忍者ブログ
Admin*Write*Comment
マレー半島モンスーン寄稿
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10
マレーシアの新聞 The Star誌で、中国正月を前にお祝いの料理の取材があり、立ち会いました。
ほとんどのお料理はニョニャ料理のエキスパート、スーペイさんが作られましたが、私もただでご馳走にあやかるのは気が引けたので、一つだけお料理を作り持参しました。



それがこれ、Itek Sioh イテック・シオというお料理です。



これぞまさしくプラナカンならではのお料理、と私が常々考えているもので、
中国料理とマレー料理のテクニック、食材が生かされた、しかもごはんはもとより、パンが欲しくなる、フランス料理のようなお料理です。

ニョニャ料理はちょっと見た目があまりよろしくないものが多いので、
写真ではこの料理の美味しさが伝わりませんが、
これはダックを中国の濃口醤油、たっぷりのコリアンダーとエシャロットで煮込んだもの。

エシャロットを細かくつぶしてじっくり炒め、飴色に近くなったらコリアンダー・パウダーを投入、ダックを加えて炒め、さらに甘酸っぱいタマリンド・ウォーターを加えて、コトコト煮こむのです。(人によってはお酢を加えるレシピもあるとか)

ペナンのニョニャ料理ではどちらかというと珍しいお料理ですが、ペナンでも由緒正しきプラナカンの家ではよく食べられていたよ、とのこと。しかも日持ちするのでお正月料理にはもってこいなのです。
甘酸っぱくて濃厚なこのお料理、オーストラリア人の友人は皿をなめんばかりで、鍋にいっぱい作ったのがすぐに完売。

スパイスはコリアンダーのみで、チリも加えないので、辛いものが苦手な人にもおすすめの一品です。

The Star誌ではニョニャ式魚生ユイサム(ローヘイ、という名も)に焦点をあてて記事がかかれる模様。魚生はシンガポールの広東人が考案した料理なのになあ…ブツブツと、うちのシンガポール人夫が文句言ってました。新しいお料理です。これについてはまだ次回。
PR
日本とボルネオを行き来し、ビジネスを展開している友人から大変貴重なお塩を頂きましたのでご紹介したいと思います。その名は「バリオ・ソルト(Bario Salt)」。
 
「バリオ」ときいてピンと来た人はかなりの食通か、マレーシアの達人でしょう。

バリオが有名なのはイタリアのスローフード協会も認めている東南アジアで最高級ともいわれているお米の「バリオ・ライス(Bario Rice)」。

バリオ・ライスが獲れるのはサラワク州にあるバリオ高原で、ボルネオ島の北東部、カリマンタンとの国境に近い場所。パイナップルや高原野菜などが有名な所で、こういう土地ではオーガニックというのは日常的にごく当たり前のことで、毎年バリオ・フードフェスティバルも開かれる食材の豊かな土地です。

さて、そのバリオのお塩はこんな形をしています。


長さ20センチほどの円柱形の固まりとなり、丁寧に葉っぱでぐるぐる巻きにしてありました。
色は少し灰褐色がかったまばらな色合い。 このお塩は厳密にはバリオ近郊のクラビツ(Kelabit)高原に、太古の地形から湧く塩を含んだ湧き水から採取されるもので、海の塩や岩塩などと比べるとはるかに塩味が淡く、実にまろやかで甘味があり、舌に塩味が残らずさっと溶けてしまいます。
初めて味見をしたときは、その柔らかく上品な味に驚きました。聞くとミネラルが豊富だとか。

このお塩はぐつぐつ煮込むお料理よりも、むしろ天ぷらのツケ塩や、サラダの仕上げ、焼き物の味の調整などに適しているのではないでしょうか?

