忍者ブログ
Admin*Write*Comment
マレー半島モンスーン寄稿
[83]  [82]  [81]  [80]  [79]  [78]  [77]  [76]  [75]  [74]  [73
しばしブログをご無沙汰してしまいました。

今、シンガポールより著者がお里帰り中にて、2人でBatikの撮影で大変お世話になったBatik研究家のお宅へお邪魔してきました。

DH000054.jpg以前ブログでも紹介した「ジャワ更紗の旅 Batik」という素晴らしい本の著者でもあり、Batikの研究集団クンプルを代表する城田杏子さん。彼女も以前シンガポールにお住まいの経験があるシンガポール通、シンガポール滞在期にバティックと出会い、のめりこんだとか。そんな彼女のご自宅は、一部屋まるごとBatikの収納庫となっており、クローゼットにもぎっしり年代物のBatikが詰まっていました。全部を拝見するには数日かかりそうなほどお宝の山でした。 

どれを拝見させていただこうか・・・と大変迷いましたが、やはりプラナカンといえばプカロンガンのもの。

まず最初に、本にも登場したレアものの作家、オランダ系混血女性「エリザ・ファン・ツァイレン(Eliza van Zuylen)」のサイン入り、フェミニンな花束模様の腰衣(サロン)をもう一度じっくり見せてもらうことにしました。

エリザ・ファン・ツァイレンといえば、ヨーロッパのフラワーアレンジメントをヒントに描いたブケタン(Buketan)とよばれる花束模様の第一人者で、貴重な作家でもあるため偽者のサインも出回るツァイレンですが、もちろん城田さんのものは正真正銘の本物。 

20世紀半ばに描かれたこのサロンは、ブルーと淡いピンクに染められ、大輪のバラと小さな花からなる約1メートルにもなる大きな花束が実に鮮明に、緻密な技法で描かれています。ブケタンはヨーロッパ系混血女性のBatik工房で生まれたもので、ジャワ島北岸を代表する模様となっています 

城田さん曰く、この工房で描かれるBatikの特徴は、花びら一枚一枚の描写が花びらの輪郭に沿ってわずか0・数ミリの「縦線」を描く点描により埋め尽くされていること。微妙な曲線を描く花びらの輪郭にも非常に高度なテクニックを要するそうです。

なるほど、じっくり近づいて見ると目がくらみそうなほど細かい点描です。

周りを飛び交う鳥や蝶たちは実にしなやかに、伸びやかな曲線で描かれているのも特徴だそうです。ちなみに中国系の工房で作られる緻密な技法には「横線」の点描が多いとか。 

小さな部分をひとつ取っても、それぞれに特徴があり実に奥が深いBatikの世界です。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
文字色
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
  • 無題
Miki 2007/12/26(Wed)19:48:47 編集
城田さんのバティックをゲットする旅のお話とか面白かったですね。バリに行く日本人はいくらでもいますが、その他のインドネシアへ旅行に行く日本人は少なく、実際に治安のことを考えると気楽に旅行できるような土地ではないのですが、城田さんたちがインドネシア各地を探検して、何でもなさそうな古びた店で埃まみれになって思わぬ逸品をゲットするお話など、とても興味津々で伺いました。私もそういうの大好きです!
  • 無題
bashy 2007/12/28(Fri)02:15:04 編集
miki-chan
nihon ni maji kaette kiteruno?
usso-! aitai!
isogashiino?
bashi ha hikkoshite ima kanagawa ken no
kawasaki shi,eki ha odakyu sen no
kakio toiutokoroni imasu.
tokorode,kono blog ni watashi ga coment suru to sungoi mojibake site doushitemo nihon-go ga utemasen.mac no hurui katachi niha taiou shitenaitoka?
keitai no bango ha onaji desu,nihon ni itara renraku choudai.
yoi otoshi wo!
  • 写真のBatik は・・・・・
Chie 2007/12/28(Fri)02:57:50 編集
ちなみにブログで紹介した写真のBatikはエリザ・ファン・ツァイレンのものではなく、同じブケタン(花束)模様でも、萩や桔梗・女郎花など日本の秋の花をモチーフとしたものらしく、プラナカンの中年女性が着用したサロンだそうです。

ブケタンと言えば大輪のバラやボタンといった、華やかな柄が多いですが、日本のキモノを思わせる楚々とした模様のサロンもとっても素敵でした。

この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
  • ABOUT
プラナカンを中心に、シンガポール・マレーシアの話題をお届け。食べ物・旅行の話題が中心です。
  • プロフィール
HN:
Miki & Chie
性別:
女性
自己紹介:
シンガポールとペナンに住んで20数年、プラナカン協会会員です。ライター&コーディネート業務に携わっています。ご依頼・お問い合わせは下記ホームページからお願いいたします。
  • 便利ツール
私たちの本や参考図書をご紹介
  • 最新コメント
[06/21 hermes kelly bags fake]
[06/07 imitation bracelet cartier diamant]
[06/03 faux van cleef bague]
[05/31 replica van cleef clover necklace]
[05/31 montre rolex daytona 1992 replique]
  • ブログ内検索
  • カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
  • 最新トラックバック
  • バーコード
  • カウンター
  • アクセス解析
Copyright © マレー半島モンスーン寄稿 All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]