忍者ブログ
Admin*Write*Comment
マレー半島モンスーン寄稿
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

12月1日~25日まで開催されている横浜山手西洋館の「世界のクリスマス」。
毎年数十万人もの動員があるという人気のクリスマス・イベントです。

参加している洋館は8つ。それぞれのお屋敷が毎年ひとつの国を担当し、美しく飾り付けられコンサートや、ワークショップなどのイベントが行われます。

そのうちのひとつ、ブラフ18番館さんが、今回アジアを代表してシンガポール館としてお目見え中です。

もともとブラフ18番館は、関東大震災後に山手町に建てられた外国人住宅をイタリア山庭園の一郭に移築されたもので、戦後はカトリック横浜司教区の所有となり、カトリック山手教会の司祭館として平成3年まで使用されていたもので、白い壁に緑色の窓が美しいお屋敷です。

今年のクリスマスのテーマは全館を通じて「クリスマス、その語り継がれる憧憬~Christmas histories in your heart」。
それぞれの国の語り継ぎたい文化を伝えるということで、嬉しいことにブラフ18番館ではプラナカンにフォーカスをあててくださいました。

「海を臨むクリスマス~東洋の貴婦人と共に~」と題して、シンガポール政府観光局後援のもと、ラッフルズホテルをイメージした白亜のお屋敷の中に、シンガポールの国花である蘭の花が美しくアレンジされ、プラナカンをイメージした鮮やかなドレスや工芸品、エキゾチックなバーカウンターなど、異国情緒を醸し出しております

ちょうど先週末、MakanMakanの平岡シェフのニョニャ菓子を頂きながらプラナカン文化を知っていただくティーサロンが催され、Chieもお話をしてまいりました。
おかげ様で入場制限をするほど沢山の方にお越しいただきましたこと、この場をお借りして心より御礼申し上げます。

メインである平岡シェフのニョニャ・クエはシンガポールの大ヒットドラマ
「リトル・ニョニャ」にも登場したルンパ・ウダン、そしてスパイスのきいたニョニャ風パイナップル・タルト、縁起物のアンクークエの3品。盛り付けられるとこのように大変鮮やかです。


当日、ホールはプロのアーティストによって美しく飾られ、ニョニャの陶器や著書とクバヤも展示させていただきました。




ティーサロンをさらに味わい深くして下さったのが、元町孫悟空さんのお茶。プラナカンのふるさと福建省にこだわった黄金桂という、まろやかな飲み口の烏龍茶は、ニョニャのお菓子にぴったり!

社長さんとともにティーマスターまで来館し、こだわりのお茶を美味しく入れて下さいました。


そしてさらに美味しいサプライズが、孫悟空さん秘伝の自家製パイナップルクッキー!!
香ばしい生地はサクサク、中の餡はパイナップルの酸味がしっかりきいて絶品!買いたい!という人の声に思わずChieも手をあげてしまいましたが、残念ながらこの日のためにわざわざ作って下さったものでした。

館内のディスプレイもフラワーアーティストの手による見事な蘭の花、バティックをアレンジしたゴージャスなドレス、平岡シェフお手持ちのニョニャバスケットとクバヤのアレンジ、プラナカンビーズの下山田先生による美しいナプキンリングなど、エレガントな美しさはプラナカンならではです。





会期中、12月31日までは日没後~23時まで光のファンタジーと題した西洋館のイルミネーションもあり、また12月20日(土)には日没~19:00まで、ブラフ18番のあるイタリア山庭園が2000個ものキャンドルで彩られる「キャンドル・ガーデン」になります。
それはそれはロマンチックで、寒さも忘れる美しさだと思います。
この機会に是非、横浜山手西洋館「世界のクリスマス」に足をお運びください。

特設サイト www.xmas-yamate.yokohama
ブラフ18番館:JR石川町駅から徒歩約6分(会期中は休館日なし)
http://www2.yamate-seiyoukan.org/




PR


 2014年 11月 1日(土)から2015年1 月 31 日(土)まで、日本国内でマレーシア料理を提供するレストラン 17 店舗で「マレーシア料理を食べて、マレーシアに行こう!」 キャンペーンを開催しています。
このキャンペーンは、対象店舗で全店共通のスタンプカードを配布し、1 回の食事ごとに 1 スタンプを 押印。スタンプの数に応じて、抽選でマレーシア旅行やレストラン食事券のプレゼントがあります。

