忍者ブログ
Admin*Write*Comment
マレー半島モンスーン寄稿
[237]  [236]  [235]  [234]  [233]  [232]  [231]  [230]  [229]  [228]  [227
ちょっとタイへショート・トリップに行っておりました。
行った先は北タイのチェンマイとチェンライです。

狙ったわけではないのですが、たまたまロイクラトンという盛大なお祭りの日で、とても良い物を見せていただきました。



ロイクラトンとは満月の日に灯籠を流したり、熱気球を放つお祭りだそうで、チェンマイでは盛大なパレードがあります。パレードは実はあまり興味がなかったのですが、ねぶた祭りなみの凝った出し物がたくさん出て、踊りのグループなども加わってとても見事なものでした。

 DSC00337.jpg

タイの王様や貴族たちの衣装、少数民族の衣装なんかもとても素敵ですね。



DSC00370.jpg 

そしてタイならではの美男美女がこれでもか、これでもか、と登場するのもすごいです。どんだけ美人がいるんだろ?

↓美男プリンスたち大集合!
DSC00381.jpg

↓こちらはチェンマイの大学のミスキャンパスだとか?
DSC00369.jpg
























(下)できたら、何族なのかとか、説明書きがついてるとありがたかったです。素晴らしい衣装ですからね。


このパレードは旧市街を囲む城壁の一部ターペー門を出発して、ターペー通りをまっすぐ川の方へ向かいます。川の橋のところでは熱気球をあげる人々や川で灯籠を流す人たちがたくさん。灯籠や熱気球は観光客の人たちも買うことが出来、好きな所であげられます。あとそこらじゅうで花火を打ち上げるので結構危なかったですが、こういう派手なお祭りは大好きなので、この時期にあたってとても良かったです。でも一晩中ホテルのそばで打ち上げ花火をあげるのには参りました。朝4時ぐらいにでっかいのがドッカーン、ドッカーンですから。ここもマレーシア同様、好きな所で打ち上げ花火あげさせるんですね。日本やシンガポールじゃ絶対無理。

このパレードも大変楽しめたのですが、私はターペー通り沿いにある、変わった建物群にひとり釘付けになっていました。



この写真は例の「赤シャツ隊」のパレードですが、この集団の向こう側にあるのはセラドンのティーハウスなのですが、この建物かっこよくありません?ショップハウスとも違うのですが、こんなの初めて見ました。今回時間がなくて建築物見学ができませんでしたが、チェンマイの建物も要チェックかも?
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
文字色
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
  • 無題
Chie 2010/11/28(Sun)02:26:26 編集
タイは小さなものでも何気にセンスが良くて、レベルが高いですよね~~☆
次回是非、山の上のCafeにお邪魔してみたいです!
  • 無題
Miki 2010/11/28(Sun)11:10:00 編集
タイ人の美的感覚には脱帽ですね。
バリとかベトナムなどは外国人がプロデュースしてるからお洒落な雑貨とかありますけど、タイはローカルだけですごくお洒落なのがすごいです。
卸のハンディクラフト・センターに行って身悶えしちゃいました。すんごい素敵な家具とか持って帰れないのがたくさんあって。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
  • ABOUT
プラナカンを中心に、シンガポール・マレーシアの話題をお届け。食べ物・旅行の話題が中心です。
  • プロフィール
HN:
Miki & Chie
性別:
女性
自己紹介:
シンガポールとペナンに住んで20数年、プラナカン協会会員です。ライター&コーディネート業務に携わっています。ご依頼・お問い合わせは下記ホームページからお願いいたします。
  • 便利ツール
私たちの本や参考図書をご紹介
  • 最新コメント
[10/02 Miki]
[10/02 Chie]
[09/04 van cleef rose gold necklace copy]
[02/05 Chie]
[02/02 wai]
  • ブログ内検索
  • カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
  • 最新トラックバック
  • バーコード
  • カウンター
  • アクセス解析
Copyright © マレー半島モンスーン寄稿 All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]