忍者ブログ
Admin*Write*Comment
マレー半島モンスーン寄稿
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9
10月末頃に発売予定の著書第2弾 『マラッカ ペナン 世界遺産の街を歩く』(ダイヤモンド社のGEMストーン・シリーズより刊行) の制作も大詰めとなりました。表紙が決まり、帯の文章も整い、発売に向けて着々と進んでおります。

初めて紹介する場所やレストランも盛りだくさんの内容となっておりますので、是非楽しみにしていてください!
その中で、とても印象に残っている素敵な場所をいち早くご紹介したいと思います。
というのも、これからご紹介するお店は有名なペナンヒルの頂上にあるのですが、ペナンヒル鉄道が来年2月頃から工事のため使用中止となり、行きにくくなるためです。ですので、皆さん早めにおでかけください。

そのお店は伝統的な英国料理を出す 「David Brown's Restaurant & Tea Terraces」 です。



ペナン・ヒル(実際には山と同じ)の素晴らしさは何といっても澄んだ空気。下界よりも4 - 5度は涼しいかも・・・。
昔から英国人御用達の避暑地として有名で、今でもところどころに当時の面影を残す瀟洒なコロニアル・バンガローが点在しています。
ペナン・ヒルの歴史やレストランの詳細については本をお読みいただくとして、天気の良い日にはペナン・ブリッジの先にマレー半島も見渡すことができるデイビッド・ブラウンズでのアフタヌーンティーは、別格のおいしさでした。

IMG_0947.jpg正直、ニョニャ・クエやタオサーピアなど土地のスイーツ以外に、ペナンで美味しい洋風デザートなど望めない、と思っていた私たちですが、見事に覆されました。
サクサクのスコーンにはキャメロン・ハイランド産のイチゴを使った自家製のストロベリージャムと、空輸したデヴォンシャイヤー・クリームがた~~っぷり添えられています。
英国風のブレッド&バター・プディングのクリーミーで素朴な味わい、こぼれんばかりにリンゴが詰まった焼き立てのアップルパイなども忘れられません。

ひらひらと蝶が舞う美しい庭でいただくアフタヌーンティー、見渡せばジョージタウンの絶景が。
デイビッド・ブラウンズは、のんびりとペナンの昼下がりを過ごす名所として、わざわざ足を運ぶ価値ありの別天地です。


David Brown’s Restaurant & Tea Terraces

住 Lot 400, MK 17 Daerah Barat Daya, Strawberry Hill, Bukit Bendera

TEL(04)828-8337

URL www.penanghillco.com.my


09:00~11:00(朝食)
11:00~14:30(ランチ)
14:30~18:00(アフタヌーン・ティー)
18:00~21:00(ディナー)
無休
PR
マラッカのコロニアル・ホテル『ザ・マジェスティック・マラッカ』が、7月1日よりニョニャ料理のクラスを開始しました。

先月テスト・クラスを設けて頂きましたので、早速報告をさせていただきます☆



シェフは地元のテレビ番組でもおなじみのプラナカンのスター・シェフ、ケニー・チャン氏。(写真のテスト・クラスはマジェスティック・マラッカのエグゼクティブ・シェフによるもの)ケニーさんはマラッカ市内でレストランも経営されていますが、ニョニャ料理とプラナカンの文化を一人でも多くの人々に知ってもらいたいと、プラナカンをコンセプトにしたホテル、マジェスティック・マラッカとコンビを組むことになったのです。

P1140036.jpgクラスが行われるのはホテルのメイン・ダイニング『ザ、マンション』のプライベートルーム。高い天井に大きく開け放した窓。コロニアルな雰囲気を漂わせる優雅な個室で教えていただくのは、鶏肉とジャガイモの醤油煮こみのアヤム・ポンテーや、ニョニャ風のカリーなど、日本でも作れるメニューを考慮してあります。

スパイスや材料の丁寧な説明から始まり、ニョニャ料理の命ともいえるサンバルづくりを石臼で合わせるのも体験できます。手間がかり作るのが難しいと思われがちなニョニャ料理が、目の前であれよあれよと出来上がっていくのには驚きでした。





P1140025.jpgこの日の料理はリクエストさせていただいたアヤム・ポンテーと好物のビーフレンダン、モヤシとチキンのケラブ風サラダでした。どれも驚くほど美味であっという間にぺろり!

