忍者ブログ
Admin*Write*Comment
マレー半島モンスーン寄稿
[168]  [167]  [166]  [165]  [164]  [163]  [162]  [161]  [160]  [159]  [158
ついに念願のイポー食べ歩きを敢行してまいりました〜。

食べ歩きが一番の目的でもありますが、コロニアルシティの面影を残すイポーは街歩きも楽しみでありました。

首都クアラルンプールから陸路2〜3時間で来られるイポーはペラック州の州都で、住民の多くは広東系や客家系の華人、そしてインド系も結構多いです。イポーは錫鉱山で繁栄した街なので、労働力として集まった華人やインド系が多いのです。

イポーは鉱山がたくさんあるように、キンタ・バレーと呼ばれる盆地に位置し、周囲を奇怪な形をした山に囲まれ、鍾乳洞もたくさんあり、中国の桂林のような風光明媚な土地です。で、鍾乳石のおかげで水がおいしい。

ちょっと見にくいですが山の様子がわかるかと


水がおいしいと、コーヒーもおいしい。もやしも何だかぷっくり育つ。そしてイポー名物のつるつる麺、ホーファンがおいしい!しかも中国人の中でもグルメで知られる広東人が多いのだから鬼に金棒!食のレベルの高さははっきりいってマレーシア随一といっても過言ではないでしょう!!

IMG_0384.jpgそんなイポーのもうひとつ感心する点は、街が整然としていること。

キンタ・リバーを挟んでオールドタウンとニュータウンと分かれているのですが(私的にはニュータウン側も古いと思うけど)、錫鉱山のブームが去った街ですから、マラッカみたいに廃墟化した家も少なくはありません。しかし何だか街は整然としてしていて、あまりゴチャゴチャしてないので歩きやすい方だと思います。






ホテルから見えたミッション系スクール



オールドタウンには白亜の壮麗なコロニアル建築がたくさん残っています。イポー駅の駅舎なんて圧巻です。

一方、ニュータウンもグリーンタウンあたりのちょっと高級な住宅街あたりには素敵なコロニアル・ヴィラが残っていたり立派なおうちがあったり、美しい椰子の木の並木道があったりして、「シンガポールの高級住宅地みたい!」なところもあるんです。

私たちは今回はSyuen Hotelに滞在しました。食べ歩きにも比較的便利なロケーションで、すぐ向かいには大きなイポー・パレードというショッピングモールもあります。料金はプロモーションでスーペリアRM189、デラックスRM238でした(朝食付き)。スーペリアも間取りは同じで広々してましたが、窓がないも同然で暗く、冷蔵庫がついていません。4つ星ホテルでこの内容は驚きでしたが、デラックスは快適でした。

Syuen Hotelのそばにはもっとカジュアルなエクセルシオール(いたって簡素な部屋で老朽化しているが冷蔵庫などの設備は整ってる、RM138〜)、新しくオープンしたタワー・リージェンシーというホテルがもう少し都心から離れたところに出来てます。イポー駅のマジェスティックは改装もされず相変わらずオンボロでした。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
文字色
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
  • 無題
Chie 2009/03/21(Sat)19:21:20 編集
白亜の建物が並ぶ美しさ、ノスタルジアをかき立てられる旧市街の街並み、チャイナタウンが大きくなったような古いショップハウスが延々と続く街は、本当にマレーシアで一番!と言えるほどお料理が美味しい。

物価も安くて治安も良くて風光明媚とあれば、ペナンからロングステイの人が移り住んで来るのも分かります。
街角のどんなお店で食べてもフォーファンは絹のようになめらか。蝦麺の濃厚なスープは一口味わっただけで虜となります。客家雷茶のおいしいお店、お洒落なバンガローを改造したB&Bでの西洋料理もなかなか。
食後には甘くてジューシーなポメロにむしゃぶりつく!

