忍者ブログ
Admin*Write*Comment
マレー半島モンスーン寄稿
[29]  [28]  [27]  [26]  [25]  [24]  [23]  [22]  [21]  [20]  [19
今回は見本市であまりグルメ探訪には精を出せませんでした。いつも道端の屋台などで食べていたような気がします。

ジャカルタの屋台は、タイやマレーシア、シンガポールなどと比べると、料理の種類も少ないように感じます。大体バクミー(肉団子入りの麺)、サテー屋台が大半で、たまにナシ・グドック、ナシ・ゴレン、揚げ物などもありますが、やはり種類が限定されていると思います。
今回仲良くなったプラナカンのマダムの家(ジャカルタ南部の住宅地)にいったときに、ちょっと面白いものを売っている屋台を見つけました。調理行程を見ますと、ピーナッツをつぶしたペースト状のものに、ニンニクとチリを合わせてつぶし、そこにパームシュガーや水だのを加えてサラダクリームのようなものを作り、これを揚げ豆腐、クトゥパ(炊いたお米の固形)、野菜にかけてくれます。「これはロジャか?」と聞いたら、違う名前を教えられましたが、ちょっと名前忘れました。
食べたくなったので、一つ作ってもらい、マダムの家で食べようとしたら、マダムが「インドネシアの屋台料理は危険なのよ。コレラなんかもあるんだから、やたらに食べちゃだめよ」と叱られました。「私らですら、屋台のものを食べるときにはこのタブレットを飲むのよ」と炭が主成分の錠剤をくれました。なるほどな・・・・。メキシコで街中で見るものを片っ端から食べて、夜中15分おきにトイレ、という大変な下痢になってアメリカでぶっ倒れたことを思い出し、世の中甘く見てはいけないなと改めて思った次第です。でも、そのロジャのようなサラダ風料理はおいしかったですよ。

Bakmea.jpgジャカルタでよく見かける屋台料理がバクミーです。どう考えても中国料理です。バクとは福建語で「肉」、ミーは「麺」ですから。客家麺やマレーシアのサラワク名物のコロミーにもよく似たタイプの料理で、湯がいた麺の上にひき肉の煮物(ジャカルタの場合は鶏肉を煮たもの)をのせたものです。ひき肉の煮汁をよく麺に混ぜあわせて食べます。スープは別に添えられ、そこに肉団子が入っています(麺の上に肉団子やわんたんをのせる場合も多いです)。肉団子はたいてい水牛の肉のようです。イスラム教徒が多い土地ですから、豚肉は使わないものが多いです。おいしいところで食べればとてもおいしいです。ちょっと今回の旅ではハズレでしたが、前回食べたのはとてもおいしかったです。そこはお客さんもいっぱいでした。道端にベンチをしいただけ、という屋台がほとんどですが、やはり客の入りでお店は選んだ方がいいですね。それから、インドネシア人はインスタント麺が好きなようで(または製麺業者があまりいないのか?)、インスタント麺を湯がいて出すところもすくなくないですが、それは私的にはあまりいただけなかったです。

Nutmeg_sweets02a.jpgそれから、今回教えてもらったちょっとヒットなスイーツがこれ。なんだと思います、これ?
ナツメグの実を、花のように切り開いて砂糖漬けにしたものです。ナツメグの味はかなりマイルドで、ちょっぴりスパイシーな砂糖漬けフルーツと言う感じで、紅茶などと一緒にいただくと良いです。こんなの、ナツメグが名物のペナン島でも見たことがありません。ちょっと面白いお土産になりそうです。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
文字色
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
  • ナツメグいろいろ
Chie 2007/05/12(Sat)18:34:44 編集
ナツメグといえばペナンのいたるところで飲めるナツメグ・ドリンクが有名ですよね。上品な甘酸っぱさは、少しサンザシに味が感じが似ていて、暑さを忘れるおいしさでしたが、美容にとても良いと言われました。インドネシアのこのお菓子は初めてみます。こういう小さなものにも手をかけて可愛らしく美しく見せるのは、インドネシアらしい感じがします。ナツメグは虫刺されの軟膏になっても売られていたし、用途が広い実ですね。いいナツメグの見分け方は殻に光沢があるものと言われましたが、日本では贅沢な話しです。
  • ナツメグ砂糖漬け
Miki 2007/05/12(Sat)21:46:23 編集
ペナンのナツメグ・ジュースも、暑いときにいいですね。味的には、炭酸の抜けたコーラという噂も…。でも、さっぱりします。
このナツメグ砂糖漬けはグロドックというチャイナタウンの市場で買ったんですが、あとで行ったスーパーの量り売りコーナーにもあったんですよ。ただし、緑色になってなくて、白いのです。今週うちのだんなが出張でジャカルタ行ってたので、追加して買ってきてもらいました。6月までもったら、土産に日本に持参しますから。
  • 臓物ロントンがおいしかった
Miki 2007/05/13(Sun)00:36:37 編集
そう、忘れていたけど、見本市の会場の外に出ていた屋台のロントン(炊いた米をプレスして固めたもの)がおいしかったですよ。ロントンにかけるのが、臓物シチューです。牛系の臓物でした。ただし屋台そのものは非常に非衛生的でしたので、ちょっと下痢気味になったのはここの食べ物のせいでしょう。でもおいしかった(懲りない)。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
  • ABOUT
プラナカンを中心に、シンガポール・マレーシアの話題をお届け。食べ物・旅行の話題が中心です。
  • プロフィール
HN:
Miki & Chie
性別:
女性
自己紹介:
シンガポールとペナンに住んで20数年、プラナカン協会会員です。ライター&コーディネート業務に携わっています。ご依頼・お問い合わせは下記ホームページからお願いいたします。
  • 便利ツール
私たちの本や参考図書をご紹介
  • 最新コメント
[10/02 Miki]
[10/02 Chie]
[02/05 Chie]
[02/02 wai]
[02/02 Miki]
  • ブログ内検索
  • カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
  • 最新トラックバック
  • バーコード
  • カウンター
  • アクセス解析
Copyright © マレー半島モンスーン寄稿 All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]