美味しいお塩はダシを使わなくてもお湯で割るだけでお吸い物になる、と聞いたことがありますが、バリオ・ソルトはまさにそんな感じのお塩でした。

このお塩を使ったクラビツやバリオのお料理は、きっとスパイスなどを使わなくても、素材をサッと炒めたり煮たりするだけで美味しいものが沢山できるのでしょう。

作り方や詳細はSarawak Bario Saltで検索すると色々出てきますのでご興味のある方はどうぞ。

新年おめでとうございます

旧年中は大変お世話になりました。
心より御礼申し上げます。

2016年は日本とシンガポールの外交関係樹立50周年という記念すべき年として、両国で様々なイベントが催される予定です。

     
写真は少し早いですが春節などのお祝い時に用いるアンパオ(ご祝儀袋)です。


プラナカンの柄を用いるとこんなに優雅でエレガント。
表も裏もカワイイんです。

結局もったいなくて使えず、手元に置いてあります。

こちらはペナンのニョニャ料理店、Purut Rumahで戴いたもの。
春が待ち遠しくなりますね。




 本年もどうぞよろしくお願い申し上げます
  

ロングステイ9年連続1位、
英語能力調査2位
ジョージタウンが2016年の旅行先、ベストシティ第4位に!


早いものであっという間に師走となり今年も残すところあと少しとなりました。
ワールドランキングで振り返る2015年のマレーシアと、来年行きたい都市に選ばれたジョージタウンの情報を、マレーシア政府観光局さんから届いたプレスリリースを抜粋してご紹介したいと思います。

このたび、ロングステイ財団による「2014 年度ロングステイに関する意識調査」でマレーシアがロングステイをしたい希望国の 1 位に 9 年 連続で選ばれました。
トップ 10 の順位は下記の通りです。
順位 国・地域名
1 マレーシア
2 タイ
3 ハワイ
4 オーストラリア
5 カナダ
6 ニュージーランド
7 シンガポール
8 アメリカ本土
9 フィリピン
10 インドネシア

マレーシアの安定的な人気の理由は、長期滞在受入れのための査証プログラム「マレーシア・マイ・セカンドホームプログラム(MM2H)」。
制度の充実、穏やかな国民性、日中の平均気温が 27-33 度(年間)という過ごしやすい気候、治安の良さ、物価の安さ、医療水準の 高さ、英語が共通言語として通じること、食事も日本人の口に合うものが多いことも理由に挙げられます。 滞在者が日本国籍を保有している場合、 観光・商用目的で 90 日以内の滞在はビザが不要。また、長期滞在の場合、最長 10 年(更新可能)のMM2H(マレーシア・マイ・セカンド・ホーム)のビザ取得が可能です。
海外の ロングステイの人気の高まりの背景には、ライフスタイルが多様化し、人々の「生き方」に関する考えが柔軟になってきた ことがあります。働く 国・地域、得た収入を運用する国・地域、趣味を楽しむ国・地域、子育てや病気療養・介護に適した国・地域等、個人のライフスタイルに 合わせて国の壁を越え人生設計を考える時代(マルチハビテーション時代)を迎えており、今後ますます多様化が促進することが予測されます。
この 9 年連続第 1 位受賞を評価され、世界の観光業の展示会であるツーリズム EXPO ジャパン組織委員会が主催し、新設された「第 1 回ジャパン・ツーリズム・アワード」で、海外領域のプロモーション部門優秀賞を受賞しました。


英語能力調査 アジアで第 2 位/世界第 14 位 EF(エデュケーション・ファーストによる)

英語を母国語としない 54 カ国・地域の英語能力指数調査結果で、マレーシアはアジア圏で 第 2 位を獲得。マレーシアは 60.30 ポイントで、前年より 0.53 ポイントアップしました。
世界全体では 14 位にランクされ 5 段階評 価では、上から 2 つ目の「高い」に分類されています。アジアのトップはシンガポール(世界 12 位)。3 位以下は▽インド(同 20 位) ▽韓国(同 27 位)▽ベトナム(同 29 位) ▽日本(同 30 位)▽インドネシア(同 32 位)▽台湾(同 31 位)▽香港 (同 33 位)▽中国(同 47 位)▽タイ(同 62 位)となっています。
マレーシアは、アジアのゲートウエイ・シティとして近年注目を集めており、世界各国からインターナショナル・スクールに通う学生が増えています。 アジア大交流時代に活躍できるグローバル人材育成に対する社会的ニーズの高まりを受け、教育旅行目的の渡航先としてもますます注目 されていくことが予測されます。


