忍者ブログ
Admin*Write*Comment
マレー半島モンスーン寄稿
[166]  [165]  [164]  [163]  [162]  [161]  [160]  [159]  [158]  [157]  [156
今回もマラッカは灼熱の太陽がダイレクトに肌を刺す暑さでした。

街中のコーヒーショップで冷たいチェンドルをつるり!もいいですが、ふかふかのソファーにうずもれながら、昼下がりの優雅なハイティーで、ちょっと贅沢してみるのもいいですね。

マラッカでハイティーするなら、一番優美なコロニアル・ホテル『ザ・マジェスティック・マラッカ』がおすすめです。

IMG_0123.jpgマレーシアの紅茶と言えば、キャメロンハイランドのBOHティーが有名ですが、ここではそのBOHティーの中でもクオリティーの高いゴールドブレンドはもちろん、パッションフルーツやマンゴーやライム&ジンジャーといったエキゾチックなフレイバーもの、クローブやカルダモン、シナモンなどのスパイスをきかせたものなど、様々な種類の中から選ぶことができます。
もちろんコーヒーもOK。

花柄の三段トレイでサーブされるアフタヌーンティーは、下から作りたてのサンドイッチ(具はキュウリや卵、ツナやサーモンやチーズなど)と、スコ−ン(プレーンとレーズン入りの2種)。


真ん中のお皿はチキンナゲットやミニ春巻きと言った揚げ物、一番上のお皿はチョコレートケーキや一口大のフルーツタルトなど、彩りのあざやかなケーキが3種類並ぶボリュームたっぷりのアフタヌーンティーです。
もちろんスコ−ンのために、自家製のストロベリージャムやクリームがたっぷり添えられています。

スコ−ンはシンプルな焼き菓子ですが、その分なかなか美味しいものに出会えないのが現実。
でもこちらでは、かつて英国植民地だったからでしょうか、かなり本格的な、サクッとして中はしっとりとしたおいしいスコ−ンをいただけます。

アフタヌーンティーの時間は午後3時〜6時まで(毎日)で、お値段はRM48(税・サービス別)。
一階のロビーラウンジや屋外のガゼボでもできますが、私たちのお薦めはアーチ型の窓から柔らかな日射しが降り注ぐライブラリー・ルームです。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
文字色
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
  • 無題
おひるねさん 2009/03/21(Sat)00:26:19 編集
久しぶりです。

もしかしたらミキさんたちと同じ頃でしょうか?シンガポールに住む友人がマラッカ1泊の旅をし、こちらのホテルでアフタヌーン・ティーをしたところ、とても良かった!と言ってました。シンガポールでも色々なホテルでアフタヌーン・ティーができるそうですが、こちらはレベルが高かったとのこと。シンガポールはニョニャのテレビ・ドラマの影響か?プラナカンがブームらしいですね。
その舞台となったお屋敷とやらを、私も是非訪ねてみたいです。
  • 無題
Miki 2009/03/21(Sat)11:41:05 編集
おひるねさん

こんにちは!
スコーンなんか結構本格的でよかったですよ。
お茶もおいしかったし。悪くないと思います。
マラッカでたまにちょっと贅沢してみたいときにはいいですね。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
  • ABOUT
プラナカンを中心に、シンガポール・マレーシアの話題をお届け。食べ物・旅行の話題が中心です。
  • プロフィール
HN:
Miki & Chie
性別:
女性
自己紹介:
シンガポールとペナンに住んで20数年、プラナカン協会会員です。ライター&コーディネート業務に携わっています。ご依頼・お問い合わせは下記ホームページからお願いいたします。
  • 便利ツール
私たちの本や参考図書をご紹介
  • 最新コメント
[10/02 Miki]
[10/02 Chie]
[09/04 van cleef rose gold necklace copy]
[02/05 Chie]
[02/02 wai]
  • ブログ内検索
  • カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
  • 最新トラックバック
  • バーコード
  • カウンター
  • アクセス解析
Copyright © マレー半島モンスーン寄稿 All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]