「マレーシア料理を食べて、マレーシアに行こう!」キャンペーン 概要
日本国内(17 店舗)のマレーシアレストランと政府観光局ホームページで全店共通のスタ ンプカードを配布し、1回の食事ごとにひとり1スタンプを押し、スタンプの数に応じて、抽選で マレーシア旅行やレストラン食事券をプレゼントします。
この機会に、ちょっと遠出をして日本各地に散らばるマレーシア料理を味わってみるのも楽しいかもしれませんね。

●期間:2014 年 11 月 1 日(土)~2015 年 1 月 31 日(土)
●特典:スタンプ 2 個・・・「お店からのサービス」
(内容は店舗ごとに異なります)
スタンプ 3 個・・・「全店共通 5,000 円分お食事券」 抽選で 10 名様
スタンプ 5 個・・・「マレーシア旅行 5 日間」 抽選で 1 組 2 名様
「スダ マカン?」 プロモーションロゴ

キャンペーンサイト: http://www.tourismmalaysia.or.jp/gourmet/campaign2014-15.html ※こちらからもスタンプカードをダウンロードできます。

●対象店舗
(関東)
・マレー アジアン クイジーン http://www.malayasiancuisi ne.com/
・ラサ マレーシア クイジーン http://r.gnavi.co.jp/g27550 1/
・マレーカンポン http://www.malaykampung. com/
・ペナン レストラン https://www.facebook.com/ PenangRestaurant
・マレーチャン satu  http://www.malaychan-satu .jp/
・マレーチャン dua http://www.malaychan-dua. jp/
・バクテー http://www.bakuteh.jp/
・ポコ・ピサン ※予約のみ https://ja-jp.facebook.com/ pokok.pisang.gyoda
・ポコ・ピサン 2 https://www.facebook.com/i barakipokopin2

(中部 )
・ブンガラヤ http://tabelog.com/aichi/A2 301/A230103/23041503/

(関西)
・ケニーアジア http://kennyasia.com/
・マレーシア ボレ http://malaysia-boleh.com/i ndex.html
・トラベルカフェ ※12/1 からスタート
        http://www.travel-cafe.jp/s hop/hankyu.html
・ロティマン https://www.facebook.com/ MALAYSIAROTIMAN

(北 陸 )
・ラササヤン http://www.fuku2.co.jp/rasa sayang.html
(九州 )
・ロティ http://r.gnavi.co.jp/6c8z92t b0000/
・マラヤ https://www.facebook.com/ Malayarestaueant?fref=ts

先日のブログでもご紹介しましたが、2015年のマレーシア政府観光局さんのプロモーションのテーマは「Year of Festivals 2015」。

   

多民族国家マレーシアならではの文化や習慣、食を通じてマレーシアの様々な魅力を展開してゆきます。
その中でも特に力を注いているのが「食」です。

「スダ・マカン(マレー語でご飯食べた?)」
を合言葉に、先月コウケンテツさんがマレーシア食の親善大使に任命されたばかりですが、その第2弾として
明日、10月17日~31(金)までの2週間、シャングリ・ラ ホテル東京でマレーシア料理のランチやディナー、カクテルを楽しめる「Malaysian Jazzy Night & Food」プロモーションが開催されます。
シャングリ・ラならではの極上空間で、洗練されたマレーシア料理を様々な形で楽しんでいただける2週間です。
開催に先立ちプレス試食会がありましたので、ご紹介したいと思います。

デキたてのナシレマとラクサを手に、マレーシア政府観光局東京支局長ノール・アズラン氏と、シャングリ・ラ ホテル東京のマレーシア人シェフ、チーコック・ファイ氏のご挨拶。

   

まずは今回の食のプロモーションのアイコン・ディッシュになっている「ナシレマ」からご紹介しましょう。
           

ナシレマの美味しさはココナッツミルクで炊いた香ばしいご飯はもちろんのこと、味の決め手は何といってもサンバル(チリなどを合わせたスパイシーソース)の味加減です。ナシレマに添えるサンバルは、日本人の感覚でいうと白いご飯に欠かせないおいしい梅干しや海苔の佃煮的存在でしょうか?

