忍者ブログ
Admin*Write*Comment
マレー半島モンスーン寄稿
[60]  [59]  [58]  [57]  [56]  [55]  [54]  [53]  [52]  [51]  [50
Majestic~そそられる名前のホテルです。



外観はムーア式とゴシック様式を取り入れ、1800年代に建てられたイポー駅にある白亜のコロニアル建築。
シンガポールのラッフルズ・ホテルよりも 「遠目」 は壮麗で巨大です。

1階部分は駅に向かう売店やBarなどのパブリック・スペースとなっており、客室はレセプションのある2階とその下にある中二階となっています。
外国から来た人は天井の高い2階に泊まることをおすすめします。
迷路のような階段を数段降りたところにある中二階は、窓を開けるとすぐ下がプラットフォーム、
深夜に通過する電車の音でたたき起こされる??ことも予想できます。
183メートルあるという長~い回廊から眺めるイポーの風景は、これまた白亜のコロニアル建築が立ち並ぶ官庁街の壮大な眺め。

と、ここまで書いてみたものの、、、なにしろ古い~!!
1階入り口の階段からガタが来ています。
私たちが宿泊した日はエレベーターが壊れていたため(多分数週間はそのままのはず)、大きな荷物を運ぶのに大変な苦労でした。

部屋は回廊からのっぽのドアを開けて入ると、すぐに小さなリビングセット。その奥にベッド(いちおうセミダブルが2つ)その奥に6畳程度のドレス・ルーム、その隣にバスタブ付きのシャワー室。
ラブリーな色合いの壁紙。  良く言えば、シンガポールのラッフルズ・ホテルや、ペナンのE&O スタイルの部屋のつくりなのですが、こちらは壁には穴、床は斜め、ベッドのスプリングは絶望的、そしてシャワーは水しか出ない!バスタブは水漏れするほどヒビが・・・・・という、残念な有様。
生まれて初めて水シャワーで頭と体を洗いました。朝からお互いの「冷た~~!」という悲鳴が聞こえてきます。

しっかりメンテナンスし直せば、マレーシアでも有数の豪華なコロニアル・ホテルとして生まれ変わるのに、マレーシアにはこういう建物が沢山ありますね。 歴史的建造物を維持するだけでも大変なのでしょうが、本当に残念だな~~~~という思いでいっぱいです。

とはいえ、1部屋なんと90リンギットくらい(約3000円)で泊まれます。
雰囲気だけでも味わおう、、、という方は一度お試しください。
URL http://www.majesticstationhotel.com
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
文字色
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
  • 無題
Miki 2007/09/10(Mon)11:32:55 編集
すばらしい駅舎です。これを見学にマレー鉄道で立ち寄られる日本人も少なくないとか。
ここに泊まると列車の騒音がすごいかと覚悟していましたが、2階のお部屋では私は全然たたきおこされるようなことはありませんでした。
おそらく2階のお部屋は1等、中2階のお部屋は2等とかそういうクラス分けになっていたのでは、と思います。中2階のお部屋は狭そうで、ベッドがいくつもぎっしりと入っており、マレーの子供たちの修学旅行の団体が泊まっていました。
ちゃんとメンテすれば、日本女性憧れのコロニアルホテルになること、間違いありません。
  • 憧れのイポー駅
マミ 2007/09/10(Mon)14:47:18 編集
以前からイポーへ行くなら列車がいい!そしてイポー駅をまず見学してから市内へ・・・というのが私の理想です。
KLの友人は車で行ったらええねん!と言いいます。外人にはあのコロニアルな駅舎の風情がなんともたまらんのよ~!と言うと、理解できないみたいでした。
マレーシア人といっても中国系はせっかちですね。
感覚がいま一つ噛みあわないというか・・・。
時間にはルーズなくせに何で?・・・(ToT)
さて、この駅併設のホテル、確かに良い評判を聞かないですね。本当に勿体無いです。値段は魅力的ですが。南国でも水シャワーは本当に辛いですよね。
暑くても温水で体の汗を流したいですよね。
  • 私たちも
Miki 2007/09/10(Mon)14:59:16 編集
マラッカ近郊の駅から鉄道でイポー入りをかんがえていたのですが、イポーにいく鉄道は一日わずか1本で、しかも夜中に着くのでやめました。でも、今KLからイポーへいく列車が増えたらしいですよ。
車でいくのも悪くはないです。高速道路の周囲の景色がだんだん桂林ぽくなってくるのでもうすぐイポーだなあーとわかります。
マラッカからはバス直行便は午前中1便しかありませんでした。午後バスターミナルに行った私たちはとりあえずKLまで出てそこからイポー行きのバスを探しました。KLからは結構頻繁に出ています。

私は船旅も好きなのですが、日本人でも「冗談じゃない」と言う人が結構いますね。ゆったり景色を見ながら、他の乗客とおしゃべりしながら、の旅っていいですよね。
ただし、マレー鉄道はどうしても時間・便利さ・快適さで問題ありのようです。マレーシアの人たちはバスを選ぶのが普通でしょうね。
  • リアルタイムに
マミ 2007/09/10(Mon)15:11:20 編集
いつもリアルタイムにコメントありがとうございます。
列車はやはり×ですね。バスもいいですね。
イポーはマレーシア人にとっては観光名所と言うほどではないのでしょうか?
もっと頻繁にアクセス機関があってもいいように思うのは何も知らない外人が考える事なのかと思ってしまいます。
マラッカやイポーに日本からの直行便作って欲しいくらいです"^_^"
シンガポールの食べ物を知り尽くした訳ではないですが、マレーシアで食べた料理のほうが美味しい!といつも感じました。
住宅街の中にひっそりとある小さなオープンエアーの食堂、古びたストールで食べた麺料理が本当に美味しくて今も覚えています。
シンガポールよりマレーシアののんびり感も私に合っているんだと思います。
シンガポールや香港のエスカレーターでいつもスピードが早い!と感じ、いつも最初の一歩が足をとられる程トロいので"^_^"
イポーでもマラッカでものんびりジャラン・ジャランしたいですね。
  • 無題
Miki 2007/09/10(Mon)16:57:25 編集
マミさん、こんどメールを私たちの方へくださいませんか?公の場で書けないこともあります。

