で包んだマンゴーやドリアン味の月餅はお馴染みになりましたが、寒天を使ったヘルシー月餅などの新作を毎年クリエイトする店、あくまでも伝統にこだわる店など、お客としては様々なチョイスができて嬉しいところです。

その中でもやはり「あの味が食べたい!!」と、いつもこの時期に思うのが、私たちのブログでも何度かご紹介したシンガポールのチャイナタウンにある老舗「大同餅家」の月餅です。

シンガポールの殆どのお店が、手間を省くため蓮や小豆の餡を外に発注し、生地だけ作って型ぬきをして焼いている中、大同餅家は今でも小豆はもちろん、蓮の実を炊いて餡を練り上げています。
代々伝わる自家製餡のマッタリと舌にトロける絶妙な甘さとテクスチャーが絶品の大同の月餅。
嬉しいことにシンガポールを旅した友人が買ってきてくれました!



昨年、長年働いていた職人さんが引退してしまい、味が変わったのではないか?と心配していましたが、そんな心配も吹き飛ぶ、濃厚かつすっきりした後口の大同の月餅は健在でした!

半分に切ると思わず溜め息がこぼれるほど大きな塩卵が2つ入った月餅がオススメです。甘さを引き立てる塩分が良いアクセントに。
ジャスミン茶と合わせたら最高の味でした。


月餅のころは行列ができる大同。スタッフ一同が店に寝泊まりし、朝から夜中まで月餅を作り続ける中、中華菓子作りの極意を学びに働かせていただいた日を懐かしく思います。忙しい中、大きな鍋をふるってご家族が作ってくれた賄い飯の美味しさは、生涯心に残る味のひとつです。

月餅の時期は限られていますが、ナツメグなどのスパイスをきかせた自家製のパイナップル餡を包んだニョニャ風パイナップル・タルトや、炭火で焼いたゴーフルことクエ・ブランダ(ラブレター)はお土産にも人気の逸品です。


「大同餅家」35 Mosque ST.(チャイナタウン)
今週の土曜日、5月12日から20日(日)までシンガポール映画祭が東京六本木シネマートで開催されます。




12日のオープニングには、新進気鋭のシンガポール人監督ロイストン・タン氏を囲んでのトークショーとシンガポール料理のディナーレセプションもあります。

実はシンガポールはインドのボリウッドとまではいきませんが、小さい国ながら国内制作の映画が盛んで、住んでいた時には頻繁に通いました。
これがなかなか興味深いものが多く、どうしてもっと世界に出ていかないのかなぁ~と思っていました。

様々な人種が暮らすシンガポールの中で、文化の違いとともに家族のあり方を描いた心をゆさぶられる涙の映画が沢山あり、
その中に社会の陰影のようなもの、社会情勢を反映しているものが多かったです。

またひとくちに中国系といっても福建省やら客家やら潮州、海南といった地方によってのキャラクターの違いなども面白く感じさせるものもありました。

久しぶりに聞くシンガポール独特の英語 「シングリッシュ」 を楽しみに、何日か足を運んでみようと思います。

そう、グレン・ゴーイ監督によるペナンのブルーマンションを舞台にした妖気漂う 映画 「青い館 The Blue Mansion」も上映されますよ!

詳しいスケジュールはwww.sintok.org までどうぞ。

Sintok 2012
シンガポール映画祭
Singapopre Film Festival Tokyo
シネマート六本木にて
☎03-5413-7711
港区六本木3-8-15
天空のプールで有名なシンガポールのマリーナベイ・サンズがTVコマーシャルに登場したこともあり、今年はあのホテルに行く!と猛暑の日本から旅発った友人が多かったこと~~。ビルのてっぺんにあるプール、風がびゅーびゅー吹いて泳げるのかな?と心配してしまいます。

さて、本日はマラッカの帰りに滞在したセントーサ島にあるカペラ・ホテルのハイティーがとても良かったのでご紹介したいと思います。



普段シンガポールでニョニャ菓子をいただく機会はホテルのビュッフェの片隅に色添えに並んでいる程度か、ローカルのお菓子屋さんで購入して食べるかで、美味しいお茶とともにきちんとした器で頂く機会が少ない気がしていました。
そんな中、プールサイド越しに海を臨むThe Knollsというダイニングのメニューにニョニャ風ハイティー(Sentosa Peranakan)を見つけた時は嬉しさもひとしお!早速ローカルの友人に連絡をし、2人で優雅に3時のお茶と相成りました。