   

今回のサンバルは贅沢なエビ入りのサンバル・ウダン(ウダンはマレー語で海老のこと)。スパイシーな中にも甘味や酸味が香りとともにトロける深い味わいのサンバル!日本でこんなに美味しいサンバル・ウダンが味わえるとは、一気に心はマレーシアです。
テーブルのあちこちから覚えたてのマレー語でおいしい!Sedap(スダッ)という言葉が聞こえてきました。

ひとつのお皿の中に甘い辛い、酸味、塩気や苦みもあるナシレマ、飽きさせないのは添えられている素材の食感の違いです。ピーナッツのポリポリ。ジャコのカリカリ(現地ではイカンビリスという炒った小魚)、卵のほっこり感、とろりとしたカレー、きゅうりのサクサク、サンバルのねっとり。それが香り豊かなココナッツごはんとともに口の中で一体化し、五感を通してマレーシアの食をフル体験できるのです。
マレーシアでナシレマというと安くて気軽な屋台料理のイメージが大で、しかも美味しいお店を探すのが意外と難しいお料理だと思っていますが、厳選された素材と日本人のデリケートな舌に合わせたココナッツごはんの炊き加減など、高級ホテルで味わうナシレマは別格のおいしさでした。

お次はこれもマレーシアの国民食「カレーラクサ」。



新鮮な海老と大ぶりのチキンなど、具がたっぷり盛られたラクサはクリーミーで濃厚なスープを目の前で注いでくれるホテルならではの演出がありました。


そして平日のお昼限定の「マレーシアンBENTO」。

2011年にも実施され、今やシャングリ・ラ ホテル東京のマレーシア・フェアには欠かせない人気アイテム。こんな和風の器に盛られてきます。


料理は手前右から時計回りに、海老ワンタンスープ(撮影用にスープは注いでおりませんでした)チキンとポテト入りのマレーシアン・グリーンカレー、茄子とトマト入りフィッシュカレー、ジャスミンライス、そして別の器にスイーツとしてココナッツミルク入り小豆スープが付きます。ジャスミンライスのうえに黒胡麻がふりかけてあるのが、お弁当らしさを醸し出していますね。

そして、今回のプロモーションの一押しともいえるのが「アフター5」。
マレーシアから来日した女性シンガーによる心地よい歌声とともに、5種類のフィンガーフードにマンゴープリン、プラス、マレーシアをイメージしたユニークなカクテルに加えてワインやビールなど~平日18時~21時までの2時間、5000円で飲み放題なのです。

シャングリ・ラのラウンジでのカクテルは一杯でも2000円を下りません。それが2時間飲み放題でこのお値段なのですから、気の利いた女子会にはもちろんのこと、ロマンチックな気分に浸りたいカップルや、エレガントに飲み放題を楽しみたい方々に大うけすること間違いなしの「アフター5」。

写真は可愛らしい器に盛り付けられた「アフター5」のフィンガーフード。



右下から時計回りに蒸し海老の醤油味、手羽先のオーブン焼き、ビーフサテー(ピーナッツソース添え)、揚げ海老ワンタン、マンゴープリン、ひよこ豆のコロッケ。
中でも優しい味わいのひよこ豆のコロッケは思わずおかわりをしたくなる美味しさでした。
ふっくらとした身の美味しいところだけをベイクした手羽先も止まりません!

マレーシアをイメージしたカクテルも名前が洒落ています。
ウオッカとフルーツ・リキュールがベースでクラッシュ・アイスがたっぷり入った「アイスカチャン」。(カチャンの意味であるお豆は入っておりません、あくまでもイメージで!)

