忍者ブログ
Admin*Write*Comment
マレー半島モンスーン寄稿
[238]  [237]  [236]  [235]  [234]  [233]  [232]  [231]  [230]  [229]  [228
北タイの街チェンライから車で1時間半ほど北上するとメーサロンという小さな山あいの町があります。この一帯はかつて悪名高いけしの実栽培が盛んでしたが、今はけしの実をウーロン茶やコーヒー豆栽培に代えて地元民の雇用創出を図っています。

中 国から国民党の残党が流れて来た町としても有名なメーサロンは中国系が多く、今は台湾レベルの上質なウーロン茶栽培が有名で、町には中国茶のお店がたくさ んあり、周辺もお茶畑が広がっています。また、リス族、アカ族などの山岳少数民族の村も点在しており、これらの人々が集まる朝市も有名です。またこの北タイ一帯で栽培するコーヒー豆はアラビカ種が多く、欧米人も日本人も大満足の芳醇なコーヒーが飲めます。地元の人によれば、この辺は土壌がコーヒー豆栽培に適しているそうです。こちらに来たらコーヒーは絶対マストです!

私たちはドライブも兼ねてメーサロンへ行ってみることにしました。
途 中でメーチャンという中規模の街をすぎて1089号線に入ってしばらくいくと、「温泉」の標識があり、急遽立ち寄ってみることにしました。北タイは温泉の 宝庫ですが、前回試した温泉(ポーンプラ温泉)は多くの日本人がブログなどで紹介しているにもかかわらず、まるで牢獄のよう な薄暗くて汚らしい個室風呂でがっかりしたので、今回も期待していませんでした。

DSC00233.jpg DSC00238.jpg






















とにかくタイ語オンリーなので案内版も読めず、そこらへんの人に 聞くことも出来ず、そもそも温泉の名前もわからずじまいでしたが、どうも足湯だけなら無料で、個室は有料というのはわかりました。

DSC00232.jpg DSC00242.jpg






















e856ef66.jpeg硫黄の匂いの漂う、透 明でとろりとしたお湯でしたが、原泉はかなりの高温でゆで卵をつくることができます。温泉周辺にはたくさんの屋台があって、卵をいくつか入れたミニ竹籠を売っています。とてもおいしくてゆで卵を食べ過ぎました。個室は他と比べるととても高いのですが、1人100バーツ(350円くらいか?)でタオル やシャンプーなどもくれます。館内も個室風呂もプーンプラ温泉よりもずっときれいで、これなら日本人にもおすすめですね。また、原泉かけながしの使い切り(使う度にお湯をかえます)なのが贅沢です。温泉の名前はPar Tung Hot Springではないかと思います。










さてひとっ風 呂浴びたところでメーサロンへ進みます。途中で「うるるん滞在記」で使われそうな山岳民族の村に立ち寄ったりしながら(子供がわーっと出て来てお金をせがまれ恐かった)、まもなくメーサロンへ到着。思ったよりも観光客相手の土産物屋が多くてちょっと引いてしまいましたが、観光客とは関係のない野菜売りの露 店などを覗いたのち、調べておいた「スイート・メーサロン」というカフェを探しました。
DSC00249.jpg
 











途中にあった村

DSC00254.jpgDSC00255.jpg





















みやげ物を売るおばさん     野菜を売るおばさん

ここは本当にびっくり。
お茶畑を眼下に見 下ろせるロケーションも素晴らしいの一言ですが、この店で出す食べ物のレベルが半端ではない。30代くらいの感じのいいタイ人夫婦がやっているお店なのですが、まさに東京レベルの本格的なケーキを出すのです。
(お店の写真はこちらをクリック)
SweetMaeSalong_3.jpg 

DSC00269.jpgペナンでは見たことのない美しいケーキ、いや、シンガポールでもなかなか。うちの子供たちがチョコ レート系を頼んだので私と友人はフランボワーズのケーキとレモンのケーキを。フランボワーズは中にクリームブリュレが入っており、レモンの方は中にヘーゼ ルナッツのクリームが入っていて絶妙なバランス。一体こんな山の上にパティシエでもいるのかしら?とお店の人に聞いたら、奥さんがにっこり「私が 全部作ってるの」。私が目を丸くしていたら、「昔バンコクで秘書をしていたの。そのときに習ったのよ」という。いやいやいや、趣味のレベルじゃない ですよ?日本人にも素人でケーキ作りが上手な人はたくさんいますが、こんな(写真)のまで作れる人そうそういませんよね?



こちらのサイトで美しいケーキの数々が見られます
http://sweetmaesalong.multiply.com/


で、 この際だからご飯も食べちゃおうということになり、タイカレーとロティのセットとクラブサンドウィッチを頼んでみたら、これもまた素晴らしい。とくにク ラブサンドは超おすすめです。ベーコンやハム、野菜、卵焼きがいっぱいで、味付けはイタリアンのペストソースです。パンももちろん自家製。うちの主人は世 界中あちこちホテルに行くと必ずクラブサンドを頼む人なのですが、「今まで食べた中で最高」と絶賛していました。このカフェのためだけにメーサロンに来る価値あり。手先が器用でセンスのよい夫婦がやっている、北タイとっておきのカフェの一つだと思います。

DSC00263.jpgDSC00268.jpg



















PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
文字色
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
  • 無題
Chie 2010/11/29(Mon)01:09:54 編集
Mikiさん

ほんと、このクラブハウスサンドイッチ、丁寧に作ってあって美味しそうですね~~
HPからケーキのコレクションも見ました。タイ人の感覚でグラッサージュも独特の色合い、どれも綺麗に仕上げてあり驚きました。マカロンみたいなものもありましたね。
鄙にも稀な隠れ家的?名店でしょうか。

それにしてもすんごい山奥!!私には行けるかなぁ~~@@@
  • 無題
Miki 2010/11/29(Mon)11:47:00 編集
チエさん

山奥でこれはすごいでしょう?材料調達とか大変なんじゃないかな〜?

それにしても私にはマネできない丁寧さです。ヨーロッパ人のお客さんも絶賛していました。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
  • ABOUT
プラナカンを中心に、シンガポール・マレーシアの話題をお届け。食べ物・旅行の話題が中心です。
  • プロフィール
HN:
Miki & Chie
性別:
女性
自己紹介:
シンガポールとペナンに住んで20数年、プラナカン協会会員です。ライター&コーディネート業務に携わっています。ご依頼・お問い合わせは下記ホームページからお願いいたします。
  • 便利ツール
私たちの本や参考図書をご紹介
  • 最新コメント
[02/05 Chie]
[02/02 wai]
[02/02 Miki]
[02/01 Chie]
[12/28 Chie]
  • ブログ内検索
  • カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
  • 最新トラックバック
  • バーコード
  • カウンター
  • アクセス解析
Copyright © マレー半島モンスーン寄稿 All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]