忍者ブログ
Admin*Write*Comment
マレー半島モンスーン寄稿
[86]  [85]  [84]  [83]  [82]  [81]  [80]  [79]  [78]  [77]  [76
私たちの本でも紹介しているシンガポールのニョニャ料理店、プラマカン PeraMakan が移転してしまいました。
現在の住所/連絡先はこのとおり:
Level 3, Keppel Club, 10 Bukit Chermin Road, Singapore 109918
Tel: +65 6375 5563
Email: peramakan2@yahoo.com.sg

もう〜〜、前回のブログでも書きましたが、シンガポールはホントに移転が多くて困ります!

このお店はカトン地区のJoo Chiat Rdにあったんですが、それで私たちの本では
カトン歩きのページで紹介していたんですが。
まあ、カトンは他にもたくさんニョニャ料理店があり、
老舗のGuan Hoe Soonなどもお勧めですので、カトン歩きの際はそちらでお食事されては
どうでしょうか。この店はプラナカンではなく、プラナカンの家で働いていた
海南人コックのファミリーが経営しています。
エビのチリソース炒めのSambal Udang、ニョニャ料理の最高峰、チキンのブラックナッツ煮込みのAyam Buah Keluakからデザートまで、ニョニャ料理入門にはおすすめの店です。
Guan Hoe Soon
24 Joo Chiat Rd
Tel: 6344-2761 定休:火曜日

プラマカンの移転先はケッペルクラブという古い由緒あるゴルフクラブで、
ちょうどセントーサ島の対岸あたりにあります。
景色のいいところなので、観光がてらに寄って見るといいですよ。
アクセスはタクシーのみになります。

これで移転しまった店はCasa Bom Vento とIntanに続いて3軒目です。
(以前ブログでお知らせしています)
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
文字色
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
  • 無題
Chie 2008/01/11(Fri)02:35:16 編集
シンガポールのカトンエリアはレンタルも高く、出て行くところが多いようですね。
PeraMakanがカトンで食べられないとは残念です。
セントーサにカジノができるのを見越しての移転でしょうか。
でも、同じJooChiatにある老舗
「Guan Hoe Soon」も良いですよね。真面目に丁寧に作ってあると思います。
以前PeraMakanが無いころは、私の友人がGuan Hoe Soonの味が好きで通いつめていました。

黒蜜の入ってないオンデ・オンデを出したり、メニューに載っている料理が無いものずくしで、結局高い料理ばかり勧められるEast Coast Rdに面した偽者のニョニャ料理店よりはずっとましです。
  • 無題
Miki 2008/01/11(Fri)10:19:58 編集
そのニョニャ料理店、今クローズしてるんですが(ざまー見ろと思っていた人も多いのだが・・・)、なんと都心部に移転するんですって。都心部なので何も知らない外国人旅行者などがだまされるのかと思うと残念ですね。うちの読者には行ってほしくないです。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
  • ABOUT
プラナカンを中心に、シンガポール・マレーシアの話題をお届け。食べ物・旅行の話題が中心です。
  • プロフィール
HN:
Miki & Chie
性別:
女性
自己紹介:
シンガポールとペナンに住んで20数年、プラナカン協会会員です。ライター&コーディネート業務に携わっています。ご依頼・お問い合わせは下記ホームページからお願いいたします。
  • 便利ツール
私たちの本や参考図書をご紹介
  • 最新コメント
[06/21 hermes kelly bags fake]
[06/07 imitation bracelet cartier diamant]
[06/03 faux van cleef bague]
[05/31 replica van cleef clover necklace]
[05/31 montre rolex daytona 1992 replique]
  • ブログ内検索
  • カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
  • 最新トラックバック
  • バーコード
  • カウンター
  • アクセス解析
Copyright © マレー半島モンスーン寄稿 All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]