スライスしたバナナの香りとホワイトラムの甘い香りがベストマリアージュの「バランガン・コラーダ」。

こちらはマラッカの夕陽をイメージした「マラッカ・サンセット」。



ウオッカとホワイトチョコがベースの純白のカクテルの中に、鮮やかなハイビスカス・ローゼルを注ぎながら、赤く揺らめくサンセットの色合いを楽しむという心憎い演出に、スカイツリーを望む美しい夜景を眺めながら、ほろ酔い気分もMaxになってしまいました。


今回の『マレーシアンJazzy Night&Food』では、期間中に来店し、マレーシアンフードアイテムをお召し上がりいただいたお客さまの中から抽選で、1組2名さまに「マレーシア航空で行くシャングリ・ラ ラサリアリゾート コタキナバル「マレーシア航空往復航空券とシャングリ・ラ・ラサリアリゾート コタキナバル3泊4日の旅」をプレゼントがあります。この機会に是非、極上の空間でマレー風、中華風、ちょっぴりインド風など、多民族の味を楽しめるマレーシア料理をお楽しみ下さい。


『マレーシアンJazzy Night&Food』(マレーシアン ジャジーナイト・アンド・フード)

期間: 2014年10月17日(金)~31日(金)
場所:シャングリ・ラ ホテル 東京 28階 「ザ・ロビーラウンジ」
予約&お問い合わせ:(03) 6739 7877、またはEメール: slty@shangri-la.com

• マレーシアンBENTO
料金:4,000円
時間:11:30~13:30(平日のみ)

• アラカルト
(ナシレマ、ハイナンチキンライス、カレーラクサ、海老カレー、
牛肉のブラックペッパーソースなど。)
料金:2,800円~3,300円
時間:11:30~24:00

• アフター5
(マレーシアンフィンガーフード、マンゴープリン、赤・白・スパークリングワインやマレーシアンカクテルなどのフリーフロードリンクのセットメニュー)
料金:5,000円
時間:18:00-21:00の間の2時間(平日のみ)

*表記料金はすべて日本円で、消費税と13%のサービス料を別途。

シンガポールとマレーシアに住んで通算20年のMiki、ついにデング熱にかかりました。今年はマレーシアでも例年以上に大流行しているのですが、この非衛生的なジョージタウンでは蚊の問題は永遠のテーマであり、デング熱にかからない方がむしろ不思議でした。

シンガポールの猿真似したりストリートアートに金かけるのもいいけど、その前にこの汚さ、どうにかしてくださいな、リムグアンエン先生!

さて、デング熱は蚊を媒体とする感染症ですが、発熱、凄まじい頭痛、節々の痛みなどの症状が出ます。こんなにキツい頭痛は初めてです。

ワクチンがない、と西洋医学では言われており、まず最初に発症した娘が病院に行ったところ、パナドルを処方されただけでした。そいでもって病院は金儲けしたいので入院を強く薦めました。

でも、マレーシアには特効薬があるのです、本当は。マレーシアだけではありません。シンガポールでも、タイでも、インドでもそれは常識として広く行われている療法なのです。後から聞いたら皆口を揃えたように同じことを言うんですから。

その特効薬とは...

パパイヤの葉の絞り汁です。ハワイアンパパイヤとかじゃなくて、こちらのローカルパパイヤの木で果物をつけている木から若すぎず古すぎない葉っぱを選びます。
インドのウェブサイトでは、これを水も砂糖も加えずにすり鉢で潰して液を搾り取る、とありましたが、そんな大変なことやってられないので少しだけ水を加えてブレンダーにかけ、汁を絞り出しました。




これを大さじ1を1日2回朝夕飲みます。2日間のんだあと、娘が病院でまた血液検査すると、見事に白血球と血小板の数が改善されていました。



デング熱の怖さは熱が引くときにこれらの数が激減するため、この状態で二次感染すると命に関わる危険があるのです。パパイヤの葉の汁でデングウイルスが死ぬのではありません。ウイルスを殺すワクチンがないのは確かです。でも、危険な状態に陥らないようにするのに、とても有効なのです。

こちらの友人たちもシンガポールの親戚も皆この方法で完治していました。娘も5日ほどで完治しています。デング熱なうの私も苦いのを我慢して飲み、三日で起き上がれるまでになりました。

一方、私より先に発症した夫は苦いのが嫌で、サボっていました。今、彼の身体は真っ赤で、一部皮下出血しているみたいです。ホレ、みたことか。

私も娘も早い段階からきっちりこの汁ノンデたせいか、発疹すらありませんでした。

こちらのオーガニック農家のアドバイスでは,とにかくこのパパイヤの葉の汁を飲み、断食すること。でも、水分補給は必須です。断食するのはウイルスを飢えさせるためです。それと解熱剤などは飲んではいけません。せっかく身体がウイルスと闘っているのだから。でもパラセタモルならば摂ってもいいらしい?とにかく最初の頃は激痛と高熱との闘いです。この激痛では食欲もないので断食も苦ではありませんでした。

