忍者ブログ
Admin*Write*Comment
マレー半島モンスーン寄稿
[177]  [176]  [175]  [174]  [173]  [172]  [171]  [170]  [169]  [168]  [167
ペナンにはおいしい屋台料理がたくさんあります。

チエさんいちおしはペナン・ラクサ(アサムラクサ)ですが、私はチャークエイティヤオです。

米の粉でできたちょっと幅広麺をエビ、もやし、ラプチョン(腸詰め)などと一緒にちょっぴりスパイシーに炒め上げたペナンの名物料理です。

これはシンガポールにもマレーシアの他の地域でもありますが、ペナンのは別格のおいしさなのです。

初めてペナンに行く前にシンガポールのプラナカンの友人たちに「あまりにもおいしくて2皿おかわりしちゃった。おかげで他のもの食べられなくなった」とさんざん聞かされていましたが、本当にそのとおりだと思いました。

シンガポールのは黒くてあま〜い醤油で炒めるため、日本人には苦手な人も多いです。しかしペナンのは甘くしません。辛いのが苦手でなければ好きになる人は多いでしょう。

それでも、やはりおいしい店を見つけることは大事です。
ペナンでは地元の人たちの間でどこの店がおいしいかでよく論争になっています。

IMG_1083.jpg  

私が好きなこの店は、「シンガポール人が大行列するから値段が高い、オバさんが無愛想」でガンガン文句言う人がたくさんいます。でも、とあるペナン人のサイトで「でもやはり味は良いのではないかしら?」と書かれていたのと私は同感で、たしかに高いし、無愛想だけど、味は他よりいいと思うのです。

この料理で大切なのは、炭火の強火で炒めること、一皿分ずつ炒めること、です。
このオバさんのは、それをちゃんと実行してます。だから麺は本当にアツアツだし、Wok Hei(鍋のおこげの風味?)がちゃんと付いてます。Wok Heiの香りのしないチャークエイティヤオ、これだけは認められません!

もう一軒有名なシスターズ・チャークエイティヤオ(姉妹でやってるからその名がついた)には、日本人に連れられていったからでしょうか、4人分をまとめて調理して出してきたので、全然おいしくありませんでした。

あとDato Kramat通りにある亜龍、という店も地元ッ子お薦めですが、ここは具にエビの他にもシャコを加えるのですごく高いと聞きました。私はほかにSiam Rdにあるお爺さんの屋台が好きです。

実は今回無愛想オバさんの店を取材しました。
オバちゃんは強烈な入れ墨眉毛と赤い布袋さんみたいな帽子がトレードマーク。いけばすぐにわかります。
たしかにオバちゃんもその娘だか親戚だかしらない人たちも全員愛想というものがまったくありません。
ところが!今回の取材では話をするうちに皆ニコニコ。
これは、100年に一度見られる笑顔かも???

世界初公開!オバちゃんの笑顔


愛想がないのは確かですが、でもだからといって、意地悪なこと言われたり、されたりといった不愉快な経験は私個人はありません。愛想がないだけだと思うんですけど・・・・
ここだけの話ですが、値段が高いだけですべてを否定したがるアンフェアな人ってシンガポールやマレーシアにはとても多いんですよ。そう、ケチで負けず嫌いなんです。

味はいつものとおり。おいしかったです。
取材だからって、特別扱いもなく。ちゃんとお代も取られましたし。

最近はオバちゃんも自分のお店を持つようになりましたので、行列しなくても、
店内で座って料理を待つことができます。
オバちゃんもお金いっぱい稼いだんでしょうか?ペナンで大御殿を見るたびに「オバちゃんの家だったりして!」とチエさんといつもふざけてます。

ものは試しに一度トライしてみてはいかがでしょう。
一皿RM5〜です。(ペナンでは普通RM3ぐらいなので、高いと言われます)

オバちゃんのお店はコムターからまっすぐ伸びるMacalister Roadを行き、Lorong Selamatを右折します。100メートルほど行ったあたりで店の前に屋台が出ています。赤い帽子を探してください。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
文字色
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
  • 無題
Chie 2009/05/24(Sun)00:53:29 編集
最初は彼女同様、強面の娘さんも「あなたたち、どこから来たの!?」とでも言いたげな、無愛想な目でこちらを睨んでいましたが、ちょうど店が開いてすぐの早い時間だったため、この赤布袋おばちゃんは、店の奥でまかない飯を食べていました。
それがおいしそうでおいしそうで・・・・ついつい
Mikiさんが撮影の支度をしている間、じぃぃぃ~っと料理を見入ってしまい(食べていたのは全て野菜料理で色とりどりのベジが5皿くらい並んでいたんです)がっがっと勢いよくつめこむおばちゃんの横で、恨めしそうに凝視する日本人。この子はいったい何???腹が減っているのか?とでも思ったか、突然にっこり笑顔で食べるか?と言われ、その笑顔にかえってドン引きしてしまった私。
いえいえどうぞ・・と断ったら、オバチャンがおもむろに立ち上がりチャークエティアオをちゃちゃっと作ってくれましたね。


しかもMikiさんが車を駐車しようとして店の横の溝に後輪を落としそうになった時、布袋おばちゃんも、強面の娘さんも、み~~んな、きゃあぁぁぁぁぁ大丈夫か!?と大声あげて心配をしてくれました。
みんな心根は優しく、仕事に入ると職人さんに徹するプロなんだと思います。

ちなみに帰り際、また来てね~と笑顔の布袋おばちゃんに手をふられてお見送りを受けた人間は、多分私たちが初めてかもしれません????
  • 無題
ぶぶっ URL 2009/06/22(Mon)11:38:40 編集
ペナンにはおいしい料理がいっぱいで、毎日幸せな感じがします~~
  • 無題
Miki 2010/06/06(Sun)19:29:33 編集
この店のチャークエイティヤオは光熱費アップが理由で一皿RM7.50に値上がりしました。他のちょっとした有名店でもRM7くらいとるとこ増えてます。でもまだRM3〜4で食べれるお店もありますけどね・・・
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
  • ABOUT
プラナカンを中心に、シンガポール・マレーシアの話題をお届け。食べ物・旅行の話題が中心です。
  • プロフィール
HN:
Miki & Chie
性別:
女性
自己紹介:
シンガポールとペナンに住んで20数年、プラナカン協会会員です。ライター&コーディネート業務に携わっています。ご依頼・お問い合わせは下記ホームページからお願いいたします。
  • 便利ツール
私たちの本や参考図書をご紹介
  • 最新コメント
[10/02 Miki]
[10/02 Chie]
[02/05 Chie]
[02/02 wai]
[02/02 Miki]
  • ブログ内検索
  • カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
  • 最新トラックバック
  • バーコード
  • カウンター
  • アクセス解析
Copyright © マレー半島モンスーン寄稿 All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]