忍者ブログ
Admin*Write*Comment
マレー半島モンスーン寄稿
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10
オランダ広場からチャイナタウンに入るといきなり目に入る大きなマラッカ土産の店。
最近できた新しいお店です。
私たちは立ち寄る時間すら作れませんでしたが、菓子土産などを売っているとか。
今そんな新しいお店があちらこちらに出来ています。

でも私たちの好きなマラッカはそんなマラッカではない。
川を塞き止めてまでしないといけないリバー・クルーズやら観覧車にイルミネーション、歴史遺産の街にどうしてこんなものが登場しなくちゃいけないのか。
素朴なマレー・ビレッジが残るカンポン・モルテン(マジェスティック・ホテルの対岸あたり)へ行く橋も、クルーズのために取っ払われてしまい、現在は遠くの方までぐるりと回っていかないと村へ行かれなくなりました。ここのカンポンでは内部を見学させている家もあったのです。立派な見どころの一つだと思うのですが。

ジョンカーの街並(平日)左にロイヤルプレス。

でもそんな開発の陰でひっそりと残っているお店もマラッカにはまだあります。
昔ながらのコピティアム、よろず屋さん、職人のひとたち。あのジョンカー・ストリートにもまだそんな店がわずかですが残っています。観光客相手のブティックや土産物屋がひしめくこの通りで古いマラッカを探してみました。


IMG_0432.jpgジョンカーで私が惹かれるのはロイヤル・プレス。プラナカンの宝飾品を扱っているバン・オンの向かいにあります。「洛陽印務局」の渋い看板を掲げる素敵なプラナカン・ハウスの印刷屋さん。店の奥にはもう使われてないけど旧式の印刷機が残っています。
実はここではババ・カレンダーを毎年刷って売っています。ババ・カレンダーとはマレー語と英語で中国式カレンダーと西洋式カレンダーを合体させたもの。実は見ずらくて機能的ではないんですが、私はその渋いデザインに一目惚れ。

「ババカレンダーください!」と毎年来る変な外国人は私くらいのものなので、お店のオバさんとも顔見知りに。今回はついに家の奥まで見せてもらいました。すばらしい家なのに、ごちゃごちゃといろんな紙が山積みでほぼ物置状態。でも趣味の悪い土産物屋になるよりはまだましです。




そして今やシンガポールおよびマレーシア全土で買えると思われるAik Cheongのコーヒー。ここマラッカが発祥の地で、今でもジョンカーストリートに本店が残っています。といってもそこらへんの雑貨店みたいなノリの店なんですけどね。手軽に味わえる3in 1(コーヒーパウダーに、ミルク、砂糖も入ってるもの)のパッケージも揃ってますが、香り高い豆のままでも販売してます。
Aik Cheongのウェブサイト
http://www.aikcheong.com.my/main.html


IMG_0441.jpgAik Cheongの店からチェンフンテン寺へ行く道には何軒もよろず屋さんや、乾物店、ココナッツを売る古い店が並んでいます。そのうちのよろず屋さんなどでもいろんなコーヒーパウダーが売られています。Aik Cheongのファミリーの嫁が離婚して自分で立ち上げたというコーヒーブランド、ローズカフェのパウダーもありました。絵柄がかわいくて素朴ですね。乾物屋のおじさんに、「ローズカフェの方が美味しいよ」と言われて買ってみましたが、さて・・・?



PR
またごぶさたしてしまいました。

日本在住の著者チエさんとマカンマカンのシェフ平岡さんが来星し、3人でマラッカ&イポーの取材兼グルメツアーをやってまいりました。

マラッカ滞在はなんと8泊、イポーは3泊でした。
それでもマラッカはまだまだ日数が足りません。友人たちに食事に招待されたり、お世話になった家にご挨拶に伺っているだけでも時間があっという間になくなってしまいます。
でもこういった人脈こそ、プラナカンの研究や取材にはかけがえのないもの。
首を長くして私たちの到着を待ってくれている人たち(行く前にも何度もメールや電話が・・・)、心からの厚い歓待、それを思うと、一人一人大切にしたいという気持ちの方が強くなります。
というわけで、また今回も予定通りの取材はできませんでした(笑)。

マラッカはユネスコ世界遺産登録に加え、シンガポールのテレビドラマ「リトル・ニョニャ」のロケ地としてシンガポール人観光客が激増、ババ博物館は多いときで一日600人も来館者があるそうです。街中がとても活気づいており、このドラマは中国でも放映されたらしく、中国からの団体ツアーも増えていてびっくりしました。
当然タクシーの相場(むろん交渉制ですが)なんかも上がってしまいました(泣)。