The Knollsには2種類のハイティー・メニューがあり、ひとつはサーモンのサンドイッチやスコーン、プチフールなどの伝統的なアイテムを楽しむ「English Colonial(42ドル)」、もうひとつがプチフールの代わりにニョニャ菓子が食べられる「Sentosa Peranakan(40ドル)」です。2人でそれぞれを注文しようかと思いましたが、ひとつをシェアして充分とのことで、出てきたのがご覧の通り3段トレイに載った洗練されたニョニャ・クエとサンドイッチ。
ここはお茶のセレクションもユニークで素晴らしく、どれを選んでいいのか?迷うこと数十分。お店の人が懇切丁寧にひとつずつ説明をしてくれて、香りも試させてくれました。



この日のニョニャ・クエはクエダダ(パンダンリーフで色付けした緑色のクレープに、黒砂糖で煮込んだフレッシュココナッツを包んだもの)、ねっとりと香ばしいタピオカケーキ(芋ようかんとウイロウを足して2で割ったような懐かしい味がします)パンダンリーフで包んだアポン(ぷっくり焼かれたニョニャ風パンケーキ)、バナナと黒砂糖のカップケーキの4種類でした。どれもお洒落なホテルにふさわしい洗練された味わいです。聞くと全てホームメイドとのこと。作るのに手間暇かかるニョニャ・クエは、ホテルのビュッフェでも実はローカルから仕入れているところがほとんどですから、作りたてをいただけるのは嬉しいですね。
グラスに入ったデザートはサゴ・グラムラカ。ぷちぷちっとしたサゴに風味豊かな黒砂糖がたっぷり、その上を軽くホイップされた生クリームで覆っているところが進化系ニョニャ・スイーツでしょうか。
そして忘れてならないのが面白いサンドイッチの数々!ひとつはオタオタ(スパイシーな魚のペースト)が入ったサンドイッチ、もうひとつはサーディンが入った卵サンド。ハイティーに欠かせない伝統的なキュウカンバー・サンドもプラナカン風になると「サンバル・ティムーン風」にブラチャンがきいたスパイシーなキューカンバー・サンドイッチに様変わりします。
どれも工夫か凝らされており、とても楽しいハイティータイムを過ごしました。


鬱蒼たる緑の先に、遥かインドネシアの島々まで見渡せるカペラ・ホテル。
シンガポールまでいらしたら、是非足を運んでみて下さい。



●The Knolls
Capella Singapore
1, The Knolls Sentosa Island
+65-6377- 8888
www.capellasingapore.com

シンガポールではここ数年、ヴィレッジ系の飲食街が注目されています。

シンガポールはイギリス植民地として発展したところで、あちらこちらにコロニアルハウスや英軍関係の住宅地などが残っています。私が勝手につけてるだけなんですが、「ヴィレッジ系」というのは、こういった古い住宅地のコロニアルハウスを利用した飲食街を指しています。

もともと古くからあったのではホーランド・ヴィレッジが有名です。コロニアルハウスの街並ではありませんけど、この辺は古くから外国駐在員の多いエリアで、欧米人好みのブティックやレストランなどがあります。今でもホーランドヴィレッジは欧米人が多く出入りする繁華街ですが、これに続く「ヴィレッジ」がここ3〜4年ほかにも登場するようになりました。
写真はWessex Estateのもの


ブラック&ホワイトと呼ばれるコロニアルハウスの集まったロチェスター・パークにはグッドウッドパークホテルのミンジャンと行った大手の系列のレストランまでできています。このエリアがコマーシャライズされすぎてる、という声もあり、最近人気が傾き始めました。シンガポールは大手会社の経営だったり広告代理店がらみとか金に物言わせてる店が多すぎます。そういうのって、シンガポール人は好きでしょうが、欧米人とかはあまり好きではないのでは。もっとオーナーの個性が感じられるようなお店を求める人も多いのではないでしょうか。

その後に開発が進んだタングリン・ヴィレッジ(Dempsey Rd)は英軍バラックを再利用した家具店がもともと集まってたところにレストランがいっぱい入って充実しました。でもここも元から他のエリアで成功していた有名店がわんさと集まっているのが私はあまり気に入りません。有名なシーフード店までもが出来ていて興ざめです。

そういうのに飽きた人たちが今注目し始めたのがWessex Estateです。
ここもブラック&ホワイトのコロニアルハウスが集まったところですが、もと英軍宿舎だったため、アパート形式のコロニアルハウスが中心になっています。

