忍者ブログ
Admin*Write*Comment
マレー半島モンスーン寄稿
[103]  [102]  [101]  [100]  [99]  [98]  [97]  [96]  [95]  [94]  [93
娘のスクールホリディを利用して家族でタイの南部ハジャイ、そしてサトゥン県のリペ島へ行ってきました。
タイのハジャイへはシンガポールからも直行バスが出ており、夜行で13時間の旅 。大変長く聞こえますが、夜7時にバスに乗り込み、寝て起きれば翌朝はタイ国境、ですから、神経質な人でない限りは便利な方法です。バスは3列シートの快適なものです。

いつも旅行をする前は数種類のガイドブック、インターネットで細かく調べてから行くのが私の常ですが、ハジャイに関しては情報が少なく、ネットでもほとんど使えるものは見つかりませんでした。タイのハジャイはマレーシアやシンガポール人には人気の高い歓楽地ですが、西欧からの旅行者には「行く必要なし。マレーシア人御用達の街」とまで言われています。この街はパタヤのような歓楽地で、ハジャイといえば売春です。しかし、ハジャイには信仰を集める仏教寺院もあり、安い買い物が楽しめるので、マレーシアやシンガポールの中国系の女性たちにも人気があるのです。それが、2、3年前にイスラム教徒による爆弾テロや暴動などが起きて客足が途絶えているようです。

タイ南部はイスラム教徒の多い土地で、マレー語も少しは通じます。しかし、マレーシアと違うなと感じたのは、ここの人たちの商売熱心さ。さすがタイだな、と思いますが、やはり中国系の人たちが多いからでしょう。道ばたで髪飾り一つ買うのにも、タイ語で延々と「それ可愛い。お嬢ちゃんによく似合うわね。これとあわせると素敵よ・・・・」みたいなことをずーっと笑顔でしゃべり続けているのです。ああ、これがマレーシアやシンガポールにはないよな、と思いました。とても感じの良い人だったので、2つ3つ買ってやりました。

ちなみに、シンガポールやマレーシアからバスで来ると、ほとんどの場合が市内の旅行代理店の真ん前で降ろされるようです。そしてすぐに旅行代理店の中へ入るよう勧められます。帰りのバスチケットを買っておけとか、ツアーがあるぞ、とか、売り込みが始まります。ネットの情報で、「ハジャイのホテルは現地の旅行代理店でバウチャーを買った方が安い」とあったので、私たちはそこの旅行代理店でホテルバウチャーを買いました。本当に安かった。あらゆるサイトのオンライン予約の値段では1200バーツ のホテルがなんと800バーツ。ただ、旅行代理店の付近で客引きする人もいますが、そういうのはインチキらしいです。

P1010199.jpgリペ島というのはタイのタルタオ国立公園の中にあり、マレーシアのランカウイ島とは目と鼻の先なのに、透明度の高い海水と美しい珊瑚礁の島です。ランカウイ島からもスピードボートが出ており、1時間で到着します。私たちはハジャイに1泊し、ハジャイからサトゥン県にあるパクバラという港まで行って、ボートに乗りました。




リペ島

この島にはチャオレイと呼ばれる海のジプシー、原住民が住んでおり、そのため、この島だけは国立公園内の例外として禁漁ではなく、リゾートなど宿泊施設を作るのが許されているのです。ペナンの友人には「あんたよくそんな辺鄙なとこ行くね。電気が24時間使えないんだってよ」と脅されましたが、行ってみたら、騒々しいこと極まりなし。白人が山のようにわんさかいるのです(観光客の90%以上が白人)。穏やかでのんびりとしたマレーシアの島々に慣れていた私は、正直がっかりしました。しかも、ここはイスラム教徒の島だというのに、白人たちは平気でトップレスを楽しんでいます。ローカルの人々を無視した、その傲慢な態度には非常に腹がたちました。もし私たちアジア人が欧米で彼らのマナーに違反したら、どうなるでしょう?
 