私もそうですが、多くのシンガポール人もマレーシアにローカルフードを食べにいくのはとても楽しみです。

それでもチキンライスはシンガポールの方がおいしいとおもいます。マレーシアは国産米がいただけないので、それがどうしようもありません。シンガポールは上質のタイ産米を輸入しているので全然違います。

ペナンとシンガポールを比較していえることは、ペナンは屋台料理や食堂がいいが、レストランがイマイチです。シンガポールの方がいいレストランが多いです。これはペナンの友人たちも同感だそうです。シンガポールの屋台料理はちょっと・・・ひどいのが多すぎます。もちろんおいしいところもあるのですが、全体的に少ないですね。それでも名人芸的な調理ができる屋台や食堂もありますよ。
  • イポ~よいとこ一度は~~
Chie 2007/09/10(Mon)18:24:31 編集
マミさん

いつも読んで下さり本当に感謝!です。

イポーに行くバスはKLからだと便利ですよ。
途中、日本人のロングステイ先として人気のある、かの有名な「キャメロン・ハイランド」に曲がる道を通り抜けながら、目と鼻の先にあるのがこのイポーなんです。

なんでイポーがいまいちメジャーにならなくて、キャメロン・ハイランドばかりが・・・・と思います。

政府観光局もキャメロン・ハイランドのプロモートはしても、イポーの宣伝なんて絶対にしません。

風光明媚で物価は安く、マレーシア一と言っても良いほど食べ物がおいしくて、見学する所も沢山あるのに、どうしてプロモートしないのか?私たちには理解不能です。

ちょっぴりホテルを我慢してでも、イポーに滞在する価値は絶対にありますよ!
  • ありがとうございます。
マミ 2007/09/10(Mon)21:31:25 編集
Mikiさん、Chieさんいつもお返事ありがとうございます。
毎日こちらへ来るのが楽しい日課となりました。
今まで友人にマラッカやシンガポールの話しても反応がよくなくて・・・。
私は頻繁に行けるわけではないので、本当にこちらの生の情報はありがたいのです。
イポーも本当に早く行きたいですね。
もちろんマラッカもです。
メールはPeranakan Chicのほうへ入れさせていただきました。
また何かあればメールお待ちしています。
ありがとうございます。
  • ますます
マミ 2007/09/10(Mon)21:47:13 編集
Mikiさん、Chieさんの生の情報を読むとますます興味がわきます。ペナンの屋台もいいですね。近頃、ペナンのロングスティに関する番組を見て、いいなぁ~と羨ましく思っていました。
レストランは確かにシンガポールのほうが洗練されていそうですね。
といってもシンガポールも随分行ってないので・・・。
マラッカとイポーについてこんなに教えていただいて嬉しいです。
マラッカとイポー、もしくわマレーシアに興味のある日本人ってどのくらいなんですかね?
少なくとも私のまわりに興味を持ってる人間はいないんです。
マラッカファンの私からすれば、マラッカの存在を知らないで生きてるなんて勿体無い!って思います。
人それぞれ価値観や感じ方がもちろん違うから仕方ないのですが、きっと私のように感じている人もいるのでは?って思います。
マラッカやイポーの隠れファンクラブでも作っちゃいましょうか?
そして両地域とも日本人にとってもっと近い存在になったらなぁと思います。
イポーに行ったこともない私が何を語れるんだ?って事になりますが。
プラナカン文化についても・・・。
マラッカやイポーの町並みとかプラナカンハウスのDVDとか出れば即買っちゃいます。
是非出してください!ってお願いばかりですね。
  • 無題
2007/09/10(Mon)21:55:35 編集
へえ、いいことを聞きました。

もし出張あったら試してみます!
  • 第二の故郷マレーシアイポ
ふじこ 2008/07/10(Thu)13:26:21 編集
マレーシアはとってもいい国特にイポは最高です住む人達もとっても優しい人ばかり住むならマレーシアイポです
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
  • ABOUT
プラナカンを中心に、シンガポール・マレーシアの話題をお届け。食べ物・旅行の話題が中心です。
  • プロフィール
HN:
Miki & Chie
性別:
女性
自己紹介:
シンガポールとペナンに住んで20数年、プラナカン協会会員です。ライター&コーディネート業務に携わっています。ご依頼・お問い合わせは下記ホームページからお願いいたします。
  • 便利ツール
私たちの本や参考図書をご紹介
  • 最新コメント
[10/02 Miki]
[10/02 Chie]
[02/05 Chie]
[02/02 wai]
[02/02 Miki]
  • ブログ内検索
  • カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
  • 最新トラックバック
  • バーコード
  • カウンター
  • アクセス解析
Copyright © マレー半島モンスーン寄稿 All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]