 Colbarへ

で、ここにもイタリアンやチョコレート専門のカフェなど、お洒落な店ができているんですが、その中でユニークなのは、50年以上続いているという老舗、Colbarです。
IMG_0475.jpgIMG_0477.jpg















Colbar とは Colonial Barから来ているのだそうですが、もともとこの英軍宿舎村の社員食堂的な存在のお店だったのでしょう。ローカル料理もありますが、チキンチョップ、ポークチョップ、ステーキ、サンドイッチなどの英国人むけ料理がメニューに並んでいます。

お店そのものはレトロで私の好みにぴったりです。満点に近いかも。
50年の歴史もあるし、このシンガポールでなくなってはほしくないお店の一つ、とも言えると思います。
実際ここは高速道路の建設で用地を接収されたときになくなりかけたけど、このWessex Estate内にそのまま移築させたらしいです。

IMG_0487.jpgそう言う意味では伝説の老舗食堂、高評価する人もたくさんおり、人気もあってかなり繁盛しています。しかし、当地の掲示板で「過大評価しすぎでは?」という厳しい意見も上がっているとおり、私も食べ物に関してはひどいなあ、と思いました。値段も安くはないのです。

私たちは一応評判になっているチキンカリー($9)やポークカツレツ($12くらいだったか)などを頼んでみましたが、正直ろくでもないです。肉はバサバサだし、缶詰から出しただけのマッシュルームやベイクドビーンズが添えられているだけだったり、カリーも具が少し(ポテトが入ってない!と文句言ってた人もいた)で甘ったるいだけのカリー、なのにこの値段は、シンガポール人なら怒るでしょう(笑)。イギリス人家族とかは「Wow!」とか彼らお得意の大げさ表現を見せていましたが、「これでWowかよ」と冷めた目の私たち。

ジョホールのチキンチョップの方がずーっとおいしい!とは、うちの8歳の子供の弁ですよ。
大人2人で「うん!」とうなづいてしまいました。しかもジョホールなら半額以下の値段なのに。
で、翌日ジョホールに行ってしまった私たちです。


でも環境は素晴らしいのです。明るいオープンエアーのスペースもサンデーブランチなんかには理想でしょう。それにあのレトロな店構えを目の前にして、私には絶対に拒絶できない魅力があります。
カフェ代わりによる程度がいいのかな〜、と思いました。

しかしこのWessex Estateも実は現在大手企業が手がけるOne Northという開発の一部であり、アーティスト村を形成するために、アーティストを優先して入居させている住宅地です。つまり人工のアーティスト村なのです。その一部にレストランなどがオープンし、さらにギャラリーやスタジオなどがオープンしています。旧表参道同潤会アパートみたいな感じで、大半は居住用賃貸アパートになっていて、今入居希望者が70人待ちになっていると聞きました。

まだまだのどかな環境でタングリンほど「完成」はされていません。お店よりも「住む人」の方が多いからでしょう。でもこの状態がいいと思います。これがタングリンやホーランドビレッジなみにお店がせめぎあうような状態になったら悲しいです。それを心配している古くからの住人もいるのです。家賃も吊り上がっちゃいますしね。

Wessex Estate
http://www.one-north.sg/hubs_wessex.aspx

Colbar
9A Whitchurch Road
Tel: 6779 4859
シンガポールの日本語フリーペーパーで経済・ビジネス関連に特化した新聞『AsiaX』に
今月あたまに取材を受けまして、その記事が最新号138号(1月19日)に掲載されました。

シンガポールでのプラナカン大ブームも受けての特集記事でしたが、
ライターの方もシンガポールに長年お住まいの方で、シンガポールについての知識も十分おありでしたので、プラナカンについての説明も難なくすることができました。

プラナカンとは何か、どこで見られるのか、どこで料理が食べられるのか、などをわかりやすくまとめられています。シンガポール在住の方には是非ご一読をお薦めします。

個人的にうれしかったのは、ちゃんと話の出典も写真のクレジットもきちんと私たちの名前を掲載してくださっていること。
これまで明らかに私たちの本の文章を丸ごと使っているのに、出典にすら名前を出さない、しかも無断、そんな記事がいくつかありました。大手雑誌社の雑誌ですらそんなことがありました(しかも間違いだらけ)。
日本語に他に類書がないので参考にされるのは当然ですが、丸々同じ文章を無断で、というのは良心を疑います。
AsiaXさんのようにきちんと取材してくださればちゃんと説明いたします。