2016 年旅行先ベストシティでジョージタウンが第 4 位に
英国の世界的な旅行ガイド「ロンリープラネット」が発表した 2016 年旅行先ランキング、都市別部門においてマレーシアからはペナン州 のジョージタウンが 4 位に選ばれました。

1 位となったのはモンテネグロのコトル、2 位はエクアドルのキト、3 位はアイルランドのダブリンで、ジョージ タウンは、オランダのロッテルダム(5 位)、インドのムンバイ(6 位)、豪州のフリーマントル(7 位)、英国のマンチェスター(8 位)、米国 のナッシュビル(9 位)、イタリアのローマ(10 位)より上位にランクイン。

世界遺産に認定されている旧市街ジョージタウンは英国統治時代の面影を美しく残したコロニアル様式の建造物も多く見られます。 ©Miki Tampo

E&O Hotel

ペナン は古くは 15-16 世紀、大陸から渡ってきた中国人と地元マレー人との融合文化であるプラナカン文化が色濃く根付いている街です。街の至るところで見られる現代アートを取り入れたウォールアートなどここに来ると、街を歩きながら古いものと新しいものが融合した多様な文化と その歴史のルーツを知ることの楽しさを味わえます。
©Miki Tampo

またペナンは、昨年「ロンリープラネット」が選ぶ 2014 年の世界の美食スポットでも世界第 1 位に選ばれており、グルメの街としても定評が あります。もともと1786年にペナンに貿易港が設立された後、マレーやインド、アチェ、中国、ビルマ、タイといった地域から到来した多くの文化 の混合を反映したのがペナンの食べ物の特徴です。チャークイティァオ(平たいヌードルを使った炒めビーフン) やアッサムラクサ(魚の身が たっぷり入った酸味のあるスープが特徴の麺)など様々な名物料理が楽しめるのもペナンの魅力です。
アサムラクサ

ペナンスタイルのホッケンミー©MikiTampo
11月4日から8日までの5日間、シンガポールの各所でプラナカンアーツフェスティバルが開催されます。


また、毎年1回プラナカン協会ではババニョニャ・コンヴェンションというのをシンガポールやマラッカ、ペナン、タイなどで開催し、世界中に点在するプラナカンとの交流を図っていますが、第28回目である今年はシンガポール独立50周年ということもあり、アートフェスティバルと一緒にシンガポールで大々的に開催されます。

期間中はラクサやミーシャムなどのニョニャ料理教室や、プラナカンタイルをペイントするクラス、クバヤ刺繍のデモンストレーションやプラナカンの結婚式やファッションショー、歴史や音楽、演劇にいたるまで、幅広くプラナカン文化を知ることができるセミナーやイベントが満載ですので、この時期にシンガポールにいらっしゃるご予定のある方は是非ご参加ください。詳細は以下まで
www.peranakanfest.com


私たちは以前ペナンで行われたババニョニャ・コンヴェンションの催しで、トクパンジャン・フェスティバルに招かれたことがあります。ペナンのニョニャやビビックたちが総動員で素晴らしい家庭料理をトクパンジャン(ロングテーブル)で披露してくれました。サーブされた料理の一部です。



ペナンを代表するニョニャ料理、ジューフーチャーやバビアサム、激辛の魚の胃袋の煮込みプル・イカン、そしてルンダン、アチャーなどがズラリと並びました。私たちにはどれも感動の味わいでしたが、テーブルを囲みながら作って下さった方の隣で「我が家のほうがこれよりずっと美味しい」と堂々と言うプラナカンたち。あちこちで言いたい放題の彼らにハラハラしながら「ああ、これがプラナカンの世界なんだ、、、」と軽い洗礼を受けた記憶があります。

