忍者ブログ
Admin*Write*Comment
マレー半島モンスーン寄稿
[156]  [155]  [154]  [153]  [152]  [151]  [150]  [149]  [148]  [147]  [146
シンガポールと国境を接するマレーシアの街ジョホール・バル。
日本語オプショナル・ツアーなんかもよくありますが、シンガポール在住の人はまずそういうのには参加しないですね。ツアー用の見どころには、正直魅力を感じない、という人が多いからではないでしょうか。

一般的にはジョホール・バルへは食事&買い物か、あるいはゴルフに行く人が大半で、街を見て歩く人は少ないでしょう。でもジョホール・バルもなかなか侮れません。こじんまりはしていますがリトルインディアもありますし、素敵なコロニアル建築の建物もいくつか、古い街並の残るエリアもあります。また食べ物は安くておいしいところがたくさんあります。ただ難点は、街が広く見どころも点在しているため、車などの足がないと一般旅行者には不便な点です。

またイミグレーション付近(Jalan Tun Abdul Razak沿いのMerlin Towerから南側の一帯)が繁華街になっているのですが、このエリアは地元の人でもあまり良い顔しないちょっと物騒なエリアで、この辺をうろうろするシンガポール人はまずいません。昼間から麻薬中毒者や売春婦がうろうろしていると言われていますので、注意した方がいいでしょう。(ただ前回ご紹介したシティースクエアはJBでもかなり高級感のあるショッピングセンターで、ここは普通に利用できます)

「よくジョホールバルなんて行くね?」と言うシンガポール人も多いのですが、私が結構面白いな〜と思って目を付けているエリアがイミグレのそばにもあるんです。
それは目抜き通りJalan Wong Ah Fookの一本裏、Jalan TrusとJalan Dhobyの周辺です。
ここには写真のようなカラフルで小さなショップハウスが並んでいます。



Jalan Trusにはパン・パシフィック・ホテルや国際会議場もありますが、ヒンドゥー寺院から海側の一帯がリトル・インディアになっており、インド料理のお店が軒を連ねています。Jalan Dhobyあたりになるとインド色は薄れ、中国系のお店がやや多くなってきます。

P1010008.jpgJalan Dhobyにはジョホール一おいしい海南式チキンチョップのお店があります(歩いて探してみてください。表にそう書いてあります)。またその向かいあたりにインド人の古いベーカリーがありますし、個性的なカフェなんかもあってなかなかいい雰囲気です。






P1010010.jpg







またその一本海側のJalan An Tan Hiok Neeにも個性的なカフェや美容院、そしてこちらには日本人もよく訪れる中国系の昔ながらのベーカリーがあるのです。アンパンやカレーパンとか石釜で焼いたばかりのアツアツが食べられます。うちの娘とかはピーナッツ入りパンがお気に入りみたいです。


海に近い大通りJalan Ibrahimには結構有名なインド料理のお店が並んでいます。辛い南インド料理やフィッシュヘッドカリーを出す食堂ではシンガポールから食べにくる日本人の常連もいると言っていました。

のんびり、こじんまりとしていて、レトロな雰囲気のエリアなのでゆっくり歩いてみると良いでしょう。古い雑貨店で掘り出し物が見つかるかもしれません。

ただこの辺は国立博物館などのツーリストエリアにも近いため、日本人を狙った詐欺師に出くわす可能性もなきにしもあらず。親切に案内などしてくれる暇人なんてマレーシアにだってそうはいないのですから、親切を装って近づいてくる人間は相手にしない。私も一度だけ博物館の付近でしつこくされたことがありましたが、もちろん相手になんかしませんでした。また人通りの少ない時間帯には、ひったくりなどに警戒した方がいいでしょう。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
文字色
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
  • 無題
まい 2009/01/15(Thu)10:35:59 編集
三枚目の写真の白いカフェ。お昼のメニューはパスタのみ(笑)。見た目は可愛いんだけどケーキとかお茶メニューもありません。二階はブティックになっているそうですよ。

そこのお向かいの雑貨屋さんも使えます。うちの三女やMIKIさんのお嬢さんの大好きな「キラキラヘアピン」的なモノが見つかります。

それにしても。MIKIさんの写真、やはりプロの技ですね。いつも通っている同じ場所とはとても思えない。
  • 無題
Miki 2009/01/15(Thu)11:34:29 編集
いえいえ、天気悪いので全体的にしらッちゃけててイマイチですね。それに安いデジカメでさっと撮っただけです。

白いカフェは外から覗いただけでしたが、そうか〜。まあ近所のチキンチョップがある以上、ここでパスタ食べる日は多分永遠に来ないだろうなあ。

Jalan Dhobyの方にもカフェがありますが、あっちはどんなのでしょ?Roostとかいう店。ドアが閉め切ってあるので入りにくい感じはします。で、ここの隣の家の2回にブティックらしきものがあるのに、入り口が不明。

写真のとおりの曇り空で、その後一気に大雨が来ましたのであまりゆっくり探検できませんでした。

でもこの辺のショップハウスの色づかいですけど、ちょっと他では類を見ませんが、これってオリジナルで元からこういうペンキ塗ってたんでしょうか?
シンガポールにもこういうパステルカラーのはありますが、プラナカン風の装飾の凝ったタイプの立派なショップハウスで、こういうシンプルな造りのこじんまりとしたショップハウスをカラフルに塗ったのはあまりない。JBのそれもこのエリアだけの独特な街並ですね。なんか街の自治体か政府が計画的にペイントし直したんでしょうか。歩道も整ってるし・・・
  • 無題
Chie 2009/01/16(Fri)19:47:27 編集
シンガポールでもマラッカでもない、なんか可愛らしいイメージのカラフルな家並みですね。

チキンチョップもインディアン・ベーカリーも是非行ってみなくては!!!
  • 無題
まい 2009/01/20(Tue)12:32:48 編集
MIKIさん、ご名答。

この周辺のショップハウスは、みんな市役所が音頭をとって色を塗り替えたようですよ。限られた種類の色しか使われていないでしょ?今でこそインド系の店が増えていますが、昔は華人の店ばかりのエリアでした。

州政府のお膝元なので、意外な品揃えの本屋さん、文房具屋さんや写真屋さんも多くあります。なお。ジョホール王室御用達の写真屋さんもJLN TRUSですよ。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
  • ABOUT
プラナカンを中心に、シンガポール・マレーシアの話題をお届け。食べ物・旅行の話題が中心です。
  • プロフィール
HN:
Miki & Chie
性別:
女性
自己紹介:
シンガポールとペナンに住んで20数年、プラナカン協会会員です。ライター&コーディネート業務に携わっています。ご依頼・お問い合わせは下記ホームページからお願いいたします。
  • 便利ツール
私たちの本や参考図書をご紹介
  • 最新コメント
[10/02 Miki]
[10/02 Chie]
[02/05 Chie]
[02/02 wai]
[02/02 Miki]
  • ブログ内検索
  • カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
  • 最新トラックバック
  • バーコード
  • カウンター
  • アクセス解析
Copyright © マレー半島モンスーン寄稿 All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]