こういうきちんとした発行元なら今後もおつきあいしていきたいです。

記事はこちらからもご覧いただけます。
http://www.asiax.biz/life/culture/138b.html
ここのところすっかり涼しくなったシンガポール、チャイニーズ・ニューイヤーの到来です。
今年は1月26日が元旦となります。

家の壁や扉に飾る縁起文字。

チャイニーズニューイヤーの前はいつも涼しくなり、そしてニューイヤーが始まると暑くなる。これが毎年ほぼそうなるので、西暦のカレンダーよりも、中国式カレンダーの方が正しいのでは?って思うのです。
ただ最近はニューイヤーが始まっても涼しいことが続く年もあります。

中国系の人にとって、1月1日はお正月ではありません。単なる祝日です。
日本のガイドブックなどでは「旧正月」と紹介されていますが、彼らにとっては「旧」なんかではないのです。さらにインド系やマレー系などさまざまな民族がいるシンガポールやマレーシアでは他の民族のそれぞれの正月と区別するために、「チャイニーズ・ニューイヤー」と呼ぶのです。


写真)正月飾りに使う造花。キンカンみたいな柑橘類の植木もよく売れる。黄色い実が金貨のようで縁起がよいとされる。ちなみに食べられません。

さて、中国系のお正月はとにかく赤、赤、赤です。
元旦には赤い服を着るのを良しとされます。中には赤い下着を身につける人もいるくらいです。
反対に黒い服は縁起が悪いとし、着ていくと嫌がられます。さらに、元旦には着古した服ではなく、おろしたばかりの新しい服を着るものとされています。
また、うるさくない家では赤に近い色を着るとか、赤をどこかに取り入れる、でも許されます。また、赤に代わる縁起のいい色として黄色もよく使われます。

年賀状にあたるニューイヤー・カードも真っ赤っかなものが大半で、正月飾りも赤だらけ。
アンパオと呼ばれるお年玉入れも真っ赤っかなものばかりです。お年玉は本当に縁起だけのものなので、2ドル冊などが1枚、なんてのも普通です。おじいちゃんから孫へ、なんてのは50ドルくらい包みますが、こちらでは正月挨拶に渡すのが礼儀なので、それほど親しい間柄でなければ2ドルで十分なのです。
なお、こちらではお年玉をもらえるのは、未婚の人すべて。30過ぎなのに未婚だからといってもらっている人もよくいます。反対に結婚した人はいくら若くてもその年からお年玉を配らなくてはなりません。
ただ、とにかく日本のお年玉に比べれば、他愛ないものです。

街中には正月飾りを売る店、露店が増えます。こんな感じ。


正月用の縁起物としてミカン、ポメローなどがスーパーに溢れるほか、客人に振る舞われるのはクッキーなどの菓子類にナッツ、ポークジャーキーなど、さっとつまめるものです。
おせち料理的なものは出身地別でも異なりますが、客人に振る舞う場合はあまり聞いたことがなく、家族で食べるだけです。ローストポークやローストダック、それに高級食材のアワビ、干し貝柱、魚の胃袋などの乾物も飛ぶように売れます。福建系の家ではローストポークの残りなどとこれらの乾物を併せたうま煮みたいな料理を良く作りますね。また広東式で「魚生」という刺身と千切り野菜のサラダみたいなものも今ではごく一般的に広く正月料理として家族で食べられています。

正月菓子を売る露店

我が家はあまり伝統的なことはしない家ですが、まあクッキーくらいは焼いておきます。市販のはまずいので。あと去年ご紹介した大同餅店のラブレターというお菓子はもう予約して確保しました。あとは正月当日は私毎年親戚一同に期待されてまして、ニョニャ料理を作ることになっています。今年は何を作るかなあ。
  • ABOUT
プラナカンを中心に、シンガポール・マレーシアの話題をお届け。食べ物・旅行の話題が中心です。
  • プロフィール
HN:
Miki & Chie
性別:
女性
自己紹介:
シンガポールとペナンに住んで20数年、プラナカン協会会員です。ライター&コーディネート業務に携わっています。ご依頼・お問い合わせは下記ホームページからお願いいたします。
  • 便利ツール
私たちの本や参考図書をご紹介
  • 最新コメント
[06/21 hermes kelly bags fake]
[06/07 imitation bracelet cartier diamant]
[06/03 faux van cleef bague]
[05/31 replica van cleef clover necklace]
[05/31 montre rolex daytona 1992 replique]
  • ブログ内検索
  • カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
  • 最新トラックバック
  • バーコード
  • カウンター
  • アクセス解析
Copyright © マレー半島モンスーン寄稿 All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]