忍者ブログ
Admin*Write*Comment
マレー半島モンスーン寄稿
[107]  [106]  [105]  [104]  [103]  [102]  [101]  [100]  [99]  [98]  [97
前にもお伝えしたことがありますが、プラナカン博物館の他に、一応今年の8月ごろにババハウスというのがオープンすることになっています。

この話が決まってからすぐの頃、約3年前ですか、修復工事が始まる前のお屋敷に見学に連れていってもらったことがあるのです。

私は霊感というものはないのですが、しきりに「いるよ、いる」と言うヤツが約1名。蝙蝠が住みついた屋敷内は薄暗く、シロアリで老朽化した床が抜けやすいから注意して、といわれて恐る恐る中を見学。
なんだか私も気のせいか、肩の辺りがずっしりと重く感じられ、どっと疲れてその場を去ったのを覚えています。

で、「ここは出る」という話が私たちだけでなく、プラナカンの一部でちょっと噂になったりして。オープンがこれほどまでに遅れているのはそのせいかもね、とかいう声もあり・・・。
でも、この間行った感じでは、もう大分中はきれいになっており、そんな雰囲気はなくなっていましたけどね。

ま、それはよしとして、プラナカンのとあるお年寄りの方とその話をしていたとき、とても興味深い話を聞きました。私としては、霊感ゼロなので幽霊についてはいまだ半信半疑なのですが、

その方が言うには、一時自分が住んでいた家がそうだった、と。それで毎晩悩まされていたそうで、悪意に満ちた幽霊の恐ろしい顔までをも見たらしいのですが、ある晩「自分はもう財産もなくて、他に行くところがない。こんなに惨めな境遇なんです。これまでも自分はさんざん辛い目にあってきた、お願いだから、私を可哀相だと思ってここに住まわせておくれ。」と涙ながらにお願いしたというのです。そうしたらその日から幽霊は敵意を無くし、平和に暮らせるようになったのだとか。
で、そんなある朝、目を覚まして家の外に出たら、玄関先に自分の所有物がいくつかまとめて置いてあるのだそうです。絶対にそんなところにあるはずもないものが。何だろうと思って、家の中を調べてみたら、・・・・・・あきらかに泥棒が入った形跡があるのだそうです。

想像がつきましたか?
幽霊は深夜に入った泥棒を脅して自分を守ってくれた、泥棒は恐ろしくて荷物を置いて逃げてったのだ、というのです。

その方は最後に、「幽霊とは仲良く共存すればいいのよ」とおっしゃいました。
なんだかほのぼのとするお話ではないですか。

さて、シンガポールも小さい国ながらにいろいろと心霊スポットと言われる場所があります。
有名なのは旧チャンギ・バラックや旧チャンギ・ホスピタル、旧フォード社自動車工場跡、セント・ジョーンズ島あたりでしょうか。

中でもよくあるのが日本軍による侵略に関係した話で、ここに憲兵隊の本部があったとか、
ここでたくさんの人が拷問されて殺されたとか、とくに軍の施設内でそんな話がよくあるそうです。

知人が以前住んでいたところもそうで、以前はその方も大変羽振りがよく、とある場所にとても広い屋敷を建てたらしいのですが、移り住んでたった2年の間にこの家で身内から3人も死人が出て、会社経営も傾いてしまったそう。で、結局この家を出たのだそうですが、今でもこの家は残っていて、後に入居した人たち、やはり会社経営者などや白人ファミリーだったそうですが、会社が倒産したりして逃げるように出た、と。

で、しかも、ここの家だけでなく、その辺一帯の家(小高い丘になっていてすぐ裏はジャングル)は皆どこも同じような目にあっているのだとか。
皆が口々に言うのは、この丘で日本軍による虐殺があった、ということ。

やはり悲惨な死に方をした霊との共存は、いくらなんでも無理ですね・・・。

世界の心霊スポット研究家には、シンガポールはアジア有数の心霊スポット・シティと言う人もいるのだそうです。こちらで観光ガイドをしている方から聞いたのですが、とある有名ショッピングセンターはもともと墓地だったところで、霊にたたられないように、とあるものをお墓の形にデザインして造り、さらにロウソクがわりに見立てたとあるものを並べて建ててあるのだそうです。あまり言うとわかっちゃうので・・・

シンガポールのいろんな建物は風水はもちろん、そうした除霊や悪い気から守る役割を果たすようデザインされているのだそうです。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
文字色
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
  • 無題
Chie 2008/04/10(Thu)18:52:35 編集
「いるよいるよ!」と騒いだのはこの私ですが、身震いが止まらないというか、BabaHouseはファサードからして足が止まったまま動けなくなる「ホーンテッド・マンション」の趣でした。

シンガポールは「感じる」人間にとっては大変な場所で、セントーサ島の下には今でも沢山の遺骨が・・・・と言われていますし、実はゴルフ場もあなどれない。
オーチャードの高島屋の地下からラッキープラザ方面に抜ける地下道、これも身震いする霊感スポットでした。