とても小さな島なので、島民たちの住む村もすぐそばにあります。電気は通っていますが、村の暮らしはかなり原始的なもので、ドアも鍵もない開け放し状態のトタンでたてた粗末な家屋が並んでいました。年配の女たちはサロン一枚を身にまとっているだけです。こんなところに突然たくさんの白人旅行者が押し寄せているのです。金銭感覚は狂うでしょう。ハジャイの2〜3倍の物価、しかもそのクオリティーはハジャイの半分もありません。これでは計算高いタイ人や中国系は来ませんね。島と陸の街を比べても仕方ないのですが、たった100メートル程度の沖の艀から島へオンボロボートで送ってもらうのにも、街で乗るエアコン付きタクシーの数倍の値段を取られるのですから、どういうものでしょうか。それでも定員をはるかに上回る数の白人たちをぎっしり載せた危険なボートが毎日たくさんやって来るのです。この島はちょっと異様です。

でも風光明媚な美しい島であることは確かです。マレーシアの東海岸では見られない美しい珊瑚や魚も見られました。今は熱にうかされているのでしょう。もう少し落ち着いたら、再度行ってみたいです。
P1010207.jpg←唯一おいしかったのが、このパンケーキ。
マレーシアのロティチャナイ、シンガポールのロティプラターと同じ生地です。これと同じものをプーケットやバンコクでも食べたことがあります。
マレーシアなどではカレーで食べるか、せいぜい砂糖をまぶすくらいですが、タイでは果物などを入れて甘いデザート風にも食べます。これはチョコ&バナナ。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
文字色
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
  • 無題
Chie 2008/03/28(Fri)17:45:47 編集
Mikiさん

お疲れさまでした。
写真で見ると、とてつもなく綺麗な海ですね☆
しかし、この島にいる白人さんたち、いったいどこから来ているのでしょう??バンコクやKLに駐在の人??
でも、それでトップレス!???日本人がこんなことやったら叩かれますよね。

ロティ・プラタ、大好物でシンガポールに行くと必ず食べます。プラタの命はカリー味のソースですが、バナナプラタもおいしい、ペーパープラタも美味!砂糖を振っただけのプラタもいける!!
要するに、西洋のガレット感覚で食べるのがプラタでしょうか。素材こそ違いますが、作り方はほぼ同じですものね。
  • 無題
Nelly 2008/03/29(Sat)01:45:11 編集
久しぶりのブログと思ったら旅行中だったのですね。
そちらからだと、ちょっと足を延ばしてマレーシア、夢のようです。
しかもバスで・・・・・
  • 無題
Miki 2008/03/29(Sat)10:59:32 編集
さすがチエさん、
うまいこと言う!
そう、ガレット感覚ですよね、タイでは。

この島のこの店では30種類くらいありましたよ。ハムとチーズ入りなんてのはすでにアジアの食べ物ではなく、朝食にもぴったりでした。

この島に来ている白人はほとんどがヨーロッパからの長期旅行者です。北欧の人も少なくありません。駐在員もいなくはないですね。でもペナンの駐在員などは「人が多すぎて嫌だ」というオランダ人もいました。

Nellyさん

すみません。遊んでました。
でも、しっかりと南部タイの様子も見学するつもりで行きました。
市場でニョニャやマレーの菓子として有名なオンデオンデを見つけました。屋台でその場で作りながら売っているオンデオンデはできたてホヤホヤで、なかなかそんなの食べられませんよ。マレーシアのと違ってパンダンでグリーンに色づけせず、ニョニャ菓子のようにバタフライピーの花でちょこっと青い色を入れてました。見た目はイマイチでしたが、弾力性が強くておいしかったです。
多くの人が中国系で、市場でタイ語が出来ずに困っていると、福建語で通訳してくれるおばちゃんが出現したりして(わからないっつーの!)。潮州系のおばさんにおいしい店を教えてもらったりと、チャイニーズはこれだから心強い!
  • 無題
Chie 2008/03/30(Sun)00:50:38 編集
Mikiさん

オンデ・オンデといえばパンダンリーフで色付けしたグリーンのイメージしかありませんでしたが、青いポッチを入れた可愛らしいオンデ・オンデもあるんですね。
さすがタイだなぁ・・・・・
今度、写真だけでもブログに載せてください。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
  • ABOUT
プラナカンを中心に、シンガポール・マレーシアの話題をお届け。食べ物・旅行の話題が中心です。
  • プロフィール
HN:
Miki & Chie
性別:
女性
自己紹介:
シンガポールとペナンに住んで20数年、プラナカン協会会員です。ライター&コーディネート業務に携わっています。ご依頼・お問い合わせは下記ホームページからお願いいたします。
  • 便利ツール
私たちの本や参考図書をご紹介
  • 最新コメント
[06/21 hermes kelly bags fake]
[06/07 imitation bracelet cartier diamant]
[06/03 faux van cleef bague]
[05/31 replica van cleef clover necklace]
[05/31 montre rolex daytona 1992 replique]
  • ブログ内検索
  • カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
  • 最新トラックバック
  • バーコード
  • カウンター
  • アクセス解析
Copyright © マレー半島モンスーン寄稿 All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]