忍者ブログ
Admin*Write*Comment
マレー半島モンスーン寄稿
[89]  [88]  [87]  [86]  [85]  [84]  [83]  [82]  [81]  [80]  [79
チエさんがシンガポールにやってきました。本の出版にご協力いただいたプラナカンの方たちへのお礼と挨拶というのが建前ですが、本当の目的は「うまいものめぐり」ですね。

そして先週木曜日から5日間マラッカに2人で行ってきました。
自分で言うのもなんですが、もちろんマラッカのほんのちょびっと、ごくごく一部の人たちなんですけど、私たちはヒーレン・ストリートあたりではちょっとした顔になってしまっており、あちこちの家から声がかかるのでへたに歩けない、予定外のお誘いがバンバン入ってしまい、予定していたことがまったくできなくなりました。中国正月前ですので、本当は皆さん一番忙しいさなかなのです。それなのに早朝からたたき起こされ、一日中引っ張り回されます。中国正月のカードを出しに郵便局に行く暇すらありません。
IMG_6605.jpg















↑正月前で赤くライトアップされたヒーレンSt

とくにババ・ニョニャ・ヘリテージ博物館のオーナーのチャン・キムレイ氏は私たちから慣れ慣れしく「おじいちゃん」と呼ばれても大喜び、おじいちゃんはいろんなところに連れていってくれるのですが、行く先々で「この2人が本を出してくれたんだよ」と孫のように自慢して歩いてました。

それから、いつもとても良くしてくださるオン・ファミリーの家には、私たちの本を読んでマラッカに行かれたN.Nさんの写真が今でもとってもとっても大切そうに飾られていました。N.N.さんはへたにポラロイド写真などをあげてきたのがまずかったですね。あれからさらに十数組日本人が来たよ、と言ってましたが、多分来る日本人全員にその写真を見せているような気がします。
この家に来るや否や、そこの家の息子に「もうすぐMikiが来るような気がするってばあちゃんが言ってたんだよ!」と大喜びで言われ、これほど喜ばれてしまうと、本当に申し訳なくなりますね。まさに「うるるん」です。

あとメールをくださったM村さん、バンオンのおやじさんにも本を渡して参りました。こちらも親子揃ってM村さんがいらっしゃったことを嬉しそうに話していました。ありがとうございました。

チエさんはあと4日ほどシンガポールに滞在されます。私はたまっていた仕事を片付けなくてはならず、今日はパスで、明日はシンガポール・プラナカン協会の会長Lee Kip Lee氏にご挨拶申し上げる予定です。

のちほど、マラッカで新規に見つけたおいしい料理をご紹介します。今回はニョニャ料理ばかりでなく、いろいろ食べ歩きました。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
文字色
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
  • 無題
bashy 2008/01/30(Wed)16:20:57 編集
MIKIちゃん、うちの妹がこの本を本屋で見て、あまりに美しい装丁だから手に取って見てみた、と言ってました。
すばらしい仕事ですね。
ほんとにすごい!
  • 無題
Miki 2008/01/31(Thu)10:04:09 編集
Bashyも今度行きませんか?
化石のような街、家、人がいっぱいです。

マレーシアはマレー系でない人種のものはほとんどプロモートする気がないので、観光客には全然しられていない穴場がいっぱいあるのです。

プラナカンはまだ財力が半端じゃない家がたくさんあるのでいいのですが、その他のマイノリティーは衰退の一途をたどっています。

しかしプラナカンですら日の目を浴びる人たちはほんの一握り、政府に見捨てられたような人たち、場所をたくさん本で紹介したので、地元の人たちからこのような歓迎を受けているんですね。
  • 無題
N.N 2008/01/31(Thu)14:25:10 編集
mikiさん、chieさん

昨年はありがとうございました!N.Nです。
ブログ楽しみに読んでいます。

オンさん、写真飾ってくれてたんですね・・・ハハハ!皆さんの顔を懐かしく思い出しました。
なかなか個性的なファミリーでしたが(笑)また会いに行きたいな~

私たちの旅が終わっても、マレーシアで出会った人たちがあの日差しの中で変わらず暮らしていると思うと、なんだかホッコリ嬉しくなります。
次回は是非パサマランにも寄ってみたいものです。

この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
  • ABOUT
プラナカンを中心に、シンガポール・マレーシアの話題をお届け。食べ物・旅行の話題が中心です。
  • プロフィール
HN:
Miki & Chie
性別:
女性
自己紹介:
シンガポールとペナンに住んで20数年、プラナカン協会会員です。ライター&コーディネート業務に携わっています。ご依頼・お問い合わせは下記ホームページからお願いいたします。
  • 便利ツール
私たちの本や参考図書をご紹介
  • 最新コメント
[09/04 van cleef rose gold necklace copy]
[02/05 Chie]
[02/02 wai]
[02/02 Miki]
[02/01 Chie]
  • ブログ内検索
  • カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
  • 最新トラックバック
  • バーコード
  • カウンター
  • アクセス解析
Copyright © マレー半島モンスーン寄稿 All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]