フレッシュなハーブとスパイスがキリリときいた奥深い味わいに、今度は何を教えてもらおうか?と次のリクエストを考えてしまうほど。

クラスはホテルのゲスト以外でも受講できます。


暑さがピークに達するマラッカの昼下がり、優雅なダイニングルームで、是非とも本場のニョニャ料理の作り方を体験してみてください。


ザ・マジェスティック・マラッカ
電話606(289)8000

www.majesticmalacca.com

ニョニャ料理クラス
(英語で開催)
24時間前までに要予約

2名~8名まで

時間 15時~17時30分
料金 RM 250 (税・サ別)
含まれるもの、オリジナル・エプロン、メニュー、修了証書
マラッカではHotel PuriやBaba Houseを定宿にしている私たちですが、
今度利用してみようかなと思っている宿が登場しました。

それはなんとあのババ・ニョニャ・ヘリテージ博物館に併設されているのです。
博物館の隣にある1511カフェはオーナーの息子さんのコリンさんが経営しています。建物のこの部分はかつて使用人たちが住んでいたそうで、若干狭いのですが、豪華な装飾も残っています。



この4月、コリンさんがそのカフェの2階部分をB&Bにしてオープンさせました。

部屋は全部で4室しかありません。安宿としてオープンさせたので部屋も狭いのですが、これが安宿というにはなかなかインテリアも凝っているのです。もちろんエアコン付き。
通り沿いの部屋がおすすめです。あのゴージャスな窓枠が付いているのですから。



バス・トイレは共通ですが、綺麗なタイル張りでモダンないい感じ。
シャンプーやボディソープなども用意されていて、下手な安ホテルよりいいかも。

インターネットは無料で使い放題、朝食も付いており、下のカフェでラクサからパンケーキから好きな物が食べられます。(ここのラクサは結構おいしんです。なんとアサムラクサもあるんですが、これがなかなかのお味)

これでRM80〜とはお安い!
「ブティックホテルのような安宿!」と私たちの取材時に泊まっていたドイツ人が絶賛していました。

フレンドリーなオーナーのコリンさん、旅行好きで世界中を回られた方なので、旅行者のニーズはよく心得ています。ただこのお宿、泊まれるのは30歳以上のお方に限定されています。大人のための安宿なのです。
また室内はすべて禁煙です。もしも火事でこの家が焼けてしまったりしたらマラッカ、いえマレーシアにとっても、重大な損失になりますからね!

こちらでもいろいろな写真が見られます。
http://www.japanese.hostelworld.com/hosteldetails.php/Cafe-1511/Melaka/34700


Cafe 1511
http://www.cafe1511.com/
マレーシアは紅茶の産地でもありますが、コーヒーもとてもポピュラーです。
地元の人たちは紅茶よりもコーヒーの方を自慢に思っているほどです。

日本のものと比べると繊細さに欠けるのですが、でもおいしい店でだす濃くてコクのある味が好きになる日本人も少なくありません。このようなマレーシアやシンガポールのローカル・コーヒーはコーヒー豆(ロブスタ種)を砂糖とマーガリンを加えて煎っており、独特の風味とコクがあります。コーヒー豆屋さんで見ると一目瞭然です。ローカル・コーヒーはてかてかと光っています。

イポー・コーヒーはそんなマレーシアでも特に有名です。
とくに有名なのがイポー・ホワイトコーヒー。ホワイトコーヒーといえばイポー。
これはチャイニーズ・カプチーノ、とも言われていて、ミルクたっぷりのマイルドで濃厚な味がウケてます。ちゃんと泡立っちゃったりしてます。 しかし、ホワイトコーヒーというのは、本来はカプチーノ風のものを指すのではなく、煎るときに砂糖を使わないため色が薄くなった豆のことなんだとか。一説にはマーガリンも使わないとか、使っても少量だとか。ブレンドは企業秘密ですから、どれが本当だかわかりません。とにかく豆の色が薄いのをホワイトコーヒーと呼ぶというのは確かのようです。

