忍者ブログ
Admin*Write*Comment
マレー半島モンスーン寄稿
[47]  [46]  [45]  [44]  [43]  [42]  [41]  [40]  [39]  [38]  [37
私たちの本を見て、マラッカに行ってみたくなった、という声が多くなりました。
そこで、実践編です。

まず、マラッカには平日は行かない方がいいです。というのも、マラッカはクアラルンプールやシンガポールから来る週末の客を見こんで営業している店が多いのです。ですので、平日はお土産やさんなどはあまり開いてません。
ベストは金曜日イン、日曜日アウトです。金曜・土曜の晩にはチャイナタウンでナイトマーケットが開かれます。

本でも紹介しているお菓子のチャーリー・リーですが、ここは午前中11時過ぎくらいに行くと
できたてのお菓子が食べられます。2〜3時くらいまでならお菓子が店頭にあります。夕方から彼らはお菓子をナイトマーケットに売りにいきます。ホントはこちらがメインなんですが、観光客が行きにくいところにあるので、工房に行くのがベストです。また、ナンシーズで売っているクエもおいしいですよ。ニョニャ粽がおすすめ。

マラッカはとても暑いですのでお気をつけください。日傘・帽子の携帯おすすめします。水を多く飲むようにして、熱射病を予防してください。

宿はババ系の宿は決して高級ホテルとはいえませんが、プチホテルならではの魅力があります。ババハウスなら自転車も借りられますが、建物の構造上窓のない部屋も多いです。川岸にあるヒーレン・ハウスも落ち着いた宿で、全室リバービューというのが売り、オーナーはババとイギリス人の奥さんです。その並びにヒーレン・インという安宿もあります。チャイナタウンの街歩きをするなら、ヒーレンStの宿か、Jalan Bunga Raya周辺のホテルが便利です。大型ホテルや安宿の多いメラカ・ラヤ周辺は「歩き」ではしんどいと思います。

なお、チャイナタウンは夜はレストランが開いていないことが多いので(ナンシーズもやってません)、潮州料理のお店(本にあります)か、Jalan Bunga Rayaの方へ行かれるといいでしょう。また、メラカ・ラヤにはたくさんレストランがあります。

ちなみにこの潮州料理屋はほんとうまいです。オイスター・ヌードルは絶品。こんな濃厚な麺料理は日本では味わえません。味も奥深く、こってりしてそうですが、意外としつこい味ではありません。不思議です。若い店員は英語が通じます。日本人駐在員もよく来ると言ってました。

シンガポールからはバスで行きやすいですが、クアラルンプール経由もいいかもしれません。クアラルンプールでは世界ブランドの有名ホテルに格安に泊まれます。クアラルンプールにもニョニャ料理屋が数件あります。

では良いご旅行を。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
文字色
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
  • マラッカの潮州料理&幽霊ホテル
Chie 2007/07/28(Sat)01:56:32 編集
私たちの本に載っているマラッカの潮州料理店は、マラッカ歩きの中で、一番の「めっけもの」でした。
オイスターヌードルや、なまこに豚肉を詰めてこってり煮込んだもの、潮州ならではの小包(揚げ豆腐や、巾着型の蒸しもの、などなど)どれを食べても大変美味です。まるで香港の裏路地にある潮州料理店を彷彿とさせる味と活気です。
ただし、、、メニューがあったかな???
何しろ周りのテーブルを見まわして、同じものを指指せば間違いないです。
マラッカは本当に風情があって、いい街ですが、灼熱地獄のような日もあるので、必ず水分補給を心がけてください。
あっ、マラッカの暑さを吹き飛ばしたい人には、
ヒーレンStにあるプラナカン屋敷を改造したおしゃれなプチホテル、実はお化け付き・・・?と、いうのはいかがですか???本にも書きましたが、紹介者がないと泊まれないホテルです。
ご興味のある方は是非探訪を。。。。。
  • もの好き用のホテル
Miki 2007/07/28(Sat)09:20:44 編集
幽霊ホテルはまじでもの好き用です。まず、エアコンがありません。エアコンなくても、ひんやり〜、だそうです。料金が結構高いです。最低RM300〜。エアコンなしでこの価格をどう思うか?です。もちろんテレビなどもないようです。静かにすごすための宿ですから。一日一組限定のようです。独特の雰囲気を楽しむために、クアラルンプールあたりの白人駐在員たちが口コミで泊まりにくるそうです。
  • そうでしたか・・・
マミ 2007/09/08(Sat)14:51:43 編集
私がマラッカでゴーストタウンのように感じたのは平日だったからなのですね。
特に夕方早いのにチャイナタウンは誰も歩いてないのでビックリしました。
ブンガラヤ通りのほうは賑わっていたのですが、初日は少し散歩してから、チャイナタウンで晩ゴハンを食べようと7じ過ぎに戻ると人っ子一人居ない、店も閉まっているし、「何故?何故?」でした。
仕方なくホテル併設のギャレリアカフェで一人寂しく麺をすすっていました。潮州料理の店もあったのですね。きっと私このヌードル好きだと思います。
ホテルプリは小奇麗でとても素敵だったのですが「蟻地獄」に遭いました(-_-;)
シャワーの後に涼茶を飲もうとTV台の上にコップを置いていたら、TV台の上が真っ黒でした・・・
  • ありはどうしようもないです
Miki 2007/09/08(Sat)15:58:47 編集
そうです。私も平日にいたことがありますが、本当にゴーストタウン化します。夜疲れたね〜、お腹好いたけど、どこで食べようかあ〜、とふらふらしていたときに、見つけたのは潮州料理屋でした。ここは本当にめっけものでした。週末でもチャイナタウンはランチしか営業しない店が多いです。ブンガラヤ通りに行くと、屋台など食べ物が豊富ですが。
それからプリにはありだけでなく、ツバメもたくさんいますよね(笑)。
蟻はマレーシア、シンガポールではもう覚悟しておいた方が良いです。高層階の我が家にも、蟻はいますね。でもゴキブリはいません。とくに食べ物・飲み物、油断禁物です。