あっ、バクアの美味しいお店もありましたね。
思い出すだけでヨダレが・・・・・・・

鍾乳洞の観光も楽しいし、こんなに素敵な街が知られていないのは本当に残念です。

また近いうちに是非とも足を延ばしたいものです。

ちなみにキャメロン・ハイランドへの新しい道路が整備され、イポーから車で1時間くらいの距離だそうですよ。
  • イポー名物
フロリアンチッチ URL 2009/03/22(Sun)09:31:14 編集
こんにちは!
イポーも行かれたんですねぇ。
鍾乳石でおいしい水、おいしい水でおいしいコーヒーともやし、とは。なるほど、です。どちらもとてもおいしかった。でもホーファンは食べそこねました。残念!
イポーの町、建物はボロくなっているのも多かったですが、怪しい感じはなく、比較的のんびりゆっくり歩ける町だったなぁ、と思います。
私はエクセルシオール滞在だったので、写真もなんだか懐かしいです。ちなみにエクセルシオールは部屋は簡素だけど清潔で設備は揃っていて不便ないですが、エアコンがとても寒かったです。
  • フロリアンチッチさん
Miki 2009/03/22(Sun)12:54:13 編集
こんにちは!

フロリアンチッチさんもイポーいらしたことあるんですよね。私たちはこれが2回目です。

エクセルシオールはとても便利なロケーションだと思います。エアコン調整できませんでしたか?

ペナンが歩きにくいということを痛感している私たち(ペナンに限ったことじゃない。マラッカもかなり歩きにくい)からすると、イポーは歩きやすいなあ、と思いますよね。

私の写真(食べ物関連)を見て、今一家でヨダレたらしています・・・。
  • イポーのステーション・ホテル
Chie 2009/03/22(Sun)17:25:49 編集
Majesticステーション・ホテル、
相変わらず・・・というか、さらに老朽化が進んでいましたね。

わざわざ3部屋も開けさせて、チェックした私たちもスゴイもんですが、、建物は素晴らしいのに、あの朽ちつつある部屋はないですよね~~~~もったいない!
  • 無題
Akko 2009/03/22(Sun)17:39:02 編集
こんにちは、お久しぶりです。

イポーステーションホテルは改装されていないんですね。

ラットの「タウン・ボーイ」での最後の駅での別れのシーンに憧れて1泊だけしました。もう17年も前の事ですが。

手動(だったかな?)のリフト、古くてだだっ広い部屋…いかにも`出そう(笑)`な雰囲気にビビりつつもマレー鉄道の北上の旅のいいアクセントになりました。

今度はゆっくり、食を目当てに行ってみたいですね。
  • 無題
Miki 2009/03/23(Mon)12:03:28 編集
Akkoさん

17年も前だとすると、マジェスティックもまだ状態がましだったのでは?

あのリフトは元々手動式だと思いますけど、とにかく私たちの知る限りではいつも故障中です。乗れた試しがありません。

3部屋も開けさせたのに、どれもベッドが3つも入っていてぎゅうぎゅうでした。前はテーブルにアームチェアーとか置いてあって、ゆったりしてたのに。

どうも修学旅行生の利用が多いみたいなので(以前は中2階だけが大部屋でした)、3階も大勢で泊まれる部屋を増やしているのかも。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
  • ABOUT
プラナカンを中心に、シンガポール・マレーシアの話題をお届け。食べ物・旅行の話題が中心です。
  • プロフィール
HN:
Miki & Chie
性別:
女性
自己紹介:
シンガポールとペナンに住んで20数年、プラナカン協会会員です。ライター&コーディネート業務に携わっています。ご依頼・お問い合わせは下記ホームページからお願いいたします。
  • 便利ツール
私たちの本や参考図書をご紹介
  • 最新コメント
[02/05 Chie]
[02/02 wai]
[02/02 Miki]
[02/01 Chie]
[12/28 Chie]
  • ブログ内検索
  • カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
  • 最新トラックバック
  • バーコード
  • カウンター
  • アクセス解析
Copyright © マレー半島モンスーン寄稿 All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]