忍者ブログ
Admin*Write*Comment
マレー半島モンスーン寄稿
[169]  [168]  [167]  [166]  [165]  [164]  [163]  [162]  [161]  [160]  [159
マレーシアは紅茶の産地でもありますが、コーヒーもとてもポピュラーです。
地元の人たちは紅茶よりもコーヒーの方を自慢に思っているほどです。

日本のものと比べると繊細さに欠けるのですが、でもおいしい店でだす濃くてコクのある味が好きになる日本人も少なくありません。このようなマレーシアやシンガポールのローカル・コーヒーはコーヒー豆(ロブスタ種)を砂糖とマーガリンを加えて煎っており、独特の風味とコクがあります。コーヒー豆屋さんで見ると一目瞭然です。ローカル・コーヒーはてかてかと光っています。

イポー・コーヒーはそんなマレーシアでも特に有名です。
とくに有名なのがイポー・ホワイトコーヒー。ホワイトコーヒーといえばイポー。
これはチャイニーズ・カプチーノ、とも言われていて、ミルクたっぷりのマイルドで濃厚な味がウケてます。ちゃんと泡立っちゃったりしてます。 しかし、ホワイトコーヒーというのは、本来はカプチーノ風のものを指すのではなく、煎るときに砂糖を使わないため色が薄くなった豆のことなんだとか。一説にはマーガリンも使わないとか、使っても少量だとか。ブレンドは企業秘密ですから、どれが本当だかわかりません。とにかく豆の色が薄いのをホワイトコーヒーと呼ぶというのは確かのようです。

そう、こちらではホワイトコーヒーでなくても、コピ(コーヒーでも通じる)と頼んで出てくるのは、すでにコンデンスミルク&砂糖入りのコーヒーです。最初から入ってるんです。ミルクが入ってるからホワイトコーヒーになるのではありません。

ちなみにマレーシア&シンガポールのコーヒー オーダー編豆知識:
コンデンスミルクを入れないのはコピ・オー(Kopi O)と呼びます。
オーというのは福建語で「烏」、黒いという意味。
コンデンスミルクでなくエバミルク入りはコピ・シー(Kopi C)。
カーネーションミルクの「C」なんです(ブランド名が定着して)。
砂糖もコンデンスミルクも入れない本当のブラックはコピ・オー・コソンと言います。
で、アイスで飲みたい場合は、最後に「アイス」とつければ大丈夫。福建語で「ペン」とも言いますが、日本語発音では通じないので、「アイス」にしとけば無難です。
それから砂糖少なめ、と言いたいときはマレー語で「グラマニス」というか福建語「シュータイ」とつけます。英語がわかる人なら「レス・シュガー」で大丈夫ですけどね。しかしペナンでは「シュータイ」とはいわず、「チア」といいます。
コピ・ペン・チア、つまり、コンデンスミルク入りコーヒーのアイス、砂糖少なめ。

ちょっとややこしいんですが、慣れると上記の言い方の方が使いやすいです。

133ef541.jpegさて、イポーのオールドタウンエリアには古くからのコーヒーショップが残っています。さらにチェーン店を展開して成功しているのOldtown Coffeeという、マレーシア版スタバがあるのです。以前にもマレーシアには地元発スタバ風カフェ・チェーンはありましたが、ただのスタバの猿真似でユニークさはありません。しかしOldtownはマレーシアらしさ、イポーらしさを全面に出し、しかもブランディング化でインテリアなどもユニークでセンスがよいのです。今ではマレーシアのあちこちにあります(マラッカにも)ので、是非一度足を運んでみてください。私のおすすめはホワイトコーヒーのアイス、です。イポー名物の料理も一応メニューに揃ってます。


で、本場イポーのOldtownを試そうと、ホテル近所のショッピングモールをあたってみたのですが、無く、似たような感じのファ−ストフード風カフェがありましたので入ってみましたら、アイスコーヒーは美味しかった(ホットは濃すぎた)し、料理もとってもおいしいのです。私たちはカリーミー(カレー麺)とミースワ(麺線)入りハーバルスープを頼んでみたのですが、こんなカジュアルな店でこのクオリティーはすごくない!? と一同感心するレベルなんです。あの食の都と呼ばれるペナンですら、ショッピングモールのお店なんかではろくなもの食べられませんよ?

ホテルから徒歩で8分くらいのところに、グリーンタウンというニュータウンの繁華街があります。シンガポールでいったらホーランドビレッジ風とでもいいますか、こぎれいな繁華街でレストランやホーカーセンターがいくつもあります。ここにOldtownがありました。ホーカーセンターで食い過ぎの私たちはOldtownでは食べ物はトライできませんでしたが、おいしいアイスコーヒーでホッと一息。

オールドタウンのホームページ
http://www.oldtown.com.my/

IMG_0379.jpgまたそのOldtown発祥の店? 関連があるのかちょっとわからなくなってきましたが、Nam Heong 南香という老舗コピティアムにも行ってみました。左の写真がそこのホワイトコーヒー&アイスホワイトコーヒーです。
ここではチャークエイティヤオもおいしいのだとか。

で、ここは激戦区でして、その向かいにはもっと評判のよい(?)コピティアム Sun Yuan Loong 新源隆 というお店もあります。とにかくここは満席で、それを嫌がる地元ッ子もいるようですが。で、ここのお隣のお店にもまぎらわしい名前でSun Yuan Foong 新源豊 というのがあり、地元の人おすすめで連れて行かれたことがあります。実はここが本家だそうでLoongの方はのれん分けなのだとか(?)。ここには1人日本語のできるおじさんがいて麺を売ってます。