そう、こちらではホワイトコーヒーでなくても、コピ(コーヒーでも通じる)と頼んで出てくるのは、すでにコンデンスミルク&砂糖入りのコーヒーです。最初から入ってるんです。ミルクが入ってるからホワイトコーヒーになるのではありません。

ちなみにマレーシア&シンガポールのコーヒー オーダー編豆知識:
コンデンスミルクを入れないのはコピ・オー(Kopi O)と呼びます。
オーというのは福建語で「烏」、黒いという意味。
コンデンスミルクでなくエバミルク入りはコピ・シー(Kopi C)。
カーネーションミルクの「C」なんです(ブランド名が定着して)。
砂糖もコンデンスミルクも入れない本当のブラックはコピ・オー・コソンと言います。
で、アイスで飲みたい場合は、最後に「アイス」とつければ大丈夫。福建語で「ペン」とも言いますが、日本語発音では通じないので、「アイス」にしとけば無難です。
それから砂糖少なめ、と言いたいときはマレー語で「グラマニス」というか福建語「シュータイ」とつけます。英語がわかる人なら「レス・シュガー」で大丈夫ですけどね。しかしペナンでは「シュータイ」とはいわず、「チア」といいます。
コピ・ペン・チア、つまり、コンデンスミルク入りコーヒーのアイス、砂糖少なめ。

ちょっとややこしいんですが、慣れると上記の言い方の方が使いやすいです。

133ef541.jpegさて、イポーのオールドタウンエリアには古くからのコーヒーショップが残っています。さらにチェーン店を展開して成功しているのOldtown Coffeeという、マレーシア版スタバがあるのです。以前にもマレーシアには地元発スタバ風カフェ・チェーンはありましたが、ただのスタバの猿真似でユニークさはありません。しかしOldtownはマレーシアらしさ、イポーらしさを全面に出し、しかもブランディング化でインテリアなどもユニークでセンスがよいのです。今ではマレーシアのあちこちにあります(マラッカにも)ので、是非一度足を運んでみてください。私のおすすめはホワイトコーヒーのアイス、です。イポー名物の料理も一応メニューに揃ってます。


で、本場イポーのOldtownを試そうと、ホテル近所のショッピングモールをあたってみたのですが、無く、似たような感じのファ−ストフード風カフェがありましたので入ってみましたら、アイスコーヒーは美味しかった(ホットは濃すぎた)し、料理もとってもおいしいのです。私たちはカリーミー(カレー麺)とミースワ(麺線)入りハーバルスープを頼んでみたのですが、こんなカジュアルな店でこのクオリティーはすごくない!? と一同感心するレベルなんです。あの食の都と呼ばれるペナンですら、ショッピングモールのお店なんかではろくなもの食べられませんよ?

ホテルから徒歩で8分くらいのところに、グリーンタウンというニュータウンの繁華街があります。シンガポールでいったらホーランドビレッジ風とでもいいますか、こぎれいな繁華街でレストランやホーカーセンターがいくつもあります。ここにOldtownがありました。ホーカーセンターで食い過ぎの私たちはOldtownでは食べ物はトライできませんでしたが、おいしいアイスコーヒーでホッと一息。

オールドタウンのホームページ
http://www.oldtown.com.my/

IMG_0379.jpgまたそのOldtown発祥の店? 関連があるのかちょっとわからなくなってきましたが、Nam Heong 南香という老舗コピティアムにも行ってみました。左の写真がそこのホワイトコーヒー&アイスホワイトコーヒーです。
ここではチャークエイティヤオもおいしいのだとか。

で、ここは激戦区でして、その向かいにはもっと評判のよい(?)コピティアム Sun Yuan Loong 新源隆 というお店もあります。とにかくここは満席で、それを嫌がる地元ッ子もいるようですが。で、ここのお隣のお店にもまぎらわしい名前でSun Yuan Foong 新源豊 というのがあり、地元の人おすすめで連れて行かれたことがあります。実はここが本家だそうでLoongの方はのれん分けなのだとか(?)。ここには1人日本語のできるおじさんがいて麺を売ってます。