しかしその翌日には「ずっと美味しい」と言っていたご夫妻に招かれ、さらににおいしい絶品ジューフーチャーやニョニャカリーを堪能した私たちでした。
普段はお手伝いさんが作る料理を、その時はご主人が腕をふるって下さり、ユーラシアンである奥様はこれまた絶品のスージーケーキを披露してくださったのは今でも忘れられません。

各家庭それぞれに「我が家が一番」と言える自慢のレシピがある、それは家庭はもちろん食文化を守ることにもつながる本当に素晴らしい事だと思います。


 シンガポールに駐在経験のあるご婦人方を中心に、長い間インドネシアの布を深く追求、研究されているインドネシア染織研究会「クンプル」の皆さん。彼らが幾度となく現地を訪れコレクションしてきた膨大な布の数々を、3年に1度披露する大変貴重な展覧会のお知らせです。
(前回の様子は2012年4月9日のブログをご覧ください。)

クンプルさんは私たちの著書のBatikのページ撮影でも大変お世話になった方々。彼らのインドネシアの織物や染め物に対する深い知識と愛情、そして真摯な研究によって集められた膨大なコレクションに、毎回頭が下がる思いで展覧会を拝見させていただいております。

今回は「布に見る伝統と暮らし~ヌサ・トゥンガラの島々より~」と題したイカットの展覧会です。ヌサ・トゥンガラとはバリ島以東に東西に連なる島々のことで、主な島にコモド・ドラゴンで有名なコモド島、スンバ島やフローレス島などがあります。
派手ではありませんが、模様のひとつひとつに意味があり、一枚の布に込められた力強い生命の息吹が感じられるはずです。
本当に眼福のひとときです。是非足をお運びください。

◆会期 10月22日(木)~25日(日)
◆時間 10時~17時
◆会場 三鷹市芸術文化センター 第3展示室(地下一階)
◆Tel 0422-47-9100
◆入場無料

         


毎年恒例となってきたインドネシア・プラナカン御一行様の、恐怖のペナン・マカンツアー。
こんなひたすら食べ続けるツアーをChieさん以外の方としなくてはいけないとは…。

でも毎回皆さんから心尽しのお土産を頂き、とても嬉しいのも事実。
ジャカルタの有名店のクエラピスはもちろん、今回は季節柄、あちらの月餅を持参して頂けました。


ううう、何というキッチュなビジュアル。私のツボにハマりまくっております。




皮は小麦粉を使ったものでソフトで少しモッチリしています。
中の餡はドリアン、チェンパダ、チーズ、チョコレートなど数種類。

かなりお腹いっぱいになる菓子なので、マカンツアー中にはとても手が出せませんでしたが、今日やっと試食。一体、全部食べ切るのはいつのことだろう…。

お友達のオススメはチーズだそう。大好きなチェンパダと共に、最後の愉しみにとっておきます。
  • ABOUT
プラナカンを中心に、シンガポール・マレーシアの話題をお届け。食べ物・旅行の話題が中心です。
  • プロフィール
HN:
Miki & Chie
性別:
女性
自己紹介:
シンガポールとペナンに住んで20数年、プラナカン協会会員です。ライター&コーディネート業務に携わっています。ご依頼・お問い合わせは下記ホームページからお願いいたします。
  • 便利ツール
私たちの本や参考図書をご紹介
  • 最新コメント
[06/21 hermes kelly bags fake]
[06/07 imitation bracelet cartier diamant]
[06/03 faux van cleef bague]
[05/31 replica van cleef clover necklace]
[05/31 montre rolex daytona 1992 replique]
  • ブログ内検索
  • カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
  • 最新トラックバック
  • バーコード
  • カウンター
  • アクセス解析
Copyright © マレー半島モンスーン寄稿 All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]