街中には以前よりも飲食店やショップがぐーんと増えました。なじみにしているビーズサンダル&クバヤ専門店で聞いた話では、注文が殺到し、クバヤのオーダーメードは4ヶ月待ちになっているのだそうです。

しかしこの好景気もまだまだやっぱり一部のことであり、ひっそり静まり返った裏道、観光客の訪れない昔ながらのお店もたくさんあります。
ヒーレンストリートの古い家屋は壊滅寸前のものもあり、ユネスコ世界遺産になったからといってこれらの家の保存運動が進んでいるわけではありません。またこれらの家々はシンガポール人が結構買い占めているようで、それもまた心配です。

一番の問題は、これらの家々で無人化している家をツバメの巣の養殖場にしている家が増えていることです。この辺を歩くとやけにツバメが多いのにお気づきの方も多いでしょう。鳥の鳴き声がすごい家もよくありますよね。ツバメの巣の家になった家は、表側をきれいに塗り直したりして、一見家を修復したかのように見せているところが多いです。一見綺麗なのですが、窓がぴったりと閉められており、その扉にはつがいがありません。つまり窓は窓として機能しておらず、永遠に閉ざされてるのです。屋根の切り妻のあたりに小さな穴があいており、そこから鳥が出入りしているのがわかります。

このようなツバメの巣の家は違法です。しかしなかなか取り締まりができないそうで、地元のNGOは手を焼いています。鳥の糞公害も問題ですし、歴史的建築が壊れていくのは何よりも残念です。

そんな中、私たちの本でも紹介している、カリー粉を手作り販売しているオン・ファミリーが、家の老朽化を理由に家を売ることにしたのだそうです。それはとっても寂しい、と家のおばあちゃんに言うと、「私の方がもっとさびしいよ。あんたたちをもうこの家で迎えられないなんて。あたしゃここで死にたかったよ」と嘆いていました。シロアリによる床の老朽化がひどく、それを修復するお金もない、売るしかない、のだそうです。
この家も買い手によってはツバメの巣の家にされてしまうのでは、というのも心配ですし、世間知らずのオン・ファミリーですから、安くたたかれるのでは、というのも心配です。
一応現地のNGOや識者の方たちに良い買い手を捜してくれるよう頼みましたが、気がかりです。
本当は私が買えばいい、と一瞬思いましたが、知り合いの思い出がいっぱい詰まった家を買うというのはちょっと・・・

というわけでファミリー一同かなり気落ちしている様子で、家の扉も閉まっていることが多いですが、マラッカに行かれた方は表のベルを鳴らしてみてください。おばあちゃんたちは日本の方が来ると、とても喜びます。ただし尋問には覚悟してくださいね(笑)。カリー粉だけじゃなくてマラッカ名産グラ・メラカ(パームシュガー)も売ってますよ。

今回かなりの変貌に驚かされたマラッカ、また次回のブログでご紹介します。
カレンダー上ではもう祝日ではないですが、中国正月はまだまだ続いています。
最後の15日目(2月9日)にあたるイベントがチャップ・ゴー・メーと呼ばれるもので、福建人の古い伝統行事としても知られています。とくに福建人の多いペナンではこのイベントは有名で盛大です。

チャップ・ゴー・メーはチャイニーズ・バレンタイン・デーとも呼ばれ、適齢期の若い女性が一斉に海にミカンを投げ入れ、将来の伴侶が拾ってくれますようにと願うお祭りです。結婚前の女性の外出を許されなかったプラナカンの家でも、この日だけは外出することが許されました。若い男性の気をひくために晴れ着を着て街を練り歩く、かつては大富豪の令嬢などがオープンカーに乗って派手なお出ましもこのお祝いの見どころだったようです。

下記はペナンからチャップ・ゴー・メーのイベント・スケジュールが送られてまいりましたのでここでお知らせします。
ペナンにいらっしゃる方は是非おでかけくだい。


Chap Goh Meh Celebration 2009
Monday, 09 February 2009, 7:00pm - 10:00pm


Date: 9th February 2009 (Monday)

Location: Esplanade, Penang

Time: 7pm to 11pm

Organizer: Penang State Government



The Penang State Government is organizing the 'Chap Goh Meh' celebration or the 15th night of the Lunar New Year celebration on 9th February 2009 at Esplande from 7pm to 11pm.

