忍者ブログ
Admin*Write*Comment
マレー半島モンスーン寄稿
[117]  [116]  [115]  [114]  [113]  [112]  [111]  [110]  [109]  [108]  [107
只今テレビ、そして朝日新聞社フリージャーナルの両方から、マラッカのプラナカン文化が紹介されています。 

La La TVの「旅に恋して~マレーシア」では、女優の水野美紀さんが私たちの本を持ってマラッカを歩き、クバヤを着たりビーズ刺繍に触れたりと、プラナカンの文化を満喫されたようです。(残念ながら私たちはまだ見ておりません!DVD待ちです。) 

番組の中で私たちの本の中から、スイーツやクバヤ、陶器などの写真がいくつか紹介されている?と思います。

今回の番組に関しては、直接コーディネイトを賜っておりませんので、マラッカ・プラナカンの最大の見どころ「ババ・ニョニャ・ヘリテージ博物館」などの撮影が無く少し残念ですが、見た方々から綺麗だった!というお言葉をいただき、良かったな~~と思っています。 

もうひとつ朝日新聞社のフリージャーナル「ジェイヌード」の「旅物語」の中で、マラッカのプラナカン文化を紹介するインタビューを先日受けました。 

「はじめてなのに懐かしい!手にとるように街を愛でるマラッカへ」というタイトルで、プラナカンの女性好みの部分を強調した、とても素敵な記事になっておりますので、皆さん是非ご覧下さい!今月いっぱいTUTAYAなどに置いてあるそうです。 
 

La La TV「旅に恋して~マレーシア」

放送は521(水)930分~、529日(木)深夜015分~ 

その他、6月にも再放送の予定です。

詳しいことは取材など旅のブログも乗っているLa La TVのHPにアクセスして下さい。

プレゼント・コーナーでは、マラッカ・マジェスティックホテルのアロマグッツなどもいただけるようですよ。 

・朝日新聞社 女性のためのフリージャーナル「ジェイヌード」(J-nude)

515日発行。大沢たかおさんの表紙です。
詳しいことは 
http://publications.asahi.com/
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
文字色
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
  • 無題
2008/05/17(Sat)13:50:11 編集
見てみます!

楽しみです
  • 無題
Chie 2008/05/17(Sat)23:58:31 編集
大さん

いつもいつもありがとうございます!!

J-nudeは「TSUTAYA」や、タリーズ・コーヒー、青山ブックセンターや有燐堂、新宿紀伊国屋本店、アトレ恵比寿やアトレ目黒などにも置いてあるそうです。

テレビのほうは水野美紀さんと旅した取材班のブログがLaLaTVのHPで公開されています。

その他、5月24日土曜日・テレビ朝日「旅サラダ」という朝の番組でも、マラッカ、キャメロンハイランドなどの放送があるようです。
こちらのマラッカはプラナカンを紹介しているのかは分かりません。
  • 無題
おひるねさん 2008/05/18(Sun)17:26:48 編集
J-NUDEゲットしました。マラッカの魅力、そしてプラナカンの魅力がぎゅっと詰まった素敵な紙面でした。
カラフルなビーズのサンダル、パステル・カラーのタイルなど女性にとってはたまらないですね。
繊細でゴージャスな感じがします。
  • 無題
SQ 2008/05/24(Sat)01:46:16 編集
LaLaTVを見てこのHPにたどりつき、そしてブログにアクセスしています。

「旅に恋して」は、クアラルンプールやボルネオ島もありましたが、それよりもずっとプラナカンが素敵でした!!目にも美しい映像でした。

はっきり言ってマラッカのプラナカンの紹介がなかったら、この番組は「マレーシアって何?」ってな感じで終わっていたかもしれません。
DVD早く見られるといいですね。
  • 無題
Nelly 2008/05/28(Wed)10:25:35 編集
La La TV見ました。。。

これってMikiさんたちが案内されたんではないのですよね?
正直なところ、まったく魅力を感じない内容ですね。
マラッカもMikiさんたちの本のイメージからは程遠い感じ。。。
それよりもひどいなと思ったのは、他の街のところ。
しょうもないところばっかり紹介されてたけど、
クアラルンプールってあんなのしかないんですか???
  • すごいね!
bashy 2008/05/28(Wed)14:36:24 編集
最近mixiご無沙汰していたので、今読みました。LALA TV、前住んでいた家では見れてたけど、今はケーブルいれていないから残念。
ところで、先週の土曜日、付属の子たちと今さらですが十数人が集まってプチ同窓会になったのですよ!
かずみやみるく、つかさや涼、やよいとか20数年ぶりに会って大盛り上がりしたよ。ミキちゃんの話したらみんな会いたがってたよ!
もしミキちゃんがこっちに帰ってくるときには声かけて
くれたら集合かけるよ!
  • すごいね!
bashy 2008/05/28(Wed)15:04:54 編集
最近mixiご無沙汰していたので、今読みました。LALA TV、前住んでいた家では見れてたけど、今はケーブルいれていないから残念。
ところで、先週の土曜日、付属の子たちと今さらですが十数人が集まってプチ同窓会になったのですよ!
かずみやみるく、つかさや涼、やよいとか20数年ぶりに会って大盛り上がりしたよ。ミキちゃんの話したらみんな会いたがってたよ!
もしミキちゃんがこっちに帰ってくるときには声かけて
くれたら集合かけるよ!
  • 無題
Chie 2008/05/29(Thu)06:26:56 編集
SQさん、Nellyさん

