忍者ブログ
Admin*Write*Comment
マレー半島モンスーン寄稿
[142]  [141]  [140]  [139]  [138]  [137]  [136]  [135]  [134]  [133]  [132
食べ疲れであまり写真を撮る意欲さえなくなったコタバルでしたが、かなり気に入ったのはNasi Dagangでした。赤米っぽい餅米を3度にわけて蒸して炊き上げる、結構手間のかかるお料理で、クランタン料理の名物のひとつです。

IMG_9554.jpg











私が連れてってもらったのはチャイニーズの人たちで溢れかえるRestoran Kwang Lingというコーヒーショップ。ムルデカ・スクエアのすぐそばの有名店です。
思わず食べちゃったから料理をちゃんと写真に撮ってないけど、この大きな器に入っているあかっぽいご飯がナシ・ダガンです。
好きなおかずを選んでそれを添えますが、大体一食分2〜3リンギット。安すぎる。

IMG_9555.jpg











ナシ・ダガンは一晩つけた赤っぽい餅米を一旦蒸して、若干火が通ったところで、ココナッツミルクに砂糖・塩を混ぜて再び蒸します。そして最後にショウガやタマネギの千切り、そしてスパイスのフェヌグリークを加えてまた蒸しあげます。バラバラしない、しっとりとした炊きあがりのご飯はまさに日本人好みです。
このナシダガンと普通の白いご飯を半々に食べる人もいます。
ちょっと甘めのビーフレンダンと食べるとそれはそれは最高。
思い出すだけでヨダレがでます。

マレーシア西海岸ではNasi Lemakが有名だけど、東海岸じゃナシ・ダガンよ、と地元の人は言ってたけど、個人的にはNasi Lemakと一緒にされては・・・と思います。なんたってお米が違う。両方ともココナッツミルクで炊き上げたものではあるけれど。

このお米はクランタン以外ではなかなか入手できないそうです。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
文字色
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
  • 無題
Chie 2008/09/28(Sun)01:18:36 編集
Mikiさん

まさに美味いもの残昧のご様子ですね~~。
ナシ・ダガンも是非食べてみたいです。フェヌグリークが入るとは面白い。
しかも塩にお砂糖、ショウガ・・・などなど入ってほんのり甘い感じなんですか??餅米だから。

それにしても、どれも手間をかけた料理が多いですね!!こういった料理、営利主義のシンガポールではありえない、と思いませんか?
  • 無題
Miki 2008/09/28(Sun)10:45:38 編集
ちえさん

ナシ・ダガンはほんのり甘みがあります。でもほんのり程度。カレー類とよくあいます。

市場でナシダガン用の米を買おうとしたら「あなたカンタンに作れると思ってるの?」と言われ、それでナシダガン教室になりました。場所はKLのお宅でしたが。

餅米は餅米なのですが、ねっとりすぎるほどではありません。むしろ、普通の日本米(もっちりした)に近い食感で、タイで餅米とおかず食べるようなのとはかなり趣が違います。なので餅米と言われないとわからないくらいです。
  • 無題
Chie 2008/09/29(Mon)19:36:59 編集
なるほど、もともと日本の餅米の方がかなり特殊と思ったほうがいいですね。
あんなにのびる餅米は他にありませんもの。

米自身のでんぷん量が外米の餅米とは全然違うはず。だからダイエットするには日本のお米を食べるより、タイ米のほうが太らないはず・・・・です。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
  • ABOUT
プラナカンを中心に、シンガポール・マレーシアの話題をお届け。食べ物・旅行の話題が中心です。
  • プロフィール
HN:
Miki & Chie
性別:
女性
自己紹介:
シンガポールとペナンに住んで20数年、プラナカン協会会員です。ライター&コーディネート業務に携わっています。ご依頼・お問い合わせは下記ホームページからお願いいたします。
  • 便利ツール
私たちの本や参考図書をご紹介
  • 最新コメント
[03/15 cartier love bracelet replique]
[03/13 Jamizebaich]
[02/19 fake cartier braclet]
[02/05 Chie]
[02/02 wai]
  • ブログ内検索
  • カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
  • 最新トラックバック
  • バーコード
  • カウンター
  • アクセス解析
Copyright © マレー半島モンスーン寄稿 All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]