This occasion signifies the first full moon of the New Year and during this celebration you will find fair maidens gathering to toss tangerines into the sea, in hope that their future spouse will pick it up. Besides that, there will be several cultural performances including a Baba Nyonya performance.



Chap Goh Meh's schedule:

7.00pm - Guests arrival

7.05pm - Lion Dance, Dragon Dance and Chingay performances

7.30pm - Joget and Dondang Sayang performances

8.00pm - Arrival of YAB Chief Minister Lim Guan Eng

"Kam" Mandarine orange tossing ceremony by Chief Minister and Ms Pesta Pulau Pinang

Lion Dance

Chinese New Year Songs by Mr Lau Han Keat

8.40pm - Arrival of TYT Dato Seri (Dr) Haji Abdul Rahman Bin Haji Abbas, Yang di-Pertua Negeri Pulau Pinang serta yang Amat Berbahagia Toh Puan Dato' Seri Utama Hajah Majimor Bt Shariff

8.45pm - Speech by YAB Chief Minister

8.55pm - Baba Nyonya Dance

9.20pm - Penang Boria Dance

9.40pm - Chinese Traditional Opera

9.50pm - Indian Traditional Performance

10.00pm - "Niuh" Dance / Cow Dance

10.15pm - TYT & Toh Puan departure

10.20pm - Johnny Chee & The Nyonya Belles performance

10.35pm - Lion Dance on Stilts

The End



Road closures: Jalan Padang Kota Lama, Lebuh Light, Jalan Tun Syed Sheh Barakbah.

ついつい橋を渡ってしまいます。

この日は幸い天気もよくなかなか良い写真も撮ることができましたので、
また載せちゃいます。

場所はJalan Dhoby。



マレーシアではとくに珍しくもないでしょうが、シンガポールではもう失われてしまった風情です。
Barang Barangショップ、まあマレーシア版コンビニとでもいいましょうか。
日用雑貨から洗剤、雑誌、そしてお菓子などが売られています。
セブンイレブンなどもありますけど、こういう店、何があるか覗くだけでも楽しいです。
お店の人からは不審がられてしまいますが・・・。

そしてこんなパン屋さんも。
P1010047.jpgP1010048.jpg

















インド人の古いベーカリーです。未だに石釜で焼いています。
アンパンやカレーパンなど素朴な味です。
何でもフワフワな食感の好きな中国系(とくに広東人)には不評ですが、こしのある生地が私は好きです。
もう一本海寄りの通りには中国系のベーカリーがあります。ここも似たようなパンを石釜で焼いてます。


そしてもう我が家は大ファンになってしまった、海南式チキンチョップ。
パン屋の向かいのカフェです。

どう、おいしそうでしょ??
ボリュームも満点でRM11.50。ちょっとマレーシアでは高い方かな、 とは思いますが、ポテトフライも手作り、冷凍食品じゃありません。
昔ながらの缶詰グリーンピースもポイントです。レトロではないですか。

P1010017.jpgお店もこんな雰囲気。
タイルの壁がいい感じでしょう?

マレー系、中国系、インド系、と
さまざまな人種の人たちがのどかに食事を楽しんでいます。
当然、お酒と豚肉は扱っていません。

インドベーカリーにはもう何年も前から来てたのに、ここの店には去年まで入ったことがなかったのです。だって名前がネットカフェみたいな名前だから(行ってみれば意味わかります)。ところが脇の壁に「JB一おいしいチキンチョップ」と書いてあるのを見てしまったんですね、去年。



車だと移動はラクチンなのですが、バンバンこういうところを通り過ごしてしまうのですね。 やっぱりじっくり街歩きって楽しいです。
シンガポールと国境を接するマレーシアの街ジョホール・バル。
日本語オプショナル・ツアーなんかもよくありますが、シンガポール在住の人はまずそういうのには参加しないですね。ツアー用の見どころには、正直魅力を感じない、という人が多いからではないでしょうか。

一般的にはジョホール・バルへは食事&買い物か、あるいはゴルフに行く人が大半で、街を見て歩く人は少ないでしょう。でもジョホール・バルもなかなか侮れません。こじんまりはしていますがリトルインディアもありますし、素敵なコロニアル建築の建物もいくつか、古い街並の残るエリアもあります。また食べ物は安くておいしいところがたくさんあります。ただ難点は、街が広く見どころも点在しているため、車などの足がないと一般旅行者には不便な点です。