パパイヤの木が少ない日本で感染された方にはお気の毒です。でもドクダミとかビワの葉など肝機能を向上させるもので代用すれば良いのでは、という意見も。でも、お茶なんかじゃ効き目ないでしょうね。とにかく二次感染しないことと水分補給をお気をつけください。

パパイヤの葉の汁は肝機能を急速に改善するそうで、糖尿病の人にも良いんだそうですよ。

先人の知恵ってすごいですね。
東京都心ではあっという間に桜が散り、若葉の美しい季節となりました。
しばらくぶりのブログ更新となってしまいましたが、皆さまいかがお過ごしでしょうか?

つい数カ月前、「プラナカンの著書をアマゾンなどで購入したいのですが、売り切れと出ています。」というご指摘をいくつか頂戴しました。
そして本日、嬉しくありがたいお知らせをさせていただきます。

4月7日、私どもの著書『マレー半島 美しきプラナカンの世界(産業編集センター刊)』の第3刷りが発売されました。

執筆当初は、ただただ研究と書くことに必死で、まさかここまで増版していただけるとは夢にも思わず、これもひとえにプラナカンの世界を支持していただきました皆様のおかげ、と深く感謝申し上げます。

今やマレーシアやシンガポールの「おいしい料理」「美しい工芸品」「伝統家屋」「可愛い小物」などの紹介には欠かせないアイテムとなったプラナカン&ニョニャ・ババの世界。
お陰様でテレビや雑誌にも「ニョニャ料理」や工芸品が多く取り上げられるようになりました。

また、ペナンにはプラナカンをコンセプトにした美しいブテック・ホテルがずんずんオープンし、マラッカにはプラナカンのジュエリー博物館もオープンしています。
いつ訪れても五感をくすぐる発見と驚きがあり、ドキドキさせてくれるのがプラナカンの世界です。

これからもプラナカンの様々な魅力を皆様にお届けできれば幸いです。
ブログともどもお引き立てのほど、どうかよろしくお願い申し上げます。



私のとっておき「マレー半島美しきプラナカンの世界」
産業編集センター刊
1300円+税
 本日は少し湿っぽい話しをお許し下さい。
Chieがライターへの道を歩むきっかけを作ってくれた、佐藤今日子さんというマガジンハウスの敏腕編集者が、昨年12月に他界されました。ちょうど中村勘三郎さんが亡くなった翌日でした。

 彼女はマガジンハウスHanakoの名付け親の1人であり、日本に「スイーツ」や「アウトレット」という言葉を広め定着させた、その世界では知らない人がいない編集者でした。特に、 スイーツの流行仕掛け人として有名で、ティラミスやクレームブリュレ、ナタデココにカヌレ、クイニーアマンなど、皆彼女のデスクから日本国中へ羽ばたき、名前を広めていったのです。あの世界一有名なフランス人パティシエ、ピエール・エルメにして「僕の味を理解してくれた唯一の日本人」と、話したこともあるほど。
 
 私がスイーツ特集のお手伝いをさせていただいた時、「2000個食べる」というミッションを共にクリアし、身体じゅうに味を叩き込んだ日を懐かしく想い出します。今ではスイーツの姿形を見るだけで、だいたいの味や構築が分かってしまうのは、その時に食べ込んだ経験があるからでしょう。何かを成し遂げるには「身体をはる」という事がいかに大切か、を教えてくれました。
 
 デスクにしがみついているのを嫌い 「現場に勝るものは無し」、「百聞は一見に如かず」 というのも彼女の口癖でした。そんな彼女でしたからプラナカンにも大変な興味を持ち、シンガポールやマラッカ、ペナンに何度旅をしたことでしょう。 とはいえ、いつも尋常ではない好奇心を持ち、鋭いアンテナを張り巡らしている彼女の街歩きに付き合うのは一苦労でした。