  • シンガポールにも?
マミ 2007/09/08(Sat)20:51:10 編集
シンガポールにも蟻被害あるのですね。
それはビックリです。プリホテルの2Fの部屋だからか?とも思っていたのですが。
食いしん坊であちこち甘いものを置いてるとダメですね。
しかし、KLのホテルではまったく大丈夫でした。
たまたまだったかも知れないですね。
次にマラッカに行くときもホテルプリに泊まるかも知れません。燕の巣は気付きませんでした。
中庭のほうでしょうか?
  • つばめ
Miki 2007/09/09(Sun)11:31:07 編集
つばめはプリではレセプションから中庭へ抜ける途中のホールや、2階の廊下にも巣がありました。マラッカのあの辺の古い家はほとんどが空き家になっており、そのいくつかがツバメの巣養殖所になっているので、あの辺は異常にツバメが多いのです。本当に政府なりがちゃんと手を打たないと、歴史のあるショップハウスがどんどんダメになります。
平日の夜、あの辺をふらふら歩いていると、観光客はもちろん、ほとんど人影はなく、「ここにはツバメと幽霊しかいないのかよ?」といいながら夜道を歩いたのを思い出します。
  • Re;つばめ
マミ 2007/09/10(Mon)15:02:44 編集
Mikiさん、そういえばつばめの巣を実際に見たかどうかすら覚えてないのですが、ホテルにつばめの巣が・・・というのは何か思い出しました。
中庭で結構まったりしてたので見たかも知れません。あまり印象に残ってないのはホテルの空間の雰囲気、建物の装飾、マラッカの町並みばかりに目を奪われていたからかも知れません。
それから、つばめが巣をはるのは縁起がいいということでそのまま放置しているというのをどこかのブログで読みました。
こちらのサイトにお邪魔するようになってからは毎日のようにマラッカに関するサイトを探したり、以前旅行に行った際の写真を引っ張り出しては懐かしく思い出しています。
何日滞在すれば満足するんだろう???
そういえばバンダハラー(ベンダハラー?)通りの外れにもショップハウスの一群がありました。
もっと遠くまでたくさん見てまわりたかったです。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
  • ABOUT
プラナカンを中心に、シンガポール・マレーシアの話題をお届け。食べ物・旅行の話題が中心です。
  • プロフィール
HN:
Miki & Chie
性別:
女性
自己紹介:
シンガポールとペナンに住んで20数年、プラナカン協会会員です。ライター&コーディネート業務に携わっています。ご依頼・お問い合わせは下記ホームページからお願いいたします。
  • 便利ツール
私たちの本や参考図書をご紹介
  • 最新コメント
[09/04 van cleef rose gold necklace copy]
[02/05 Chie]
[02/02 wai]
[02/02 Miki]
[02/01 Chie]
  • ブログ内検索
  • カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
  • 最新トラックバック
  • バーコード
  • カウンター
  • アクセス解析
Copyright © マレー半島モンスーン寄稿 All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]