私の住んでいた高島屋裏の丘の上にあるアパートの目の前が、これまた有名なお化けマンションで、立地が良いにもかかわらず、1人去り2人去り・・・そのうち住人がいなくなり、週単位で住めるウイークリー・アパートメントとしてリニューアルしたものの、即クローズ。結局は取り壊しとなりました。

我が家はそのアパートの前を通らなくてはならなかったのですが、その前の坂でしょっちゅう携帯電話の電源が切れる(Onにしているのに)、後ろから髪の毛を引っ張られること度々でした。
その裏にはモスリムの広大な無縁墓地もあり、これまた手付かずのまま。

シンガポールは緑が多くて綺麗な場所と言われますが、深い緑の奥には・・・・・・

以前、夜中に心霊スポットを見に行く、、、とかいうローカルのツアーが催されたとこがあるそうですが、こういうのには絶対に参加しないことです。
  • 無題
Akko 2008/04/11(Fri)18:17:37 編集
こんにちは。

以前チキンライスボールの記事でコメントをさせて頂いた者です。いつも楽しく、大変興味深く拝見させて頂いています。

食べ物と同じぐらいこの類の話が好き(笑)なんです。

私が住んでいたイーストコースト地区は、古いお屋敷も多くこういった話はよく聞きました。

友人にお父さんがイスラム教の先生をしている人がいて、「あのお屋敷には`お祓い`に行くんだけど、強い霊がいるから絶対に近寄ってはいけない」と言われた、見るからに「出そう」な、昼間でも薄暗い家があったり。

高島屋ウラのアパートの話もよく聞きました。

B...kという巨大HDB群のとある棟はこういった噂で全く人が住まなくなった、とか..。

ただでさえ狭い国土を開発していこうとすると、土地利用として効率の悪いお墓等はすぐ埋め立てられてしまうんでしょうね。
  • 無題
Chie 2008/04/12(Sat)00:19:12 編集
Akkoさん

いつもブログを見てくださり、ありがとうございます!!
以前EastCoastにお住まいだったんですね。
あのあたりも古いお屋敷が多いですよね~~
インド人の大富豪?だかが建てて廃墟のまま残っているGRAND HOTELとか怖いですよね。住居にしたら最高の立地なのに、なぜか今も手付かずのまま。。。外から見るだけで身の毛がよだちます。窓に打ち付けられた板がなんとも痛々しく霊を封じ込めているかのようで、、、

戦時下のEAST COASTの砂浜の写真を見せてもらったことがあるのですが、山のように詰まれた骸骨を埋めている写真でギョ!!っとしました。
今やシーフード・センターと化し、観光客で賑わうあたりも微妙な場所でしょうか。海岸線の公園に点在する公衆トイレのひとつが強烈な心霊スポットと聞きました。
カランにある大きなマンションP・Bもお化けが出る棟があるとかで、、、
  • 無題
Miki 2008/04/12(Sat)10:17:32 編集
Akkoさん、

イスラムで除霊なのですか、面白いですね。
私Discovery ChannelのHautedシリーズが好きでよく見るのですが、除霊というかエクソシズムですか、あれは必ずカソリックの神父がやるらしいですが、他の宗派・宗教ではダメなんでしょうか(笑)?

あとシンガポールの団地は結構墓地をつぶして立てているところが多いのでは。うちの姑の墓も強制撤去させられました。舅がその横に自分用の墓も購入していましたが、これらの墓の購入費の補償すらありません。自分たちでお墓を掘り起こして、仏様を火葬場へ持っていて焼いてもらいましたがすべてこちらもちです。子孫に掘り起こしてもらえなかったお墓はどうなったのでしょうね。
  • すごい話ですねぇ・・・・
Chie 2008/04/14(Mon)02:05:48 編集
Mikiさん

お墓を掘り起こして遺体を焼いてもらって、新たなお墓に葬ったなんて、、、
それは客家の供養のスタイルと同じようですが、でもねぇ・・・・子孫がいたから良かったけど、いない人たちはそのまま上にマンションでしょ、、、
それは出ますよ~~~~
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
  • ABOUT
プラナカンを中心に、シンガポール・マレーシアの話題をお届け。食べ物・旅行の話題が中心です。
  • プロフィール
HN:
Miki & Chie
性別:
女性
自己紹介:
シンガポールとペナンに住んで20数年、プラナカン協会会員です。ライター&コーディネート業務に携わっています。ご依頼・お問い合わせは下記ホームページからお願いいたします。
  • 便利ツール
私たちの本や参考図書をご紹介
  • 最新コメント
[09/04 van cleef rose gold necklace copy]
[02/05 Chie]
[02/02 wai]
[02/02 Miki]
[02/01 Chie]
  • ブログ内検索
  • カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
  • 最新トラックバック
  • バーコード
  • カウンター
  • アクセス解析
Copyright © マレー半島モンスーン寄稿 All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]