またイミグレーション付近(Jalan Tun Abdul Razak沿いのMerlin Towerから南側の一帯)が繁華街になっているのですが、このエリアは地元の人でもあまり良い顔しないちょっと物騒なエリアで、この辺をうろうろするシンガポール人はまずいません。昼間から麻薬中毒者や売春婦がうろうろしていると言われていますので、注意した方がいいでしょう。(ただ前回ご紹介したシティースクエアはJBでもかなり高級感のあるショッピングセンターで、ここは普通に利用できます)

「よくジョホールバルなんて行くね?」と言うシンガポール人も多いのですが、私が結構面白いな〜と思って目を付けているエリアがイミグレのそばにもあるんです。
それは目抜き通りJalan Wong Ah Fookの一本裏、Jalan TrusとJalan Dhobyの周辺です。
ここには写真のようなカラフルで小さなショップハウスが並んでいます。



Jalan Trusにはパン・パシフィック・ホテルや国際会議場もありますが、ヒンドゥー寺院から海側の一帯がリトル・インディアになっており、インド料理のお店が軒を連ねています。Jalan Dhobyあたりになるとインド色は薄れ、中国系のお店がやや多くなってきます。

P1010008.jpgJalan Dhobyにはジョホール一おいしい海南式チキンチョップのお店があります(歩いて探してみてください。表にそう書いてあります)。またその向かいあたりにインド人の古いベーカリーがありますし、個性的なカフェなんかもあってなかなかいい雰囲気です。






P1010010.jpg







またその一本海側のJalan An Tan Hiok Neeにも個性的なカフェや美容院、そしてこちらには日本人もよく訪れる中国系の昔ながらのベーカリーがあるのです。アンパンやカレーパンとか石釜で焼いたばかりのアツアツが食べられます。うちの娘とかはピーナッツ入りパンがお気に入りみたいです。


海に近い大通りJalan Ibrahimには結構有名なインド料理のお店が並んでいます。辛い南インド料理やフィッシュヘッドカリーを出す食堂ではシンガポールから食べにくる日本人の常連もいると言っていました。

のんびり、こじんまりとしていて、レトロな雰囲気のエリアなのでゆっくり歩いてみると良いでしょう。古い雑貨店で掘り出し物が見つかるかもしれません。

ただこの辺は国立博物館などのツーリストエリアにも近いため、日本人を狙った詐欺師に出くわす可能性もなきにしもあらず。親切に案内などしてくれる暇人なんてマレーシアにだってそうはいないのですから、親切を装って近づいてくる人間は相手にしない。私も一度だけ博物館の付近でしつこくされたことがありましたが、もちろん相手になんかしませんでした。また人通りの少ない時間帯には、ひったくりなどに警戒した方がいいでしょう。
シンガポールと国境を境とするマレーシアのジョホール・バルに新しいイミグレーション・コンプレックスが昨年12月にオープンしました。

対岸にそびえるシンガポール側イミグレーション・コンプレックスにも遜色のない立派な建物です。



ただ、シンガポール側にこの新コンプレックスにつながる橋の共同建設の提案したものの却下され、橋は以前のままのものを使わざるを得ないため、橋からコンプレックスまで相当な距離ができてしまいました。そのため、実質的に橋を徒歩で渡るのは不可能となってしまったのです(以前は徒歩で国境越えが出来たのです)。

では、ジョホール・バルの街の中心地からの利用方法をご案内します。

中心地にあるショッピングセンター、City Squareの3階にイミグレに通じる歩道橋の入り口が設置されています。3階のOld Town White Coffeeのすぐ隣です。2階に通じる古い歩道橋ではありません。

歩道橋の入り口を見つけたら、とにかく人の波に従って前進するのみ。ただ、ここから出国カウンターまで10分近く延々と歩かなくてはなりません。出国エリアは以前とは違いマレーシア人も外国人も同じホールになっています。ただマレーシア人用と外国人用パスポートでカウンターが別にはなっています。

長距離バスでの国境越えや市内からバスで入る人たちは、多分そんなに歩く必要はないはずだと思います(未確認ですが)。

出国審査を無事通過し、前方に進んでいくと、バス乗り場プラットフォームAまたはプラットフォームBのいずれかに降りることになります。ツアーバスやSBSバス160番、170番を利用する人はプラットフォームAへ、コーズウェイリンクのバス、SMRTバス950番、星柔快車を利用する人はプラットフォームBへ降ります。