コメントをありがとうございます。

私もやっとDVDを見ました!
お2人の意見、両方ともよく理解できる内容でした。
本の著者として見なかったとしても、もしあの番組にマラッカが無かったら、、、SQさんのおっしゃるとおりマレーシアってどんな国??と思われていたかもしれませんね。

今回は私たちが同行したわけでも、お店をチョイスしたわけでもありませんので、本のイメージとはかなり違っていたように思えます。

なぜアンティーク・ショップでレプリカの陶器を買わされているのか?ビーズ・サンダルの刺繍実演も、本物のプラナカンのビーズはあの5分の1くらいの小さな物なのです。目で識別するのがやっとの、まさに針をどうやって通すの!というくらいの小ささなのです。

おまけに最後に出てきたプラナカンのお婆様は、マンダリン語を話していたようですが、福建語ならまだしも、マンダリン語を話すプラナカンは見かけたことがないので、ちょっと不思議でした。
でも、薄紫色のビーズ・サンダル、パステルカラーの陶器などはとても素敵に映っていたと思います。

KLやボルネオ、他の場所については・・・・ちょっとコメントしがたいですね。。。。。

Mikiさんは何とおっしゃるか??

  • 無題
Miki 2008/05/29(Thu)14:14:17 編集
Bashy

年取った(私もですが)変人たちが10人以上も集まる、さぞや濃い同窓会だったでしょうね。そんなところ、とても怖くていけません。でも私はエバトさんやマツオカさんに会いたいです。皆、世間にまたと見ない人たちでしたね。皆様にどうぞよろしく。

SQさん
いらっしゃいませ。
プラナカンの実力はあんなもんじゃないのですよ。本当に目を見張るようなものがたくさんあります。どうぞ私たちの本やサイトをご参考にしてくださいませ。近々もっとマラッカ情報などを充実させようかなと考えています。


Nellyさん

同感です。でも、KLってあんなノリのところが普通ですね。それでも素敵なところも最近は増えているようですよ。センスのいい人たちもたくさんいますから。KLに移住したプラナカンも多いので、プラナカン関連のお店も結構あります。

ちえさん

これ以上何を付け加えろと?

まあ、あの番組でカバーされていたのは主にジョンカーストリートとか一般的な観光客ルートですね。
あの辺は自称プラナカンだらけです。

水野美紀さん、ニョニャに会いたかったらオン・ファミリーに行かれたらよかったのにね。あそこのおばあちゃまこそ、プラナカンの品格が残る素敵な方です。こんな美しい女優さんが来たら、帰さなかったでしょう(笑)。ジュース攻撃されて。
  • 初めまして
うさ URL 2008/06/08(Sun)14:11:08 編集
初めまして。マレーシアが大好きなうさと申します。J nudeの記事、イワサキさんのインタビュー記事が載っており、読ませていただきました。マラッカは何度か行ったことがありますが、また行きたくなってしまいました。

ブログもいつも楽しく読ませていただいています。

また遊びにきたいと思います。
  • うささん、ありがとうございます
Chie 2008/06/10(Tue)03:00:39 編集
うささん、

いつもブログを読んでいただいていたのですね。
ありがとうございます。
J-Nudeの記事も読んでいただき、誠にありがとうございました。
マレーシアはのんびりとした良さに加え、プラナカンのように特殊な文化を持つ場所も点在し、あまり知られてはいない穴場だらけの国と言えるかもしれませんね。
これからもどうか宜しくお願い申し上げます!
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
  • ABOUT
プラナカンを中心に、シンガポール・マレーシアの話題をお届け。食べ物・旅行の話題が中心です。
  • プロフィール
HN:
Miki & Chie
性別:
女性
自己紹介:
シンガポールとペナンに住んで20数年、プラナカン協会会員です。ライター&コーディネート業務に携わっています。ご依頼・お問い合わせは下記ホームページからお願いいたします。
  • 便利ツール
私たちの本や参考図書をご紹介
  • 最新コメント
[09/04 van cleef rose gold necklace copy]
[02/05 Chie]
[02/02 wai]
[02/02 Miki]
[02/01 Chie]
  • ブログ内検索
  • カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
  • 最新トラックバック
  • バーコード
  • カウンター
  • アクセス解析
Copyright © マレー半島モンスーン寄稿 All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]