なのでこのエリアに来たら、コーヒー3軒はしごしないとなりません!
しかも食べ物も充実していますから、お腹をすかして行かないとダメ!
私は新源隆ではコーヒー豆をおみやげに買いました。本当に香り高くて、スーツケース中がコーヒーの香りになってしまいました。 このコーヒー激戦区はオールドタウンのJalan Bandar Timahという通りにあります。
ついに念願のイポー食べ歩きを敢行してまいりました〜。

食べ歩きが一番の目的でもありますが、コロニアルシティの面影を残すイポーは街歩きも楽しみでありました。

首都クアラルンプールから陸路2〜3時間で来られるイポーはペラック州の州都で、住民の多くは広東系や客家系の華人、そしてインド系も結構多いです。イポーは錫鉱山で繁栄した街なので、労働力として集まった華人やインド系が多いのです。

イポーは鉱山がたくさんあるように、キンタ・バレーと呼ばれる盆地に位置し、周囲を奇怪な形をした山に囲まれ、鍾乳洞もたくさんあり、中国の桂林のような風光明媚な土地です。で、鍾乳石のおかげで水がおいしい。

ちょっと見にくいですが山の様子がわかるかと


水がおいしいと、コーヒーもおいしい。もやしも何だかぷっくり育つ。そしてイポー名物のつるつる麺、ホーファンがおいしい!しかも中国人の中でもグルメで知られる広東人が多いのだから鬼に金棒!食のレベルの高さははっきりいってマレーシア随一といっても過言ではないでしょう!!

IMG_0384.jpgそんなイポーのもうひとつ感心する点は、街が整然としていること。

キンタ・リバーを挟んでオールドタウンとニュータウンと分かれているのですが(私的にはニュータウン側も古いと思うけど)、錫鉱山のブームが去った街ですから、マラッカみたいに廃墟化した家も少なくはありません。しかし何だか街は整然としてしていて、あまりゴチャゴチャしてないので歩きやすい方だと思います。






ホテルから見えたミッション系スクール



オールドタウンには白亜の壮麗なコロニアル建築がたくさん残っています。イポー駅の駅舎なんて圧巻です。

一方、ニュータウンもグリーンタウンあたりのちょっと高級な住宅街あたりには素敵なコロニアル・ヴィラが残っていたり立派なおうちがあったり、美しい椰子の木の並木道があったりして、「シンガポールの高級住宅地みたい!」なところもあるんです。

私たちは今回はSyuen Hotelに滞在しました。食べ歩きにも比較的便利なロケーションで、すぐ向かいには大きなイポー・パレードというショッピングモールもあります。料金はプロモーションでスーペリアRM189、デラックスRM238でした(朝食付き)。スーペリアも間取りは同じで広々してましたが、窓がないも同然で暗く、冷蔵庫がついていません。4つ星ホテルでこの内容は驚きでしたが、デラックスは快適でした。

Syuen Hotelのそばにはもっとカジュアルなエクセルシオール(いたって簡素な部屋で老朽化しているが冷蔵庫などの設備は整ってる、RM138〜)、新しくオープンしたタワー・リージェンシーというホテルがもう少し都心から離れたところに出来てます。イポー駅のマジェスティックは改装もされず相変わらずオンボロでした。
古いモスクを見にトランケラ通りへ。

IMG_9833.jpg1728年のオランダ時代に建てられたトランケラ・モスク。
関心をもってくれた異教徒を歓迎してくれた信者の方がモスク内をいろいろと案内してくれました。女人禁制のはずの礼拝堂にも入れ、入れとうるさく。
モスクの関係者なのかなと思っていたのですが、一通り案内が終わったら、「じゃあね〜!」とバイクに乗ってお帰りになられました。あ、たまたまいた信者だったのね・・・。
それにしても、とても可愛らしいモスクなので、かなり気に入りました。





そのあとトランケラの村々を歩いてみると良いよ、とのことで、友人と一緒に通りの裏へ入って散策をしました。この辺はその昔プラナカンやユーラシアンの上流階級の人たちが西洋式ヴィラを建てたりした地区でもあり、今は埋め立てられてしまいましたが、海岸を目の前に臨む閑静なエリアだったことが偲ばれます。



交通の激しい表通りには、上流階級の人が住んでたのだろうなと思われるヴィラの廃墟もちらほらと見られますが、通りの裏にはちょっと貧しいけれどのどかな家並みが続いています。