あとはバスに乗り込み、橋を渡ってシンガポール入国です。

シンガポールからマレーシアへ入国する際、市内中心部へ向かう人は上記を逆行することになります(シティスクエアに向かってひたすら歩く)。入国審査を通過すると観光局の案内所がありました。

上記の写真はシティリンクから見たコンプレックス。歩道橋を渡っていきます。

写真の左側にカルテックスのガソリンスタンドの看板が見えます。新イミグレがオープンするまではこのスタンドは安いマレーシアのガソリンを入れて帰るシンガポールの車で大繁盛でしたが、今はまったくの閑古鳥。

このスタンドのオーナーはジョホール州のサルタンだそうで、一日6台のコンテナーがガソリンを補充しないとならないほどの大盛況でした。今、車でのイミグレ進入口が別の場所になったため、そちらにあるシェルのガソリンスタンドが大儲けしています。でもカルテックスのスタンドのオバちゃんに聞いたら、そこもしっかりサルタンの所有物なんだそう・・・。

マラッカの荘厳なババの結婚式とは比べ物にならないほど素朴な結婚式、でも村中の人や親戚縁者が一同に会する楽しいカンポン・ウェディング。のどかな田園風景やバティックの洗濯物が色鮮やかなマレー農家の並びを眺めながら着いたところは、やはりマレー農家とはほとんど変わりのない家。しかし規模は大きく、広い敷地内に3軒が建っており、そのうちの一軒はマラッカでいう「ルマアブ」(先祖の位牌を置く家)でした。

IMG_9588.jpg
IMG_9566.jpg
















料理は家族はもちろん村の人たちの協力も得て、裏の台所で手作りです。でっかい鍋に煮込まれたビーフのカレー、チキンのカレー、白キクラゲと鶏足のケラブ(サラダ)、アヤム・ペルチック(クランタン式のバーベキュー・チキン。ココナッツベースのソースを合えてある)などが並びます。炭火であぶったアヤム・ペルチックは外で売っているものよりもずっと美味しく、おみやげにしてもらったほど。でも不思議ではありませんか?チャイニーズの結婚式なのに、中華料理らしいものはひとつもありません。もちろん誰も文句言いませんし、違和感すらないのです。

IMG_9595.jpgゲストのテーブルもたくさん並んでいますが、もう好きなところに勝手に座って、という感じで、知らない人と相席になったりと、日本の堅苦しい結婚式からは考えられない自由さ。好き勝手に料理とって来て食べたり、おしゃべりしたり、そのうちギャンブルも始まります。







写真左)ギャンブルに興じる人々。マレー人みたいな人もいますね。



IMG_9620.jpgしかし、好き勝手に遊んでいるゲストたちはよそに、家族たちは儀式をちゃんと執り行います。祭壇前には料理が並べられ、新郎新婦がお線香を供え、ルマアブにも同様に儀式をやったあと、献茶の儀式ティー・セレモニーが始まります。年長者から順に席に座り、新郎新婦がひざまずいてお茶を捧げます。これは年上の家族・親戚に対し忠誠を誓う儀式です。そのかわりお茶をもらった人たちはアンパオ(祝儀袋)をあげなくてはいけません。アンパオの中身はキャッシュでもいいし、宝石でもいいのです。「とても高くつくお茶」と言われます。







IMG_9607.jpgIMG_9613.jpg祭壇のしつらえもルマアブもババに比べると非常に質素なものですが、古い家はやはり威厳を感じますね。
どうですか?なかなか良い写真が撮れたと思います。






  • ABOUT
プラナカンを中心に、シンガポール・マレーシアの話題をお届け。食べ物・旅行の話題が中心です。
  • プロフィール
HN:
Miki & Chie
性別:
女性
自己紹介:
シンガポールとペナンに住んで20数年、プラナカン協会会員です。ライター&コーディネート業務に携わっています。ご依頼・お問い合わせは下記ホームページからお願いいたします。
  • 便利ツール
私たちの本や参考図書をご紹介
  • 最新コメント
[03/15 cartier love bracelet replique]
[03/13 Jamizebaich]
[02/19 fake cartier braclet]
[02/05 Chie]
[02/02 wai]
  • ブログ内検索
  • カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
  • 最新トラックバック
  • バーコード
  • カウンター
  • アクセス解析
Copyright © マレー半島モンスーン寄稿 All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]