 今となっては良い思い出ですが、彼女をマラッカに案内した時、わずか100メートルほどのヒーレンSt.を歩くのに1時間。その間あちこち行方不明になり、Mikiさんと私は「またいなくなった!」とさっさと知った道を進んでいくと、暫くして 「見て見て~」 と面白そうな戦利品を手に小走りに戻ってくるのです。 灼熱の中、汗だくになっても全部自分の目で見ないと気が済まない人でした。

 そんな彼女が病院の床で 「私がいなくなったら本をもらってね」 とぽつりと小さな声でささやいたのです。 「ダメ!また返してね!と言われるから。」 というやりとりも虚しく、昨年暮れにMikiさんが来日した際、優に数千冊を超す膨大な蔵書の中から選びきれないほど沢山の本を2人で譲り受けてきました。

 彼女がこよなく愛した名著 「安閑園の食卓」 の初版本やレシピ本、團和子さんの 「團家の食卓」、インドネシアやインドの布の本。そして世界中を旅した彼女が 「その国ならではの料理本を必ず買う」 という事も口癖でしたので 「Cocina Sulipena」 というフィリピン・ルソン島のOld Pampangaの貴重な料理本や、エジプトの 「Arabian Cuisine」




清王朝末裔、愛新覚羅家の「食在宮廷」や「北京風俗大全」。そして韓国語も話し、韓国文化にも造詣が深かった彼女ならではの韓国料理の歴史や文化の本、などなど~分厚い本ばかり。

これでもまだほんの一部ですが、彼女の様々な想いと旅の足跡がぎっしり詰まった大切な本を、在りし日を偲びながら読み進むつもりです。

 仕事に一生を捧げた彼女でしたが、今頃は大好きだったインドの地へと魂が旅をしていることでしょう。
新年のご挨拶を申し上げます。

昨年末に行われたセミナーに寒い中ご足労いただいた皆様、
お礼が遅くなりましたが、本当にありがとうございました。
もっとゆっくり皆様とお話できる時間があればよかったのですが、
いろいろな方とお話ができてとても楽しかったです。
私Mikiは昨夜ようやくペナンに戻りました。

天然のエアコン、とうちの主人なんかは形容しますが、日本の冬は天然の冷蔵庫でした。これからもっと寒い冬を迎える皆様には失礼かもしれませんが、私は天然の冷蔵庫のすっきりした空気が大好きです。年間を通して湿度70度以上、気温30度前後の南国に20年も住むと、日本の冬はとても新鮮です。

年末年始を挟んでの帰国はいろいろと支障も多く、
皆様からもメールをいただいたのにお返事ができませんでしたこと、
ここにお詫び申し上げます。
(持参したiPadからHotmailの送信がどういうわけかできませんでした)
一段落つきましたら、ご返信させていただきます。

皆様のマラッカ、シンガポール、ペナン、そしてプラナカンへの熱い思いを改めて感じ、同じ関心を共有できますこと、大変嬉しく思っております。

このような機会を設けてくださったアセアンセンターの皆様、お手伝いをいただいた方々へも感謝の気持ちでいっぱいです。次回はセミナーとは別の形で、何かしらのイベントを企画できたらな、と思います。

ではこれからまだ寒さが当分続くと思いますが、何卒お体ご自愛くださいますよう、
そしてまた皆様にお目にかかれる日を楽しみにしております。

今年もよろしくお願い申し上げます。
  • ABOUT
プラナカンを中心に、シンガポール・マレーシアの話題をお届け。食べ物・旅行の話題が中心です。
  • プロフィール
HN:
Miki & Chie
性別:
女性
自己紹介:
シンガポールとペナンに住んで20数年、プラナカン協会会員です。ライター&コーディネート業務に携わっています。ご依頼・お問い合わせは下記ホームページからお願いいたします。
  • 便利ツール
Amazon 私たちの書籍もアマゾンでお求めいただけます
  • 最新コメント
[02/25 Chie]
[02/24 らんこ]
[02/24 Miki]
[02/24 らんこ]
[01/22 平岡弘子]
  • ブログ内検索
  • カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
  • 最新トラックバック
  • バーコード
  • カウンター
  • アクセス解析
  • バーコード
Copyright © マレー半島モンスーン寄稿 All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]