忍者ブログ
Admin*Write*Comment
マレー半島モンスーン寄稿
[19]  [18]  [17]  [16]  [15]  [14]  [13]  [12]  [11]  [10]  [9
シンガポールとマレーシアで食べるニョニャ料理の中で、圧倒的にマレーシア産に軍配が上がるのがオタ・オタ(OtahOtah)89141febjpegという魚のすり身料理。
材料には、イカン・テンギリというサワラに似た魚を使うことが多く、それをすり身にし、ココナッツ・クリーム(ココナッツ・ミルクよりも濃厚)とフレッシュ・スパイス&ハーブ類を合わせて葉っぱに包み、炭火で焼いたり蒸したりしたもの。ニョニャの得意料理のひとつだが、産地によって辛さもテクスチャーも葉っぱの種類も、オタの大きさも実に様々。

マラッカで食べるニョニャのオタは、レモングラスやブルージンジャー、ターメリック、カフィア・ライムの葉っぱなどに、生のチリ・パディ(小さくて辛いチリ)とブラチャン(干海老のペーストを炒ったもの)などが入った香ばしくてスパイシーなもの。バナナの葉や、ラパという少し黄色い葉でくるんであることが多い。そのテクスチャーはふんわり仕上げた、でき立てほやほやのカマボコのごとく。特にマラッカの近郊にあるムアーという町はオタがおいしくて有名な町だ。

マラッカのオタに感動しつつ、ペナンに行くとさらに驚きの味に出会えるのだから、オタという料理、単なる魚のすり身などとあなどれない。ベイクしているシンガポールやマラッカのオタと違い、ペナンのオタは蒸しているため水々しく滑らか。
ペナンではオタのことを英語でフィッシュ・ムースと呼ぶように、口の中に入れるとシュワッととろけてしまう、まさにムースのような軽さだ。
初めて食べたのは、ガーニー・ドライブにあるさり気ない屋台街でだったが、香り立つハーブとフレッシュな魚の風味がMixされた典雅な味わいに感激。タイ料理の影響か、ペナンのオタはカフィア・ライムの爽やかな香りが印象的だった。

それに比べて残念なことに、シンガポールで食べるオタはココナッツの油が重たく感じられ、テクスチャーもイマイチ。何といってもオタの命である葉っぱをひらいた時に香りたつ芳香が感じられない。所によっては「魚の鮮度が危ない味」の店も多い。マレーシアのオタを知ってしまってはね~~~。

おすすめ店 
(マラッカ)
・Nya Nya(レストラン)G 35 Jln.PM3 Plaza Mahkota Bandar Hilir   Tel 06-283-6327
・Baba Charlie Lee (菓子店)72 C. Jln.Tengkera          
Tel 06-284-7209
(ペナン)
・New World Café (Siin Se Kai) 10 Swatow Lane.
(シンガポール)
・ニョニャ料理店ならおいしいものにありつけます。
 Joo Chiat Rd.のGuan Hoe Soon、PeraMakanなど結構いいですよ。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
文字色
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
  • 好みはさまざま
CHIE 2007/03/24(Sat)01:39:59 編集
ムースのように軽やかなオタや、フィッシュ・カスタードとでも言いましょうか、プリンのような滑らかなオタもあり。魚の切り身を入れ、食感を残したオタもあり、お店によって個性は様々です。私はカフィア・ライムの葉がたっぷり入った芳ばしいペナン・バージョンが好きかな~~~でもマラッカのNyaNyaで食べるオタ(ムアール風とか?)も捨てがたい。
  • Bakerzinnのオタ・チアバッタ
Miki 2007/03/24(Sat)15:32:55 編集
が結構いけると思います。
どうやって焼いているのかがちょっとナゾ。オタにはあらかじめ若干火が取っているのか?
そうじゃないとオタに火を通るまで焼いてたらパン焦げちゃうし。
このオタがムアール風です。あ、Bakerzinnというのは、
シンガポールで有名なケーキ屋さん。なんだか成功しまくってて、
マレーシア、タイ、ジャカルタなどにも店舗拡大してる。
  • ベーカーズ・インのオタ・ブレッド
CHIE 2007/03/25(Sun)03:15:33 編集
そうそう、あそこはシンガポールで一番のケーキ屋さんですが、元はパン屋さんでした。そこで出していたオタ・サンド(イタリアン・スタイルのチャバタ・ブレッドにはさんである)が有名です。香ばしく焼き上げたピリ辛のオタとパンってよく合うんですよ。ニョニャのランチ・タイムにもしばしば登場するほどです。ベーカーズ・インはシンガポールではラッフルズ・プレイス、オーチャードのパラゴンなどの中に入ってます。もちろんスイーツ類も東南アジアでは最高級のレベルだと思います。インドネシアのお金持ちがお菓子を買い占めるそうな。。。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
  • ABOUT
プラナカンを中心に、シンガポール・マレーシアの話題をお届け。食べ物・旅行の話題が中心です。
  • プロフィール
HN:
Miki & Chie
性別:
女性
自己紹介:
シンガポールとペナンに住んで20数年、プラナカン協会会員です。ライター&コーディネート業務に携わっています。ご依頼・お問い合わせは下記ホームページからお願いいたします。
  • 便利ツール
私たちの本や参考図書をご紹介
  • 最新コメント
[10/02 Miki]
[10/02 Chie]
[02/05 Chie]
[02/02 wai]
[02/02 Miki]
  • ブログ内検索
  • カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
  • 最新トラックバック
  • バーコード
  • カウンター
  • アクセス解析
Copyright © マレー半島モンスーン寄稿 All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]