なのでこのエリアに来たら、コーヒー3軒はしごしないとなりません!
しかも食べ物も充実していますから、お腹をすかして行かないとダメ!
私は新源隆ではコーヒー豆をおみやげに買いました。本当に香り高くて、スーツケース中がコーヒーの香りになってしまいました。 このコーヒー激戦区はオールドタウンのJalan Bandar Timahという通りにあります。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
文字色
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
  • 無題
Chie 2009/03/22(Sun)17:34:08 編集
ミルク・コーヒーが好きな人にはたまらない味です。
しっかりしたコクと苦味がありながら、クリーミーなミルクの優しい味が絶妙な加減で混ざり合っており(きっとそれが各店の企業秘密)病みつきになります。
それぞれのお店で微妙に違う味を楽しみながら、コーヒー店のハシゴができるのも、イポーならでは。

これにイポー名物「カスタード」(プリンのこと!)が加われば、もう言う事なしの完璧な組み合わせです。

いつの日か、イポー・グルメマップを作りたいくらいですね。 
  • 無題
Miki 2009/03/23(Mon)10:08:27 編集
すごく濃いのに、苦みはそれほどでもないですよね。
マレーシアに行くといつも「濃くておいしいなあ」って思うことが多いです。
シンガポールでは「薄いな〜、香りもしないし」ってところばかりになりました。まずおいしいのに出会った試しがない。
  • 無題
Reiko 2009/03/25(Wed)19:39:04 編集
お久しぶりです♪
MikiさんとJBで飲んだホワイトコーヒーの味が
忘れられません><
香りも良く、苦味と甘みが絶妙のバランスでしたね★
しかし、母に追加で頼んだコーヒーは
未だにもらってません・・・
もしかして独り占めしてくれないつもりかも?!

今度はイポーのコーヒーも飲んでみたいッス^^
  • Mr
レネ 2009/04/10(Fri)17:58:54 編集
はじめまして、ペナン出身のレネと申します。
現在横浜で働いていますが。このサイトを読んだら、なんとなく感動されました。地元のことをそこまで詳しくて紹介されてるのが思わなかったです。このサイトを絶対日本の知り合いに勧めます。

頑張ってください!
  • レネさん
Miki 2009/04/10(Fri)23:20:06 編集
ペナンには友達もたくさんいます。
ペナンを知ってからSingaporeのChar Kway Teow食べられなくなりました。本当に。
ペナンの食べ物恋しいでしょう?日本のChinese FoodはとってもJapanese styleですからね。
またメールくださいね。ペナンのおいしいもの、紹介してください。
  • Home Theater Projector Tweaks Tips
GrierbSwire 2012/03/19(Mon)02:05:22 編集
When considering a house theater, most people think about large flat-screen televisions. However, there's a segment of the populace utilizing a video projector rather than a tv. The projector has greatly high level from their beginning of grainy projection to supply viewers with a bright and clear picture. When you have a projector, there are specific items that can enhance your viewing experience. Room Size Projectors are wonderful for larger rooms because they can offer a pleasant distance for a laser beam to be thrown. The thing you'll need to think about is whether you have the best projector for the area size. If the projector isn't powerful enough for a sizable room (or too powerful for a little room) you will eventually lose a number of your display quality. Sometimes this is often fixed by hanging the projector from the ceiling in a bigger room to obtain it nearer to your screen. Also, many projectors permit you to lower the intensity to pay for an area being too small. Ambient Light Ambient light may also cause issues with a house projector. If your house theater doubles as your loved ones room, it’s likely that you have windows that let in light throughout the day. This might maybe not cause issues through the night, but watching a video in the daytime may cause the picture to appear faded and a little blurry (you lose definition). To repair this, you need to focus on your brightness setting on the projector it self. To over come the light, slowly boost the intensity before you can obviously begin to see the picture. Make sure to turn this back for nighttime viewing. Also, only allow it to be as bright since it must be, not to wash out the picture. Video Connections Connections also need to do with the caliber of the video. When purchasing a projector, you will need to ensure that you get one which enables you to connect your video components to discover the best possible quality. To begin, you will need to ensure that your projector at the very least comes with component inputs, rather than composite cable (which has yellow connectors at both ends). Also, some projectors are beginning to make the most of hd and also have HDMI inputs.

<BR>



Resource:<a href=http://www.best-home-theater-projector.net/articles/home-theater-projector-tweaks-tips/>Home Theater Projector Tweaks Tips</a>
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
  • ABOUT
プラナカンを中心に、シンガポール・マレーシアの話題をお届け。食べ物・旅行の話題が中心です。
  • プロフィール
HN:
Miki & Chie
性別:
女性
自己紹介:
シンガポールとペナンに住んで20数年、プラナカン協会会員です。ライター&コーディネート業務に携わっています。ご依頼・お問い合わせは下記ホームページからお願いいたします。
  • 便利ツール
私たちの本や参考図書をご紹介
  • 最新コメント
[09/04 van cleef rose gold necklace copy]
[02/05 Chie]
[02/02 wai]
[02/02 Miki]
[02/01 Chie]
  • ブログ内検索
  • カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
  • 最新トラックバック
  • バーコード
  • カウンター
  • アクセス解析
Copyright © マレー半島モンスーン寄稿 All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]