忍者ブログ
Admin*Write*Comment
マレー半島モンスーン寄稿
[391]  [390]  [389]  [388]  [387]  [386]  [385]  [384]  [383]  [382]  [381

Muar(ムアー)といえばマラッカからマラッカ海峡沿いに車で1時間くらい南下したところにある港町ですが、ムアーの名前を有名にしているのは、マレーシア好きなら誰もが知っている名物料理のオタオタ。そんなムアー名物がマラッカで食べられるのがこちらのお店です。

プラナカンご夫妻のお気に入りのランチ場所でもあります。
 
外観はものすご~くそっけない地味なお店でしたが、ランチをとうに過ぎた時間でもお客様が次々と入ってきます。

こちらがムアー名物のオタ。

屋台などで売られているオタとは違うこの厚さ。中には魚の切り身がゴロゴロ、フレッシュなハーブに、ほどよくきいたスパイスと魚のムースが一体化して、これはもうファインダイニングでも出せる立派な魚料理です。Mikiさんも平岡シェフも唸りながら食べておりました。

こちらがもうひとつの名物イカン・アサム・プダス。
魚は丸ごとか、切り身の部位などが選べるようになっていました。    
ふっくらとした身のお魚は名前を忘れましたが鮮度の良さがひとくちでわかります。
アサム(タマリンド)のソースも酸っぱすぎず辛すぎず、さらりとしながらも独特のコクがあって、ご飯にかけながら食べると止まりません。

この痩せ細った平べったい魚はドラゴンフィッシュとかドラゴン・タン・フィッシュとかいわれている魚の唐揚げです。
この名前で調べてみると、あのアロワナなんかも出てきてしまいます(笑)聞くとこれも名物のひとつだそうで、味はカマスやキスのようなさっぱり系の香ばしい白身魚で、ダークソイをつけて食べましたが、これはあまりにも身が少ない。。。。

もうひとつ、こちらも名物だというシンプルなフライドエッグ。
   
どうしたら卵がこんなウロコ状になるのか?と思わず平岡シェフに作り方を聞いてしまいましたが、大量の油の中でシャッフルするのがポイントでした。脂っこいもの好きのChieにはたまらない病みつきになるお味です。
 サイドディシュはもやしの塩魚炒め。

ほんのり塩魚の風味が加わったシャキシャキのもやし炒めは私たちの大好物。お店にあると必ずオーダーしてしまうのですが、マレーシアのもやしって小さいけれど身がぷっくらしていて本当に美味。

どれも素材勝負のシンプルなお料理ばかりでしたが、次回も必ずリピートしたいお店です。

次はムアーとともにMikiさんとChieの大好きな金子光晴氏が滞在していたバトゥーパハまで連れて行ってあげるからね~とプラナカンのご夫妻に言われましたが、道中を考えると有難いような怖いような・・・・・。

でも、今日も大満足のランチでした。場所はこちら。

      
 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
文字色
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
  • ABOUT
プラナカンを中心に、シンガポール・マレーシアの話題をお届け。食べ物・旅行の話題が中心です。
  • プロフィール
HN:
Miki & Chie
性別:
女性
自己紹介:
シンガポールとペナンに住んで20数年、プラナカン協会会員です。ライター&コーディネート業務に携わっています。ご依頼・お問い合わせは下記ホームページからお願いいたします。
  • 便利ツール
私たちの本や参考図書をご紹介
  • 最新コメント
[11/17 偽物ブランド時計]
[11/17 ブランドスーパーコピー]
[11/07 Chie]
[11/07 Miki]
[11/04 NONAME]
  • ブログ内検索
  • カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
  • 最新トラックバック
  • バーコード
  • カウンター
  • アクセス解析
Copyright © マレー半島モンスーン寄稿 All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]