車一台が通るのがやっとの細い道沿いにマレー人の家、インド系の家、ユーラシアンの家、中国人の家が並んでいます。建築様式はほぼ同じですが、家の玄関先に貼られているマリア様の絵や中国式の提灯や飾りで人種がわかります。カンポン・モルテンなどはイギリスの植民地政府が「イスラム教徒用居住地」として開発した村で、今でも100%マレー人しか住んでないそうですが、このトランケラのようにいろんな人種が雑多に、でも平和に暮らしている方がマラッカらしいなあと思います。



こんな細々とした家並みの中に突然ちっちゃなモスクが現れたかと思えば、家のすぐ脇にイスラムの聖職者のお墓や中国寺院なんかがあったります。友人はここにNational Geographicの取材班も案内したそうで、それは喜ばれたとか。 でも私はシンガポール人の友人に話したら「路地裏に入るなんてとんでもない!」と怒られましたよ。ですので自己責任で入ってくださいね(笑)。あんなのどかなカンポンにひったくり強盗なんていないと思いますけど。

気がついたらニョニャ・クエを作っているチャーリー・リーの工房にたどり着きました。
かなりの距離を歩いていたみたいですが、楽しいのであっという間の散策でした。
今回もマラッカは灼熱の太陽がダイレクトに肌を刺す暑さでした。

街中のコーヒーショップで冷たいチェンドルをつるり!もいいですが、ふかふかのソファーにうずもれながら、昼下がりの優雅なハイティーで、ちょっと贅沢してみるのもいいですね。

マラッカでハイティーするなら、一番優美なコロニアル・ホテル『ザ・マジェスティック・マラッカ』がおすすめです。

IMG_0123.jpgマレーシアの紅茶と言えば、キャメロンハイランドのBOHティーが有名ですが、ここではそのBOHティーの中でもクオリティーの高いゴールドブレンドはもちろん、パッションフルーツやマンゴーやライム&ジンジャーといったエキゾチックなフレイバーもの、クローブやカルダモン、シナモンなどのスパイスをきかせたものなど、様々な種類の中から選ぶことができます。
もちろんコーヒーもOK。

花柄の三段トレイでサーブされるアフタヌーンティーは、下から作りたてのサンドイッチ(具はキュウリや卵、ツナやサーモンやチーズなど)と、スコ−ン(プレーンとレーズン入りの2種)。


真ん中のお皿はチキンナゲットやミニ春巻きと言った揚げ物、一番上のお皿はチョコレートケーキや一口大のフルーツタルトなど、彩りのあざやかなケーキが3種類並ぶボリュームたっぷりのアフタヌーンティーです。
もちろんスコ−ンのために、自家製のストロベリージャムやクリームがたっぷり添えられています。

スコ−ンはシンプルな焼き菓子ですが、その分なかなか美味しいものに出会えないのが現実。
でもこちらでは、かつて英国植民地だったからでしょうか、かなり本格的な、サクッとして中はしっとりとしたおいしいスコ−ンをいただけます。

アフタヌーンティーの時間は午後3時〜6時まで(毎日)で、お値段はRM48(税・サービス別)。
一階のロビーラウンジや屋外のガゼボでもできますが、私たちのお薦めはアーチ型の窓から柔らかな日射しが降り注ぐライブラリー・ルームです。
  • ABOUT
プラナカンを中心に、シンガポール・マレーシアの話題をお届け。食べ物・旅行の話題が中心です。
  • プロフィール
HN:
Miki & Chie
性別:
女性
自己紹介:
シンガポールとペナンに住んで20数年、プラナカン協会会員です。ライター&コーディネート業務に携わっています。ご依頼・お問い合わせは下記ホームページからお願いいたします。
  • 便利ツール
私たちの本や参考図書をご紹介
  • 最新コメント
[03/15 cartier love bracelet replique]
[03/13 Jamizebaich]
[02/19 fake cartier braclet]
[02/05 Chie]
[02/02 wai]
  • ブログ内検索
  • カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
  • 最新トラックバック
  • バーコード
  • カウンター
  • アクセス解析
Copyright © マレー半島モンスーン寄稿 All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]